保証牛乳 (1)保証牛乳 (1)保証牛乳 (2)保証牛乳 (2)保証牛乳 (3)
保証牛乳 (1) (2) (3)

東洋硝子製・市乳180c.c.底面陰刻
昭和30年代初期

大和硝子製・正180ml側面陽刻
昭和30年代中期〜42年頃

山村硝子製・正180cc側面陽刻
昭和42〜43年頃

保証牛乳 (A)保証牛乳 (A)保証牛乳 (B)保証牛乳 (B)保証牛乳 (C)保証牛乳 (C)
保証牛乳(不二家のミルキー広告瓶) (A) (B) (C)

石塚硝子製・市乳180c.c.側面陽刻
昭和30年代初期

製瓶元不明・市乳180c.c.側面陽刻
昭和30年代初期

東洋硝子製・市乳180c.c.底面陰刻
昭和30年代初期

<複雑怪奇なブランドの変遷>

最盛期は関東地方を中心に10拠点(東京/西多摩/横浜/相模/埼玉/千葉/栃木/沼津/名古屋/大阪)を構え、統一ブランド「保証牛乳」の製造販売を手掛けた広域メーカー。いっとき都内では明治・森永に迫る事業規模を誇った。

しかし競争激化の果て、4工場は昭和30年代初期〜中期に閉鎖。明治乳業資本が入っていた3工場は晩年に子会社化(のち全て閉鎖)。60年代に至り千葉保証は倒産(のち興真乳業が吸収)、我が道を行った沼津保証も平成13年に力尽き…最後の砦・大阪保証牛乳は平成22年に店仕舞い、明治系の油脂会社に吸収されその名前を失う。

大阪保証の終焉をもって、東京保証牛乳を原点とする企業体は消滅、およそ100年の歴史に幕を閉じる。戦前来の由緒ある商標だが、復興期・成長期・衰退期に多数のプレイヤーが入り乱れ沿革は複雑だ。以下、拠点別に流転を取り纏めた。

(各仔細は下段に続く)


保証牛乳 (4)保証牛乳 (4)
「味の宅配ビン」販促ちらし(平成6〜10年頃)

画像上:「味の宅配ビン」販促ちらし(平成6〜10年頃)…コーシンが千葉の保証乳業と業務統合した後、姉妹ブランド扱いで「保証」銘を併売した過渡期。
保証牛乳 (4)

石塚硝子製・正200cc側面陽刻
200cc移行後〜昭和50年代

保証牛乳 (D)保証牛乳 (D)保証牛乳 (E)保証牛乳 (E)保証牛乳 (F)保証牛乳 (F)
保証牛乳(色物専用六角瓶) (D) (E) (F)

石塚硝子製・180cc側面陽刻
昭和30年代後期〜40年代初期

山村硝子製・180cc側面陽刻
昭和30年代後期〜40年代初期

大和硝子製・180cc底面陰刻
昭和30年代後期〜40年代初期

東京保証牛乳(株) (戦前発祥期)
東京府東京市神田区鍛治町1-21太洋ビル (本社)

発足は昭和9年。東京で市乳の処理販売を営むキングミルクプラント四谷軒、熊谷ミルクプラント、岡田本店、島ミルクプラント…計5社が共同出資。競争激化の首都圏市場に存立と覇権を期し、神田区に本社、四谷・板橋・浅草に処理工場、足立区に牧場を擁する陣容で、保証十字マークによる商いを始めた。保証の原点を辿ると、この会社に行き当たる。

東京保証乳業(株)の会社発足広告(昭和9年)
画像上:東京保証乳業(株)の会社発足広告(昭和9年)…「日本で最初の完全無欠な牛乳」「最古の信用と最近の設備とを有する五つの生粋の専門業者が私利を捨てて合同結成した賜でございます」と高らかに宣言。
■四谷工場(四谷区麹町12-8)…旧・四谷軒 ■板橋工場(板橋区板橋町4-1173)…旧・キングミルクプラント
■特別牛乳工場(浅草区地万今戸町83)および同牧場(足立区本木町3-2640)…旧・島ミルクプラント

◆品質保証の「保証牛乳」

5社団結の背景には、設立の前年に全面改正された内務省の牛乳営業取締規則があった。これにより生乳の殺菌処理法が細かく定められ、規定に対応可能な近代的設備が必須となる。しかし莫大な追加投資を単体では賄えず、施行猶予を挟んだ昭和9〜11年頃は、全国各地に中小業者・牧場の合併が相次いだ。

東京は昭和2年に同様規制の先行適用を受け、工場の近代化や零細業者の淘汰も一巡。すでに改革の洗礼を浴びていたが、企業規模拡大のトレンドは一層強まっていく。

戦前の東京保証牛乳の会社案内「よい牛乳の栞」より(昭和10〜15年頃?)戦前の東京保証牛乳の会社案内「よい牛乳の栞」より(昭和10〜15年頃?)
画像上:戦前の東京保証牛乳の会社案内「よい牛乳の栞」より(昭和10〜15年頃?)…豊島区郷土資料館 [ミルク色の残像・東京の牧場展] 図録(平成2年刊)掲載。配送用のトラックと、受け箱から牛乳を取る子供のイメージ写真。

