森永牛乳 森永牛乳
森永乳業株式会社
東京都港区芝5-33-1(本社)
www.morinagamilk.co.jp

ミルクキャラメルの爆発的な売り上げに応じ、森永製菓は原料を自家調達すべく、大正6年に日本練乳(株)を発足。ライバル・明治製菓の市乳事業に刺戟され、昭和4年に東京および東都ミルクプラントを買収、ビン詰め牛乳の販売へ着手。さらに中堅業者を吸収して昭和16年、ついに森永乳業(株)が生まれた。戦時統制を経て再出発は昭和24年。明治と雪印、両巨頭を凌ぐセールスは、昭和30年の砒素ミルク事件で大打撃を被り、王座を失う。ホモちゃん、ウルトラプロセス、フルーツ牛乳。技術革新と大胆なコマーシャル戦術で日本乳業界を揺さぶった、飛翔の天使。



森永牛乳 (1)森永牛乳 (1)森永牛乳 (2)森永牛乳 (2)森永牛乳 (3)森永牛乳 (3)
森永牛乳 (1) (2) (3)

大和硝子製・市乳180c.c.側面陽刻
昭和28〜30年頃

山村硝子S31年製・市乳180c.c.底面陰刻
昭和20年代後期〜30年代初期

石塚硝子製・市乳180c.c.底面陰刻
昭和20年代後期〜30年代初期

森永牛乳 (4)森永牛乳 (4)森永牛乳 (5)森永牛乳 (5)森永乳業の宅配家庭宛て年賀状(昭和32年)
森永牛乳 (4) (5)

山村硝子S32年製
市乳180cc底面陰刻+正180cc側面陽刻
昭和30年代初期〜中期

石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代初期〜中期

森永乳業の宅配家庭宛て年賀状(昭和33年)森永牛乳 (6)森永牛乳 (6)森永牛乳 (7)森永牛乳 (7)
森永牛乳 (6) (7)

日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜40年代初期

山村硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜40年代初期

森永牛乳 (8)森永牛乳 (8)森永牛乳 (9)森永牛乳 (9)森永牛乳 (10)森永牛乳 (10)
森永牛乳 (8) (9) (10)

山村硝子製・正180cc側面陽刻
昭和43年頃〜200cc移行まで

石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和43年頃〜200cc移行まで

日本硝子製・200ccのみ側面陽刻
昭和40年代初期

森永牛乳 (11)森永牛乳 (11)森永牛乳 (12)森永牛乳 (12)森永乳業の暑中見舞い広告(昭和47年)
森永牛乳 (11) (12)

石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和40年代中期〜後期

日本硝子製・正200cc側面陽刻
200cc移行後〜昭和40年代後期


森永牛乳 (13)森永牛乳 (13)森永牛乳 (14)森永牛乳 (14)森永牛乳 (15)森永牛乳 (15)
森永牛乳 (13) (14) (15)

日本硝子製・正200cc側面陽刻
昭和40年代後期〜50年代

石塚硝子製・正200cc側面陽刻
昭和40年代後期〜50年代

石塚硝子製・正200cc側面陽刻
昭和50年代〜平成5年頃

<ロゴマーク・ブランドの変遷>

お馴染みエンゼルマークの変遷は、森永ミルクキャラメルの公式サイトに詳しい。天を仰ぐ現在の形になるまでに、大別して6パターンあった。牛乳(印刷)瓶へのプリントは昭和26年採用の六代目、「戦後35年間のマーク」。

天使の由来は森永創業時の主力商品、欧米ではエンゼルフードと称した、マシュマロ。初代・森永太一郎氏が、知人のアメリカ公使夫人に図案を見てもらい、絶賛を得て登用を決定。天使が掴むTMは、森永翁のイニシャルだ。

なお、最初期のエンゼルと良く似たマークを使う、天使綿(脱脂綿)のブランドが九州にあったため、森永製菓が商標を譲り受けたというエピソードも残る。

画像右:エンゼルマーク(六代目)と、後年CI導入後のMシンボル

エンゼルマーク(六代目)CI導入後のMシンボル

可愛いエンゼルはしかし、製菓寄りのポジション。あくまで別会社の森永乳業は、昭和52年頃にCI導入、現行の波形「Mシンボル」を策定、天使を降板させる。いっぽうの長い付き合いが「ホモちゃん」。昭和27年、ビタミン入り森永ホモ牛乳のアイキャッチとして登場。デビュー当時は胴体ビン付き、やや適当な感じに手足を生やす絵が多い。

