雪印牛乳 雪印牛乳
雪印乳業株式会社
東京都新宿区本塩町13(東京本社)
北海道札幌市東区苗穂町六丁目1番1号(札幌本社)

www.snowbrand.co.jp www.meg-snow.com (雪印メグミルク株式会社)

農民の生産物は、農民自らの手で加工販売すべきだ―大正14年、協同主義とデンマーク型農業の実現を目指し、北海道製酪販売組合が発足。バターとチーズで基盤を構築、市乳事業の着手は3大乳業で最も遅い、昭和9年から。大資本と真っ向から渡り合うも、昭和25年の北海道酪農協同(株)時代、集排法適用・会社は二分割の憂き目に。その時、雪印乳業(株)が生まれる。別離のち悲願の再合流、時代に翻弄されながら、ついに業界トップへ。不屈の農民魂は平成の世に集団食中毒・食肉偽装で躓いたが、集散離合を経て今ひと度の復活を果たす。



雪印牛乳 (1)雪印牛乳 (1)雪印牛乳 (2)雪印牛乳 (2)雪印バターのポスター(昭和33年)
雪印牛乳 (1) (2)

山村硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代初期〜43年頃まで

日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代初期〜43年頃まで


雪印アイスクリームのポスター(昭和33年)雪印牛乳 (3)雪印牛乳 (3)雪印牛乳 (4)雪印牛乳 (4)
雪印牛乳 (3) (4)


日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代初期〜中期

日本硝子S32年製・正180cc側面陽刻
昭和30年代初期〜中期

雪印牛乳 (5)雪印牛乳 (5)雪印牛乳 (6)雪印牛乳 (6)雪印乳業の宅配家庭宛て年賀状(昭和30年代初期)
雪印牛乳 (5) (6)

日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代初期〜中期

石塚硝子製・市乳180c.c.底面陰刻
昭和30年代初期


雪印牛乳 (7)雪印牛乳 (7)雪印牛乳 (8)雪印牛乳 (8)雪印牛乳 (9)雪印牛乳 (9)
雪印牛乳 (7) (8) (9)

山村硝子製・正180cc側面陽刻
昭和40年代初期?〜200cc移行まで?

広島硝子工業製・正200cc側面陽刻
200cc移行後〜昭和50年代後期

山村硝子製・正180cc側面陽刻
昭和60年代〜平成5年頃まで

クロバー牛乳のちらし(昭和31年)クロバー牛乳 (1)クロバー牛乳 (1)クロバー牛乳 (2)クロバー牛乳 (2)
クロバー牛乳 (1) (2)

<戦後の集排法により派生>
北海道バター(株) ⇒ クロバー乳業(株)
北海道札幌市北三条西1-2
山村硝子製・市乳180c.c.底面陰刻
昭和30年代初期

山村硝子S32年製
市乳180cc底面陰刻+正180cc側面陽刻
昭和30年代初期

<ロゴマーク・ブランドの変遷>

「雪印」ブランドを決したのは組合の設立直後、大正15年。初めは「簡単な雪型に星を配した意匠」を用い「雪星印・北海道バター」を名乗った。ところが地元メーカーが「星印バター」(⇒星印牛乳)を既に商っており、商標登録不能と判明。

そこでデザイン担当者が、自らの母校・札幌第一中学校(旧制)の校章をモチーフに、北海道を象徴する北斗星を加え、現行の「雪印」マークを作った。札幌第一中は現在の札幌南高校。今も往時と似た雪の結晶・六華を校章に掲げる。

しかしその図案も「金章印バター」なる他社商標と類似し、登録上難があった。すでに乳製品の製造を止めていた所有者から150円で「金章印」を買い取り、ようやく「雪印」は陽の目を見たという。

札幌第一中学校の校章(当時)、金章印の商標、雪印の商標クロバーマーク
画像左から:札幌第一中学校の校章(当時)、金章印の商標、雪印の商標、クロバーマーク(後述)

昭和9年、市乳事業へ乗り出すが、ロゴは「雪印」ながら「酪連牛乳」銘で出荷。この頃の商号は北海道製酪販売組合連合会で、団体呼称を優先したらしい。いわゆる「雪印牛乳」の登場は、昭和14年頃になる。

ともあれ以降、「雪印」が完全定着。変化は(7)番瓶、昭和40年代初期にアルファベット表記「SNOW BRAND」を追加した程度。もともとバターのパッケージに入っていた英字書体を、全製品に統一展開したものか。平成の大騒動は別頁<4>にまとめる。雪印メグミルクの今も、「雪印」の結晶は不動の商標として健在だ。