「保証」の字句をブランド名に据えた理由は、規則改正の目的である市乳の品質安定と向上につき政府法令を遵守、衛生的な製品であると保証する、の意味合いが強かったらしい。語源は欧米の種類別名称「certified milk(guaranteed pure milk)」。乳業先進国に倣った衛生法規導入の流れで、当時の日本にも紹介され始めた訳語である。

東京保証牛乳の新聞広告(昭和11年)東京保証牛乳の新聞広告(昭和11年)
東京保証牛乳の新聞広告(昭和11年)東京保証牛乳の新聞広告(昭和13年)
画像上段:東京保証牛乳の新聞広告(いずれも昭和11年)…キャッチフレーズ「よい牛乳」は同社の代名詞。またクリームラインの存在(未均質)、子供の理想的な栄養源、広口瓶の採用の3点を強調・特筆した広告が多い。
画像下段:東京保証牛乳の新聞広告(昭和11年・13年)…後者は往年のマスコットキャラクター。“お子さま方に評判の「ホショー太郎」月刊漫画連載”と、展開媒体は不明ながらPRマンガを作っていたようだ。

◆戦時統制により企業合同・東京乳業へ

当時、都内の牛乳メーカーは数十社に及んだ。東京保証牛乳(株)は上位5社に入る堂々の規模感で、大手の一角を占めていたところ、社会情勢の変化と当局の指導方針(一市一ミルクプラントへの集約)で事態は急転。昭和15年に明治乳業が株式の約7割を引き受け経営参画、地元業者としての主体性は失われた。

同時に東京保証を含む主要業者さんらは「東京牛乳卸売商業組合」を結成。各社商売は国策に揺れ、戦局進行にともない更なる変動を来たす。ついに昭和17年、統制一元化により東京の乳業事業者は全て合併、その名も東京乳業(株)に転換。保証ブランドほか各社の独自銘柄は廃止・途絶の憂き目にあう。


東京保証牛乳(株) (戦後再興期)
東京都板橋区4-1169 (本社・板橋工場)

◆国策会社東京乳業・戦後の分解

戦後、無理強いされていた統制枠が消滅すると、構成各社は自らの再興を期して脱退・独立。昭和23年に森永製菓(森永乳業)が抜け、次いで西多摩郡酪農協(西多摩牛乳)と興真舎(コーシン牛乳)も出て行った。

東京乳業の新聞広告(昭和24年4月)東京乳業の新聞広告(昭和24年9月)東京乳業の生乳出荷要請広告(昭和25年)
画像左2点:東京乳業の新聞広告(昭和24年4月、9月)…公定価格の残る時代。表示は一合(180ml)あたりの値段。
画像右:東京乳業の生乳出荷要請広告(昭和25年)…同社の最晩年、群馬の酪農家に向けた広告。本社は港区芝田町・森永ビル内に間借り。群馬工場は県東部の統制会社・佐波東部酪農(株)が戦後新設、明治乳業が昭和25年に併合した生産拠点。30年代中期?に閉鎖、集乳所へ転換している。

明治乳業は大物が去った後の東京乳業(株)にあり、残余資産を自社へ合併・基盤確立を策す。しかしまだ規模が大き過ぎ、独禁法や集排法に触れる恐れがあった。もう少しメンバーを送り出したい…そこで、統合に呑まれていた一社、小児牛乳(株)の元経営者、往時の市乳業界に勇名を馳せた藤本伊美氏へ再起を促した。

戦前の小兒牛乳の会社案内・工場見学の栞(昭和4年頃)戦前の小兒牛乳の会社案内・工場見学の栞(昭和4年頃)
画像上:戦前の小兒牛乳の会社案内・工場見学の栞(昭和4年頃)…大正9年創業、古くは「牧成社」の名義も併用。処理施設は豊島区長崎南町。のち西武電鉄・花小金井駅前に牧場・特別牛乳工場を擁した。
小兒牛乳(株)の会社広告(昭和11年)小兒牛乳(株)の会社広告(昭和12年)
画像上:小兒牛乳(株)の会社広告(昭和11年、12年)…特別生乳(なまちち)と冠した無殺菌の直送品と、日持ち/消化の良さを謳う均質化・低温殺菌ものをラインナップ。大正期の広告には「九十日間保証」の文言まであった。

◆藤本伊美氏による東京保証の再興

藤本氏は思案のすえ、戦前の東京保証牛乳(株)専務だった足立慶造氏(元キングミルクプラント経営)と手を結ぶ。昭和25年、東京保証が往時に現物出資した東京乳業(株)板橋工場を買い戻し、旧社名そのまま新しい「東京保証牛乳(株)」として再発足。ここに保証ブランドが復活、戦後の道を拓いた。

新・東京保証の誕生で事業規模のバランスが成り、同年に明治乳業は東京乳業(株)を吸収合併。板橋工場は実質的に明治傘下で操業再開していたため、新・東京保証はしばらくの間、明治製品の受託製造も行った。板橋を除く旧・東京保証の各拠点がどうなったかは不明。大半は消滅と見られる。

戦後の新しい東京保証牛乳(株)の新聞広告(昭和26年)
画像上:戦後の新しい東京保証牛乳(株)の新聞広告(昭和26年)…「最高の栄養は最良の牛乳から」。

◆傍系の保証牛乳が現れ大混乱

ところが間もなく後述の横浜保証牛乳(株)保証牛乳(株)として復活。この会社には戦前の東京保証牛乳(株)の別の関係者が参与しており、保証マークを使って盛大に商い始め、都下市場にも流れ込んだ。

