道祖牧場 (1) 道祖牧場 (2)道祖牧場 (2)
道祖牧場 (1)

中新勝志⇒中新益夫
岡山県井原市西江原町6150
日本硝子製・市乳180c.c底面陰刻
昭和20年代後期〜30年代初期
道祖牧場 (2)

中新勝志⇒中新益夫
岡山県井原市西江原町6150
東洋ガラス製・180cc底面陰刻
昭和40年代初期〜中期

じと目の牛さんが珍妙な雰囲気を漂わせる、往年のローカル銘柄。名付けは町の景勝・道祖渓が由来と思う。平成7年前後に廃業され、ブランドは消滅。経営者の中新(なかにい)益夫氏は、かつて井原市の市会議員さんでもあったようだ。

西江原町における乳牛導入の先駆は盛兼吉太郎氏。明治20年頃、搾乳販売へ着手と伝わる。以降、戦後まで低調に推移。井原市の成立以前、昭和9年時点の後月郡下の牛乳屋は、森牧場(井原町)と高橋牧場(出部村)の2軒だけだった。

◆掲載瓶(再利用びん)について

(2)番は六角瓶と八角瓶、それぞれ複数が手元にある。いずれも東洋牛乳さん(西大寺市)の瓶に同じく新古品の再利用。初期プリントの融着部分が半透明に残っており、光にかざすと「マツモト牛乳」や「マスモト牧場」銘がうっすら見て取れる。

しぶとく残存のオリジナルプリントには、写植文字の「要冷蔵」や「加工乳」の印字を確認でき、古風なデザインながら、流通時期は意外に遅いと分かった。

六角瓶は収容の便や耐久性に劣るため?今は作られていない。現行品は八角瓶のみだ。要冷蔵の標示が浸透してきた昭和43〜44年頃、製瓶メーカーがカタログから外したようで、つまり(2)番瓶は六角瓶の引退間際・最終世代だろうと想像している。

― 関連情報 ―
道祖牧場の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)


創業> 不明ながら戦後?
昭31〜52> 中新勝志/岡山県井原市西江原町6150
昭53〜平04> 中新益夫/同上
電話帳掲載> 同上
廃業> 平成7年前後?
公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業