景品・ホモちゃんの栞(昭和30年代初期)森永ホモ牛乳の広告(昭和20年代後期?)景品・ホモちゃんの紙帽(昭和30年代中期〜後期) 森永ホモ牛乳のパンフレットより(昭和30年代中期〜後期)

森永乳業のパンフレットより(昭和30年代中期〜後期)
画像5点:様々なホモちゃんの描かれた、森永乳業の広告・パンフレット・景品(栞・紙帽子)類。時代経過で徐々にシンプルに。

森永は「ホモ」の呼称を商標登録。ビタミンD強化・1滴の脂肪も無駄にならない牛乳・一日分の日光浴に相当するビタミンD、「太陽のびん詰め」と大いに喧伝、ホモちゃんはそのイメージ戦略の旗手となった(⇒次頁<2>)。ご長寿キャラゆえ太陽や目鼻の形状も様々。製瓶会社違い=原版違いに起因の変化もある。


このページの一番上に戻る


<瓶の世代と流通時期> (加工乳・色物・ジュース等の専用瓶を除く)

ホモちゃんのバリエーションに加え、エンゼルマークの表情や羽の紋様は、無数のマイナーチェンジの塊だ。掲載ビンは明らかに違うものだけ選んで載せたが、(4)〜(7)番あたりは「まあ同じですよね…」の感が強い。

(1)番よりも古い初代の印刷瓶が、下段ショーケース販売の写真にかろうじて見える。「森永牛乳」銘とエンゼルマークを胴部の下側に配し、バター宣伝欄のないビンだ。森永の印刷瓶採用はホモ牛乳発売後の昭和27年頃。瓶には間もなくホモちゃんが入るため流通期間は極めて短く、回収はまず無理だろう。

デパートでのショーケース販売の様子(昭和20年代後期)冷蔵庫内のイメージ写真(昭和30年頃)
画像左:デパートでのショーケース販売の様子(昭和20年代後期)…初代印刷瓶(推定)と、掲載(1)番瓶が混在のようす。
画像右:冷蔵庫内のイメージ写真(昭和30年頃)…ロゴの形状から(2)(3)瓶が並んだ状態か。[森永乳業五十年史]より。

ホモちゃんデビューは(4)(5)番瓶。太陽のギザギザが丸みを帯び鼻は大きく、現行ロゴとは少し印象が違う。前者は瓶底に市乳180cc、側面に正180ccの両方を刻印、昭和31年7月の計量法改正過渡期らしい構え。続く(6)(7)番は(4)(5)番と世代交代しながら並行流通。ロゴ描画は安定せず、ブレが大きい。

昭和43年の表示公正競争規約を受け、(8)番共通瓶に切り替わり、ローマ字Morinagaロゴが初登場。以降マークの不揃いも解消した。この瓶は200cc移行後、コーヒー・フルーツ等の色物専用に転換、昭和50年代まで存続する。

森永乳業の製品集合写真(昭和40年)新宿駅構内の森永牛乳スタンド(昭和39年頃)
画像左:森永乳業の製品集合写真(昭和40年)…まず大瓶が(8)番デザインに移行。ヨーグルトの色がとってもケミカル。
画像右:新宿駅構内の森永牛乳スタンド(昭和39年頃)…背広姿の2人組が手にしているのは四角瓶(A牛乳)。

(9)(11)(14)番の3本は例外。デザインは基本を踏襲しつつ刷り色(赤/青)が異なる。(11)番は沖縄対応品。本土の200cc移行後も一合瓶が主流だった当地事情に即す。(14)番は白物・色物すべて200cc商いの地方流通品か(⇒参考:宮城・ウルトラ牛乳)。または明治牛乳200cc青瓶と同様、学校給食向けの可能性がある。

(10)番瓶も珍しいタイプ。一般に白牛乳の標準容量が200ccになるのは昭和45年以降、学校給食牛乳の増量政策が契機。この瓶は「要冷蔵」未標示、昭和43年以前の流通と見込まれ、一部エリアで早期に200cc販売した名残りか?類例は宮崎・南日本酪農協同(デーリィ牛乳)にも確認できる。

現行のビン製品は、プラ栓+シュリンク包装+無地の軽量新瓶(180cc)。平成16年頃、関西から変更が始まり、関東は平成17年に導入、200cc瓶装を廃止。都下の一部学校でビン牛乳の供給が絶える騒ぎも起きた(⇒別頁<4>)。旧来の印刷瓶は消滅、ホモちゃんの笑顔は今、主に牛乳プリンのマスコットに活用されている。


このページの一番上に戻る



掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれています(利用上のご注意)。



漂流乳業