商圏は丸かぶり、警察・保健所から牛乳腐敗・異物混入の指摘を受けて赴くと、保証は保証でも別会社、横浜側の製品…家庭宅配の契約においても新・東京保証のつもりが横浜のほうだった…というような混同が度重なる。

◆東京保証は第一牛乳へ

藤本氏は裁判で商標権を争うことも考えた。ただ、もともと東京保証牛乳の商号は再興時に便宜的に取り入れたもので、格別の未練はない。駆け出しの大切な時間を雑事に失えば本末転倒だ。混乱収拾のため新しい「東京保証牛乳(株)」保証牛乳(株)の両社は話し合う。

昭和26年12月、東京保証は商標を譲り、自らは第一牛乳(株)に改称(藤本氏が師と仰ぐ実業家・渋沢栄一氏の「第一銀行」にあやかり、品質・業容とも第一でありたいとの含意)。また、戦前の「小児牛乳」マークも再利用のうえ仕切り直し…の顛末に落着。したがって以降は保証牛乳(株)が保証ブランドを一手に担う展開となった。

第一牛乳(株)の新聞広告(昭和28年)
画像上:第一牛乳(株)の新聞広告(昭和28年)…小児牛乳マークが復活。「名実共に!第一牛乳」「社長藤本伊美が、発育せし米国産ゼルシー種〜特別に濃い牛乳がでます」「都内販売店九十ヶ所」などの記載。

◆第一牛乳から雪印乳業へ

第一牛乳(株)は社名に同じく「第一牛乳」を商いの中核に据えて営業に邁進。明治・森永の二大勢力を間近に追うポジションに付き、着実な成長を遂げていく。そんな折、市乳部門の東京進出を決した雪印乳業の社長・佐藤貢氏、前社長の黒沢酉蔵氏ご両名から直々の協力要請が舞い込んだ。

東京保証牛乳から第一牛乳への改称告知広告(昭和26年)第一牛乳から雪印牛乳への改称告知広告(昭和28年)
画像上:東京保証から第一牛乳への改称広告(昭和26年)と、第一から雪印牛乳への改称広告(昭和28年)

昭和28年、藤本氏は雪印との資本・業務提携に合意。合弁会社の雪印牛乳(株)を設立し同社製品の受託工場へ転換。34年に完全買収され、雪印乳業(株)板橋工場となるが、立地・流通・設備の兼ね合いで、39年には閉鎖されてしまった。


保証牛乳(株) 横浜工場
神奈川県横浜市神奈川区松本町35
東京工場
東京都北区滝野川7-50

昭和14年、横浜保証牛乳(株)として設立。戦前の東京保証牛乳(株)の傍系・関連会社で、社長も東京に同じく佐々倉伝一氏(もと四谷軒)が務めた。

戦後は佐々倉氏と伊藤与一氏が経営にあたり、25年、横浜保証を母体に保証牛乳(株)の名前で復活。精力的な事業展開で躍進、保証ブランド復興の鍵を握った会社だ。

昭和45年頃に京浜明治牛乳(株)横浜工場へ改称、この際に保証銘を廃止。60年代に工場は閉鎖。

昭和26年、保証牛乳(株)東京工場として新設。本社機能を左掲の横浜工場から継承した。

ここは東京乳業(株)滝の川工場の跡地、かつての森永乳業・滝野川工場(第2ミルクプラント)。東京乳業は前述の通り戦時の統制会社で、森永が接収を喰らった所だ。建屋は空襲で全焼、土地だけ残っていた。

昭和45年頃に京浜明治牛乳(株)滝野川工場へ改称、この際に保証銘を廃止。47年頃に工場は閉鎖。

関連不詳ながら横浜保証牛乳合資会社(渋谷光賢氏・小林粂吉氏経営)が大正4年〜昭和3年まで本牧町に営業していた。

首都圏2工場体制を確立し、新しい「東京保証牛乳(株)」から保証マークを獲った風雲児。昭和20年代後期〜30年代初期の処理量は明治、森永に次ぐ第三位。とはいえ発足時より明治乳業が出資参画、株式の35%を握っていた。

明治は昭和33年に至り完全買収、保証牛乳(株)東京・横浜両工場は正式に傘下入り。社名は変わらず、「保証」銘で販売を継続。並行して明治の委託加工も請けたか。のち45年頃、保証を全廃し明治に切り替わる。

保証牛乳(株)の新聞広告(昭和28年) 保証牛乳(株)の新聞広告(昭和29年)
画像上:保証牛乳(株)の新聞広告(昭和28年)…工場所在地に東京・横浜・名古屋・大阪・千葉・西多摩の6ヶ所を列挙。

画像右:保証牛乳(株)の新聞広告(昭和29年)…最高の栄養・文化人の主食。工場は名古屋の記載がなくなって5ヶ所。

保証牛乳(株)の年賀広告(昭和32年)
画像上:保証牛乳(株)の年賀広告(昭和32年)…この時点では全国6拠点。本社は東京で、横浜・大阪・千葉・西多摩・栃木は傍系工場扱い。しかし実際は、横浜を除く各工場に地域会社(独立法人)が設立されていた。

