牛乳瓶の全体形状/開口部形状の種類と変遷について

<牛乳瓶の登場>

ブリキ缶から柄杓で汲んで量り売り…を不衛生として政府が禁じ、牛乳の容器にガラス瓶が使われ始めたのは、明治中期のこと。以来、昭和初期まで、細身細口の瓶に王冠やコルク、硝子/機械栓で蓋をする瓶装牛乳が各地の牧場で商われた。

今やソフトドリンク並みの扱いだが、牛乳の普及当初は病人向けの薬餌・小児向け滋養飲料の側面が強く、庶民にはちょっと高級な嗜好品。小売容量は大正期まで五合(90cc)瓶が主流。一合(180cc)瓶の定番化は、昭和に入ってから。

弊サイトに載せたような、一般に馴染みのある広口(ドイツ型中口)一合瓶の普及は、昭和10〜15年頃。エンボス・浮き彫りでない銘柄印刷瓶は、昭和20年代末期のデビューだった。

日本硝子の業者向け製品案内 「壜印刷(ACL)」 の頁(昭和30年代初期)日本硝子の業者向け製品案内 「壜印刷(ACL)」 の頁(昭和30年代初期)
画像上:日本硝子の業者向け製品案内「壜印刷(ACL)」の頁(昭和30年代初期)
セールストークは「壜印刷(ACL)は最近需要が激増して参りました」「美しくて永久に消えない絶好の宣伝用」「我が国で最初にこれを試み、技術的に最も優れ、信頼の出来る製品」といった具合。ACLはApplied Ceramic Labelの略、セラミックカラー・インクによるシルクスクリーン印刷のこと。

<牛乳瓶の形状・口径の変遷概要>

各種の標示ルール策定と同様に、かつて奔放に作られていた牛乳瓶の形状にも法的な拘束が生まれ、おおむね昭和31〜32年頃には全国的に統一された。

まずは[乳等省令](昭和30年)が、「ガラス瓶は無着色透明、口内径が26ミリ以上」と規定。続く[計量法](同31年)の「特殊容器制度」は、正味量を担保する胴部丸型・180ccの“まる正”ビンを標準化する。(⇒牛乳瓶の内容量/保存温度/銘柄標示の変遷について

[計量法]に応じ業界も動いた。紙器加工大手・尚山堂の提唱で、牛乳キャップの口径は34.1ミリ(瓶の口径を34ミリ?)とする統一規格を策定。ここにデファクト・スタンダードが確立、現在に至る。(⇒コラム-協会設立の頃/日本乳容器・機器協会)

<開口部・飲み口のフォルム>

標準化されたとはいえ、全ての牛乳瓶が完全に同じ形をしているわけでなく、製瓶会社・製造時期・その用途・封緘形式によって様々なバリエーションがあった。

接合部バリ付き
◆接合部バリ付き

昭和30年代極初期までに多い。飲み口に製瓶工程上のバリが派手に残る。30年代中期には形成技術の向上でツルツルとなり、接合部は薄っすら線条に見える程度だ。写真は森永牛乳(1)番瓶。
妙に扁平
◆妙に扁平

昭和20年代末期、印刷瓶登場の間際に存在したタイプ。飲み口の厚みが足らず下唇をホールドする安定感は乏しい。写真は銘柄の印刷/エンボス標示ともに無い、汎用の牛乳瓶。
妙に直線的
◆妙に直線的

昭和30年代中期〜後期、日本硝子や第一硝子の瓶に多く見られる。飲み口に丸みがなくスルッと斜めに伸びる感じで、遠目にもすぐに判る。写真は全国飲用牛乳協会(2)番瓶。
何故か角ばっている
◆ワイヤー巻きつけ用に角ばる

昭和30年代初期、主に関西方面に出回った。オハヨー牛乳毎日牛乳の古い瓶がこの形。紙製フードをワイヤー(細い針金のヒモ)で結束するため、瓶の首に引っ掛かる部分を作ったらしい。
紙栓+アルミキャップ
◆紙栓+アルミキャップ

採用確認は「スーパー雪印牛乳」のみ、同社の特注品か?昭和30年代初期〜中期。飲み口にアルミキャップ巻き込み用の窪みが彫ってある。当時の広告は、紙栓との併用で衛生抜群を謳う。
何故か多段でイボイボ付き
◆多段かつイボイボ付き