◆姉妹ブランド・クロバーマーク

「クロバー印(バター)」は、もともと在道の大日本乳製品(株)(のち明治乳業傘下)が使っていた商標。雪印が連合会時代に利用権を得て、主に関西地方へ展開。販売戦略上、昭和14年に「雪印バター」の出荷に一本化、お蔵入りとした。

クロバー乳業・大阪工場見学のしおり/表紙(昭和30年代初期)クロバー乳業・大阪工場見学のしおり「牛乳・ヨーグルトのいろいろ」(昭和30年代初期)
画像上:クロバー乳業・大阪工場見学のしおり「牛乳・ヨーグルトのいろいろ」(昭和30年代初期)

昭和25年、雪印は集排法を喰らって、会社を二分割。そのひとつである北海道バター(株)は「雪印」の権利を失い、ならばと「クロバー印」を復活させる。10年の空白を経てブランド認知は相当低下、当初は営業に苦しんだ。

主力商標封じの救済策も少しあった。発足後一年に限り「雪印」の併用が認められ、当面は全製品に「クロバー印」と「雪印」の両方を表示。併用期間中、北海道バター(株)は市乳事業の着手に至らず、2つのロゴが入った牛乳瓶は存在しない。北海道バター/クロバー乳業の仔細は次頁<2>へ譲る。


このページの一番上に戻る


<瓶の世代と流通時期> (加工乳・色物・ジュース等の専用瓶を除く)

同業他社のCI導入・トレードマーク変更を尻目に、大正期制定の「雪印」を続投。瓶のデザイン改訂も少なめ。日本ミルクコミュニティ誕生まで、大別すると3世代。長期流通の(1)(2)番瓶と、200cc移行後の(8)番瓶は、それぞれ15年近く同じフォーマットを保った。乳業界の王者、堂々たる構えである。

工場見学記念の栞(昭和30年代中期)「牛乳のむ子は頭がよい」見学案内の冊子より(昭和40年代初期)
画像左:工場見学記念の栞(昭和30年代中期)、画像右:「牛乳のむ子は頭がよい」見学案内の冊子より(昭和40年代初期)

(1)(2)番瓶は印刷瓶装の初代か。手持ち在庫に同様デザインかつ「市乳」打刻(昭和20年代後期〜30年初期)の品があり、早期採用は確実。「雪印牛乳」の極太明朝体と雪印マークの造形は、流通時期や製瓶会社によって異なる。(1)〜(5)番も、星のサイズや雪の結晶を表す6本枝の長さ・太さは、全てが微妙に違う。

(3)(4)番はバター/チーズの広告抜き、(1)(2)番と一緒に出回った模様。(4)番「雪印牛乳」表記は明朝体でなく丸ゴシック風、“乳”の略字も独特な一本。各種のブレが収まって形状が安定するのは、昭和40年代中期以降だ。

(5)(6)番は用途不詳。前者「ビタミン牛乳」は草創期の加工乳で、往時の販路・ラインナップ上は白牛乳扱いもあり得る。後者はデザインが「雪印ミネラル牛乳」専用六角瓶に酷似。発売直後のオリジナルかも知れない。

雪印乳業の市乳・ヨーグルト類の製品集合写真(昭和43年)
画像上:雪印乳業の市乳・ヨーグルト類の製品集合写真(昭和43年)…[雪印乳業史 第三巻]より。

(7)番瓶は、表示公正競争規約に対応後の共通瓶。白牛乳瓶装としての流通は極めて短く、一足飛びに(8)番瓶に変わった可能性もある。交代過程は判然としない。

(9)番が「旧・雪印牛乳」最後の雄姿。平成5年の計量法改正を受け、内容量表示を変更(まる正200mlプリント標示)したのち、時代はついに集団食中毒事件を迎える。一連の不祥事に端を発し、雪印グループは大再編。平成15年、市乳部門を日本ミルクコミュニティ(株)に経営統合、赤いブランドカラーの「メグミルク」に生まれ変わった。

「雪印牛乳」は廃止の方向とアナウンスされ、公式サイトの製品案内も全部がメグミルクの赤に染まる。しかし実際は一部エリアで「雪印」銘の販売を続行。また雪印乳業本社が引き続き手掛けたバターやチーズは、そのまま「雪印」で踏ん張った。そして平成23年、雪印メグミルク(株)への大統合に至る。


このページの一番上に戻る



掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれています(利用上のご注意)。



漂流乳業