西多摩保証牛乳(株) / 福生牛乳(株)
東京都西多摩郡福生町本町36

昭和27年に福生牛乳(株)(福生乳業)として開業、社長は岩本慎氏。発足当初より保証牛乳(株)と業務提携、協力工場の位置付け。会社設立の際、保証側の資本参加もあったはず。同居する格好の西多摩保証牛乳(株)の代表は、伊藤与一氏。古い紙栓には「福生乳業」とか「保証牛乳西多摩工場」の名義が混在している。

福生乳業の操業状況を伝える新聞記事(昭和28年)
画像上:福生乳業の操業状況を伝える新聞記事(昭和28年)…「製品の販売は日本の三大メーカーの一つである保証牛乳とタイアップ」とある。福生新聞(福生デジタル)より、段組みは改変。

自社銘柄(福生牛乳)を積極展開した形跡がなく、経営上はOEM専門を志向したメーカーだったらしい。保証牛乳のほか、近在の農協ブランド(西多摩牛乳)の受託製造も確認。しかし昭和30年代初期に工場は閉鎖・廃業と見られる。

福生乳業の新聞広告(昭和27年)保証牛乳西多摩工場の新聞広告(昭和30年)岩本牛乳店の新聞広告(昭和30年)岩本牛乳店の新聞広告(昭和33年)
画像上:福生乳業(保証牛乳西多摩工場)と岩本牛乳店の新聞広告(左から昭和27年、30年、30年、33年)…確証は得られなかったが、保証牛乳福生販売所(ミルクホール)の岩本牛乳店は、たぶん福生乳業の社長・岩本氏に関係する直営店だろう。31年以降、工場としての広告掲載はない。いずれも上掲の記事と同じ福生新聞(福生デジタル)より。

相模保証牛乳 / 相模市乳(株)
東京都南多摩郡町田町森野1276

昭和20年代中期〜後期の設立、社長は藤見敬譲氏(往時の明治乳業社長)で、明治と保証の2社合資か。昭和30年頃、保証牛乳(株)に合併。保証グループの一員だったことは確か。昭和30年代初期に閉鎖。

埼玉保証ミルクプラント
埼玉県熊谷市熊谷575

昭和29年前後の設立。法人格不詳。事業拡大・東京の需要増に対応すべく保証牛乳(株)が新設。準備段階では東京工場長の小林康治氏が渡米、最新の処理設備を視察したという。昭和30年代後期に閉鎖。


栃木保証牛乳(株)
栃木県栃木市沼和田町792

昭和30年、明治乳業と保証牛乳(株)が折半出資で設立。38年、福島県郡山市に移転し福島保証牛乳(株)と改称、同時期に保証銘の展開を廃止?42年に至っては明治と福島県開拓連が福島明治牛乳(株)を設立、またもや工場が移転、保証系から完全に離脱した。平成11年、この新工場も閉鎖されている。


千葉保証牛乳(株)
千葉県松戸市根本47

昭和28年設立。現在、関東地方で「保証牛乳を飲んだ記憶」がある人の大半は、多分この工場の出荷分を手にしていたはずだ。弊サイトでは便宜上、保証牛乳グループの本拠地と位置付ける。

東京・横浜が明治に傾き、首都圏では保証の伝統を紡ぐ唯一の存在となりつつあったが、昭和37年、中部地方で着々と成長を遂げた三協乳業(サンキョー牛乳)が吸収合併。サンキョーは商号商標をそのまま引き継ぎ、翌38年、松戸市松飛台に新工場を建設。保証乳業(株)に改称のうえ、新たな一歩を踏み出した。

しかし昭和50年代、経営多角化を狙って進出した缶飲料事業(オリジナルブランド「RIO-リオ」自販機の全国展開)が振わず、業績は急激に悪化。昭和60年、ついに一旦は倒産の窮地に陥る。

保証乳業(株)の電話帳広告(昭和44年)

保証乳業(株)の年賀広告(昭和42年)アサヒビールの保証乳業(株)支援決定を報じる [食糧タイムス] 紙(昭和61年)
画像左上:保証乳業(株)の電話帳広告(昭和44年)…パーフ(ェクト)・プロセスは、UHT(超高温瞬間殺菌)のことだろう。

画像下左:保証乳業(株)の年賀広告(昭和42年)…代表の武田与十郎氏は三協乳業(武田牛乳)の社長も兼務。後段の沼津保証・諏訪氏は旧友。千葉保証の元社長・伊藤与一氏は合併時に会長職へ。

画像下中:アサヒビールの保証乳業(株)支援決定を報じる [食糧タイムス] 紙(昭和61年)…この時点では会社更生計画作成中。倒産前の年間売上高は約53億円と出ている。
保証乳業(株)の企業広告(昭和56年)
画像上右:保証乳業(株)の企業広告(昭和56年)…過大投資の原因となった「缶入ドリンク」RIO-リオの宣伝。姉妹品「卵黄レシチン入り・北海道産ミルク」は、RIO展開以前より製造委託で商っていた。(⇒ビタミン入り缶牛乳

◆アサヒビールの再建支援・コーシン乳業への合併

救いの手は意外なところから現れた。チルド輸送に関するノウハウ吸収・食品部門の拡充を目論み、翌年にアサヒビールが支援を決定。管財人の会社更生計画が承認され、昭和63年に保証乳業(株)は再スタートを切る。

その後、丸抱えは困難と判断したか、アサヒは運営の一線から退き、保証乳業は平成6年に近在の興真乳業(コーシン牛乳)と業務統合。上掲(4)番瓶となりの宅配チラシは丁度その頃合いだ。同10年、コーシンが吸収合併し、翌年に関東地方から保証ブランドは消え去った。かつての事業主体・三協乳業も平成12年、売上低迷で解散している。