昭和30年代初期〜中期、一部大手が採用。上記ワイヤーシール向け瓶装の一種。最初期の森永A牛乳がこのタイプ。途中で普通のビニールフードを被せる運用に変わり、形状特性の意味は薄れた。
大型王冠栓
◆大型王冠栓

外見は牛乳瓶とそっくり。主に各地の清涼飲料水メーカーが用いた。飲み口は王冠打栓仕様のリング状。開口部内径に紙キャップを支える段差はない。現役利用は稀、絶滅寸前か。

ワイヤー巻きつけ、紙栓+アルミキャップ、多段イボイボ、大型王冠栓の実装状況は右の通り。

ワイヤーシールのオハヨー牛乳は、針金ヒモがみっちり首に巻きつき、紙フードを締め上げている。ひらひらした余りがなく、見た目もすっきりだ。

スーパー雪印牛乳は、瓶の頭を燦然と輝くアルミ箔が覆う。アルミ蓋単体は海外で良く見るが、さらに内側に紙栓を仕込む二重封緘は珍しい。

森永A牛乳(エースミルク)は少し分かりにくいが、森永乳業の社史に掲載されていたもの。フードの内側に件の突起と段差を確認できる。

大型王冠栓は、愛知県・大一飲料(株)のジュース瓶。ミルクコーヒー、フルーツミルク、ココア牛乳ほか、乳性飲料を多数ラインナップした清涼飲料水メーカーさん。既に廃業されている。



画像上から、オハヨー牛乳(昭和30年代初期)、スーパー雪印牛乳(昭和30年代初期)、森永A牛乳(昭和30年代中期)、第一飲料の乳飲料(昭和30年代中期)。

オハヨー牛乳(昭和30年代初期)

スーパー雪印牛乳(昭和30年代初期)

森永A牛乳(昭和30年代中期)

第一飲料の乳飲料(昭和30年代中期)

大型王冠栓に関しては、包装材を扱うきた産業さんのお酒王冠・銅版ミュージアム・<飲料>カテゴリに詳しい。「直径42mmの大口径の王冠(牛乳瓶サイズに使った通称「寸四(スンシ)」―1寸4分。ブリキ/アルミ)」。アルミ製には開栓用の取っ手付きもあった。

<全体形状による分類>

◆丸瓶・四角瓶

昭和31年の[計量法]が「標準瓶(“まる正”浮き彫りビン)」として規定したスタンダード。丸瓶(180cc/200cc)が最もポピュラーな形で、大多数の想起する牛乳瓶の基本形と合致するだろう。なお、四角瓶に200cc瓶は存在しない。

◆六角瓶・八角瓶

大手・中小を問わず、多角形の瓶も相当採用されている。六角瓶は昭和30年代初期に登場し、長らく丸瓶に次ぐ人気を博した。40年代中期に各製瓶元が製造を取り止め(強度の問題か?)八角瓶へ移行していく。

希少例ながら、それ以前より既に八角瓶はあって、上記のワイヤーシール装で流通した(初期の名糖クラウン牛乳など)。これら多角形の瓶も全て180cc止まりだ。

なお六角瓶・八角瓶は内径においても六角・八角の形状を保っており、丸瓶の表層を削ったような、いわゆる「面取り」ではない。(⇒関連:岡山・東洋ホモ牛乳/道祖牧場

明治乳業の昭和50〜60年代の乳飲料/加工乳専用瓶雪印乳業の 「つよい子牛乳」 専用瓶

◆大手乳業の自社銘柄専用瓶

大手乳業の特注・自社専用品。日本全国で一社しか使っていないわけで、ある意味珍しい。

代表例は明治の乳飲料/加工乳専用瓶(昭和50〜60年代)、雪印の「つよい子牛乳」専用瓶など。平成期の新顔には、グリコ乳業瓢箪型200cc瓶(IAキャッシュ)があった。

<これからの牛乳瓶>

平成16年頃から本格化した軽量新瓶・プラ栓の採用は止まるところを知らず、大手・中堅はもちろん、ローカル乳業にも浸透し始めている。駅売りのビン牛乳もシュリンク包装の無地(銘柄印刷簡素化)タイプが多くなった。牛乳瓶の世代交代だ。

「牛乳瓶」という単語で想起されるガラスびんの姿は、未だかろうじて昭和期のそれを引きずっているだろうが…記憶側の世代交代も時間の問題だろう。無地の軽量新瓶は機能性抜群も素っ気なく、コレクション対象には物足りないが、致し方ない。



漂流乳業