余談ながら当乳業は昭和47年、本社前の敷地に当時大ブームを巻き起こしていたボーリング場「保証ボウル」を開業。レジャー方面に食指を動かし、傍目にはちょっと危ない橋を渡り始めていた。


沼津保証牛乳(株)
静岡県沼津市鉄砲町232

設立は昭和31年頃。地元で「スメラ印」の練乳・バターを商っていた乳製品メーカー、諏訪乳業(諏訪産業)が母体。「保証」銘と十字ロゴ使用も、他の系列拠点とは少し毛色が異なる。(⇒沼津保証牛乳の紙栓/牛乳キャップ収集家の活動ブログ)

◆諏訪健次郎氏の諏訪産業

創業者の諏訪健次郎氏は静岡田方の生まれ。酪農立身を志し大正13年に上京、興真舎牧場(コーシン牛乳)、新宿中村屋・仙川牧場、伊豆畜産販売購買利用組合・三島牛乳東京販売所(⇒丹那牛乳)など、生産販売の現場を渡り歩き、この間には東京獣医学校(現・日本大学)を卒業して各方面から知識・技術を修得した。

昭和9年に帰郷、豊富な経験を買われて不二家食品(株)沼津工場(沼津市三枚橋)・取締役工場長の要職を得る。昭和16年には自ら練乳製造会社、諏訪産業(株)を興し、戦後も不二家勤務の傍ら地元に八木沢工場、長野県伊那市に伊那工場を構えたが、全国的な供給過剰・練乳相場暴落の煽りを受け、昭和29年末、事業停止に追い込まれてしまった。

◆諏訪乳業と沼津保証牛乳

スメラ存亡の危機に対し、旧知の武田食糧(武田牛乳)社長や、同社に粉乳製造を委託していた和光堂が支援。三社合資の三協乳業(サンキョー牛乳)発足に至って難局を脱するが、仔細については各社の項に譲りたい。

諏訪氏は一連の経過から練乳・バター等の加工品を見限り、消費伸び盛りの飲用牛乳へ鞍替え、沼津にミルクプラントを建て巻き返しを図る。諏訪産業は解散、別会社の諏訪商事(のち諏訪乳業)に移行し、ここに「沼津保証牛乳」が誕生の流れだ。

各種の広告や販促品(後段の下敷き)に、保証グループの一員だと示す記載はない。明治ほか同業他社の資本流入も認められず、系列中では独立性が一番高かった?と思う。どんな経緯で「保証」銘を採用したか、具体的には良く分からない。ともあれ昭和38年、沼津保証牛乳(株)が設立され、商号とブランド名の一致を見た。

保証牛乳牛浜販売所(東京都福生市)の新聞広告(昭和30年)

◆不二家・ペコちゃんとの繋がり

諏訪氏は諏訪乳業と沼津保証牛乳の社長、加えて不二家の常任顧問と、同市内にあった不二家乳業(株)の取締役を兼任されていたようだ。

後者は長を務めた不二家食品の沼津工場で、昭和28年、不二家本社と諏訪産業の共同出資で同乳業に発展したところ。岩手に現役操業中の不二家乳業とは別の直系子会社。戦前〜戦後にかけて洋菓子の乳性原料を製造した。

ペコポコ揃った不二家ミルキー広告入り(A)〜(C)番瓶は、経営上の繋がりで実現した、沼津保証オリジナルの瓶だろう。昭和50〜60年代には高梨牛乳販売(タカナシ乳業)の取り扱いで、首都圏スーパー向けに「ペコチャン牛乳」(1リットル・紙パック)というアイテムも出していた。

画像左:保証牛乳牛浜販売所(東京都福生市)の新聞広告(昭和30年)…ペコちゃん出演のミニ広告。東京福生の系列工場については、上段の福生乳業を参照。沼津保証の縁で許可を得たのか、仔細不明。

◆晩年の多角化・市乳撤退、廃業

沼津保証は昭和50年代末、清涼飲料水やカップデザート類の製販に着手。食品機器業者さんの納入実績によると、昭和57年「ウーロン茶、鳩麦茶、ホット充填機とそのライン」、同59年「デザート用ロータリーテーブル充填機」を据付けとある。

晩年は消費低迷・不採算部門と化した牛乳類の製造を打ち切り。商い品目の転換努力及ばず平成13年に破産・廃業された。かねてより単体独立の企業運営、どちらにせよ千葉保証の倒産後、保証グループ間の救済は不可能だっただろう。


名古屋保証牛乳(株)
愛知県名古屋市中村区則武町2-10

戦後の設立、時期不詳。昭和32年には実質営業を停止、翌33年、会社は破産・廃業。代表は東京/横浜/大阪/千葉に同じく伊藤与一氏で、保証グループだったことは確か。加えて別名義の法人(「愛知牛乳」名古屋工場)も同居していた。

早期に事業放棄されたため、保証時代の展開は謎。遡ること昭和31年、協同乳業(名糖牛乳)が施設の一部を借り、アイスクリームの製造を開始。34年に全部賃借して、同社の名古屋市乳工場に転換している。

間もなく昭和36年、協乳は自社建設の新工場(西春日井郡・名古屋工場)に業務移管、旧保証工場を引き払う。その後の土地利用状況は良く分からない。なお、協乳の新工場は増改築を経て、平成13年の生産拠点合理化まで存続した。


大阪保証牛乳(株)
大阪府豊中市北2-32

母体は昭和13年に発足の大阪低温牛乳(株)。同18年、戦時の企業合同で明治乳業が資本参加、豊能牛乳処理(株)へ商号変更し統制プラントに転換。戦後しばらくは明治の豊中工場だった。

保証牛乳(株)の年賀広告(昭和41年)

CI 導入後の大阪保証牛乳の新しいロゴマーク(平成7年以降)

昭和27年に保証牛乳(株)に経営権が移り大阪保証牛乳(株)へ改称、保証マークでの売り出しを開始。この際、地元業者の「豊中牛乳」を合併したようだ。

系列が徐々に潰えるなか、浪速っ子の意地で耐え抜いた保証グループ最後の砦。昭和45年頃、東京・横浜が明治の看板を掲げてからも表面上の変化はなかった。しかし恐らくこの時期に株式の大半を明治乳業が得て、保証牛乳(株)は経営主体でなくなったと見られる。

また、平成7年頃にCI導入、ロゴイメージを刷新。グループの旗印・保証十字マークの使用を取り止めた。「保証」のブランド名は最後まで残ったが、色物を中心に明治製品の受託比率も高く、晩年実態は「明治乳業の小会社に近い形」だったらしい。


画像左上:保証牛乳(株)の年賀広告(昭和41年)…東京(+兄弟格の横浜工場)・大阪の3拠点に縮小。ただしこの時点では「福島保証(旧・栃木保証)」 「保証乳業(旧・千葉保証)」 「沼津保証」の各社が健在。明治系列の保証と、その他が支配する保証との間で、経営関係が喪失したと窺える。

画像左下:CI 導入後の大阪保証牛乳の新しいロゴマーク(平成7年以降)

◆市乳事業廃止・マーガリン工場へ

平成22年、明治乳業はマーガリン事業の拡充を目論み、売り上げ頭打ちと設備老朽化に直面していた大阪保証牛乳の市乳事業および処理工場を廃止、油脂工場を新設。大阪保証は明治油脂(株)に吸収合併、保証グループ最後の老兵は消え去った。(⇒明治乳業子会社 明治油脂株式会社 マーガリン新工場建設のお知らせ/明治HD公式サイト)


<各社横断的に使われていた牛乳瓶>

昭和40年前後の配布と思しき保証牛乳のオマケ下敷きは、「東京(横浜)・千葉・大阪」の4拠点を連名で紹介、製品ラインナップを共有。往時はグリコ協同乳業に同じく、グループ各社の瓶が一緒だったと確認できる。

保証牛乳の販促用下敷き(昭和40年前後)
画像上:保証牛乳の販促用下敷き(昭和40年前後)…kazagasira氏提供。丸瓶、四角瓶、八角瓶を使い分ける多彩なラインナップ。本稿の掲載瓶と似ているが、時代が少し違うようで、同一デザインの物はない。動物イラストの四角瓶は、多少の標示変更を経て、近年まで大阪保証牛乳が使用していた。

本項上掲(1)番瓶は昭和30年代初期、10拠点揃い踏みの頃。(2)〜(3)番の時期には既に半減(東京/横浜/千葉/沼津/大阪)。東京・横浜が保証グループを離脱した45年前後で残り3工場。同60年、千葉保証が倒産しグループ崩壊。その後、千葉は興真乳業へ合併、沼津は力尽き、最後の現役・大阪保証も平成期には旧商標を取り下げていた。

ビンは皆ずっと同じだったのか。大阪側200cc瓶(有幻会社ぽんげ乳業)と、千葉側200cc瓶(牛乳キャップとは)が参考になる。前者は(4)番瓶であり、これは関東にも出回っていて、少なくとも180ccからの増量直後までは東西共通だった。しかし後者は「味の宅配ビン」チラシに見える「保証・特濃4.5牛乳」一合瓶に似た別物だ。

たぶん東京・横浜が離脱した昭和45年以降、200cc移行期を跨ぎなお統一デザインであったものが、昭和60年、千葉側の倒産を契機に断絶の可能性が高い。いっぽう沼津の展開状況は手掛かりを得られなかった。

◆正ちゃんと愉快な動物仲間たち

(1)(2)番瓶の可愛らしい三角巾の坊や、キャラクター名は「正ちゃん」という(⇒正ちゃんパック・大阪保証の古い自販機)。骨董屋さんで時折見掛ける牛乳コップで有名?保証十字マークを含め、継承企業がなくなったのは寂しい限りだ。

保証牛乳(株)の新聞広告(昭和29年5月)保証牛乳(株)の新聞広告(昭和29年6月)保証牛乳(株)の新聞広告(昭和29年7月)
画像上:保証牛乳(株)の新聞広告(昭和29年5月、6月、7月)…5月にマスコット図案の募集を行うも、6月の発表広告では入賞(採用)無し・佳作に賞金のみ贈呈。のち7月の広告に別途製作したらしい「正ちゃん」が現れる。

「正ちゃん」のお目見えは昭和29年のことだったらしい。戦後の保証ブランドを牽引した保証牛乳(株)が、当初は「よい牛乳に因むマスコット」を一般公募するも、入選なしの結果に。のち、たぶん広告代理店かデザイン会社へ別途外注のすえ誕生した。戦前の「ホショー太郎」に出番は戻ってこなかったわけである。

(D)〜(F)番瓶はコーヒー/フルーツ等の色物専用。タヌキ・象・カンガルー、キリン、犬ほか複数の動物イラストがあった。掲載分はそれぞれロゴタイプ・フォーマットに微妙な相違点を持ち、いつ頃・どの工場で使われたか、正確には分からない。


<各地で商われたグループ外の「保証」銘>

小樽保証牛乳(株)
北海道札幌市北一条西10-1
喜茂別ミルクプラント(三瓶久一)
北海道虻田郡喜茂別町末広町303
湘南保証牛乳
神奈川県高座郡寒川町宮山3844
昭和11年設立。昭和44年北海道保証牛乳(株)に改称。現在は森永と業務提携。(⇒北海道保証の公式サイト
創業年など沿革不明。昔の紙栓に「保証牛乳」銘を確認。昭和40年代初期廃業。(⇒喜茂別ミルクプラントの紙栓
設立は戦後?昭和35年、協同乳業(名糖乳業)が買収、同38年工場閉鎖。(⇒湘南保証牛乳の牛乳瓶

戦前〜戦後の一時期、「保証牛乳」命名は一種の流行りで、本項グループに限らず、その字句を用いる業者が全国に散在していた。そんな“保証ブーム”に乗った北海道(小樽)保証牛乳さんが、業界誌に往時の様子を綴っている。

昭和11年は低温殺菌法のルールが整備され、全国各地の牧場が共同処理場を持ち始めた頃だそうで、その際、多くの企業が品質保証という意味から社名に「保証」の2文字をつけたそうです。ピーク時には「保証」がつく企業は40社ほどあったそうですが、現在(平成19年当時)は北海道保証牛乳(株)と、明治乳業(株)系列の大阪保証牛乳(株)さんの2社のみとのことです。

― 参考情報 ―
さらば保証乳業 / 保証乳業の意外なつながり (牛乳キャップとは) / 大阪保証の紙栓 (ほどほどCollection)
東京工場の紙栓 / 保証乳業の紙栓 / 大阪保証の紙栓(1) (2) (3) (4) (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)
東京工場の紙栓 / 横浜工場の紙栓 (もぐら) / 墨田区の小野塚牛乳店 (牛乳トラベラー)

このページの一番上に戻る


■東京保証牛乳
設立> 昭和9年、東京保証牛乳(株)として ※府下5事業者による合資
昭13> 東京保証牛乳(株)板橋工場/東京府東京市板橋区板橋町4-1-117
          同・四谷工場/東京府東京市四谷区麹町12-8
昭14> 東京保證牛乳(株)・佐々倉傳一/東京府東京市神田区鍛治町1-2
昭17> 戦時の統制一元化で東京乳業(株)に併合される
昭25> 東京乳業・板橋工場が新しい東京保証牛乳(株)として再興・独立
          東京乳業は明治乳業が吸収合併し消滅
昭26> 東京保証牛乳(株)は第一牛乳(株)へ改称
昭28> 第一牛乳(株)/東京都板橋区板橋町4-1169
          同年、第一牛乳は雪印乳業と提携、雪印牛乳(株)を新規設立(改称?)
昭30> 「第一牛乳(株)・藤本伊美」「雪印牛乳(株)・松本錬蔵」/同上
昭31> 雪印乳業(株)板橋工場・松本錬蔵/同上
昭34> 雪印牛乳(株)は雪印乳業に完全買収される
昭34〜36> 雪印乳業(株)板橋工場/同上
独自銘柄廃止> 「東京保証」銘は昭和27年に廃止 ※保証牛乳(株)へブランド委譲
工場閉鎖> 板橋工場は昭和39年に閉鎖
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

■保証牛乳(東京工場)
設立> 昭和26年、保証牛乳(株)東京工場として
昭28〜31> 保証牛乳(株)滝野川工場・伊藤与一/東京都北区滝野川町2128
昭34〜44> 保証牛乳(株)東京工場/東京都北区滝野川7-50-1
昭46> 京浜明治牛乳(株)東京工場/東京都北区滝野川7-50-15 ※乳製品工場としての掲載
工場閉鎖> 昭和47年前後
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

■保証牛乳(横浜工場)
設立> 昭和14年、横浜保証牛乳(株)として
昭16> 横濱保證牛乳(株)・佐々倉傳一/神奈川県横浜市神奈川区松本町35
昭31〜34> 保証牛乳(株)横浜工場・伊藤与一/同上
昭36〜41> 保証牛乳(株)横浜工場/同上
昭42> 同上/神奈川県横浜市神奈川区松本町5-31-1
昭43〜44> 同上/神奈川県横浜市神奈川区松本町5-36-1
昭46〜48> 京浜明治牛乳(株)横浜工場/同上
昭50〜60> 京浜明治乳業(株)/同上 ※乳製品工場としての掲載
工場閉鎖> 昭和61年前後
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

■西多摩保証(福生牛乳)
設立> 昭和27年
昭30> 福生牛乳(株)・岩本光弘/東京都西多摩郡福生町本町36
          西多摩保証牛乳(株)・伊藤与一/同上
昭31> 西多摩保証・加藤修蔵/同上
工場閉鎖> 昭和32年前後
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

■相模保証(相模市乳)
設立> 昭和20年代中期〜後期
昭30〜31> 相模市乳(株)・藤見敬譲/東京都南多摩郡町田町森野1276 ※藤見氏は往時の明治乳業社長
工場閉鎖> 昭和32年前後
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

■埼玉保証
設立> 昭和29年前後
昭31> 埼玉保証ミルクプラント・永井石示/埼玉県熊谷市熊谷575
昭34〜36> 埼玉保証ミルクプラント/同上
工場閉鎖> 昭和37〜38年頃
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

■栃木保証
設立> 昭和30年、明治乳業と保証牛乳(株)の折半出資による
昭31> 栃木保証牛乳(株)・伊藤与一/栃木県栃木市沼和田町792
昭34〜36> 栃木保証牛乳(株)/同上
昭38> 福島保証牛乳(株)へ改称・工場を福島県郡山市へ移転 ※以降数年は名簿掲載なし
昭42> 明治乳業と福島県開拓連の折半出資で福島明治牛乳(株)を設立

昭44〜47> 福島明治牛乳(株)/福島県郡山市喜久田町
昭48〜50> 同上/福島県郡山市喜久田町堀之内字五升蒔17-2
昭51〜平04> 福島明治乳業(株)/同上
工場閉鎖> 平成11年
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

■千葉保証
設立> 昭和28年
昭31〜36> 千葉保証牛乳(株)/千葉県松戸市根本47
昭37> 三協乳業が吸収合併し、保証乳業(株)へ改称
昭38> 工場を松戸市松飛台へ移転

昭39〜平04> 保証乳業(株)/千葉県松戸市松飛台字中原275
平03> 興真乳業と業務提携を結ぶ
平06> 興真乳業と業務統合する
平10> 興真乳業が吸収合併し、保証乳業は解散

独自銘柄廃止> 平成11年
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

■沼津保証
創業> 昭和16年、諏訪産業(株)として ※練乳・バター製造
昭23> 諏訪健次郎/静岡県田方郡西豆村八木澤
             ※同年、系列会社・諏訪商事(株)を別途設立、戦後自社商いの端緒と見られる
昭26> 諏訪産業(株)・諏訪健次郎/静岡県沼津市上鉄砲町223
          同・八木沢工場/静岡県田方郡西豆村八木沢
          同・伊那工場/長野県上伊那郡伊那町伊那
昭28> 諏訪産業(株)・諏訪健次郎/静岡県沼津市上土鉄砲町223
          同・八木沢練乳工場/静岡県田方郡西豆村八木沢305-6
昭30> 諏訪産業は経営難により事業停止・解散、主要事業は諏訪商事が継承
昭31> 諏訪商事は諏訪乳業(株)へ改称、市乳事業に進出

昭34〜36> 沼津保証牛乳/静岡県沼津市鉄砲町232
設立> 昭和38年、沼津保証牛乳(株)として
昭39> 諏訪乳業(株)/静岡県沼津市大岡字二ツ谷町1533-1
昭40〜平04> 沼津保証牛乳(株)/同上
破産・廃業> 平成13年
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

■名古屋保証
設立> 不明ながら戦後
昭28> 名古屋保証牛乳(株)・広部久夫/愛知県名古屋市中村区則武町2-10
昭31> 名古屋保証牛乳(株)・木村惣一/同上
昭31> 協同乳業(名糖牛乳)が工場を賃借してアイスクリームの製造を開始 ※以降数年は名簿掲載なし
昭33> 名古屋保証牛乳は破産・廃業
昭34> 工場施設は協同乳業が全部を賃借、名古屋市乳工場とする

昭36> 協同乳業は枇杷島町の自社新工場に全業務を移管、保証工場から撤退 ※同時に閉鎖と見られる
昭39〜53> 協同乳業(株)名古屋工場/愛知県西春日井郡西枇杷島町下小田井字替地88
昭56〜平04> 同上/愛知県西春日井郡西枇杷島町替地25-6
平13> 協同乳業・名古屋工場は閉鎖
破産・廃業> 昭和33年(工場の閉鎖は同36年?)
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

■大阪保証
設立> 昭和13年、大阪低温牛乳(株)として
昭18> 明治乳業が資本参加、豊能牛乳処理(株)へ改称
昭27> 保証牛乳(株)が経営権を取得、大阪保証牛乳(株)へ改称

昭28> 大阪保証牛乳(株)・桃井貞義/大阪府豊中市岡町北2-32 ※桃井氏はのち明治乳業・愛知工場長
昭31> 大阪保証牛乳(株)・伊藤与一/同上
昭34〜43> 大阪保証牛乳(株)/同上
昭44> 本社・工場を枚方市に移転
昭46〜53> 同上/大阪府枚方市田口980
昭56〜平13> 同上/大阪府枚方市出屋敷西町1-30-1
平22> 市乳事業を廃止・工場閉鎖、明治油脂(株)が吸収合併
電話帳掲載> 同上 ※当時
廃業> 平成22年
公式サイト> http://www.osakahosho.co.jp/ ※閉鎖


処理業者名と所在地は、 [東京市商工名鑑 第7回]・横浜商工会議所 [神奈川県工場名簿 昭和16年度]・日本食糧新聞社 [食糧年鑑 昭和24年版]・[全国工場通覧]・日本乳製品協会 [日本乳業年鑑・第1〜3版]・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。 電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業