製瓶会社の固有記号/管理記号の打刻について


<牛乳瓶の製造元を示すサイン>

台所で醤油ビンや七味唐辛子の小瓶を眺めれば一目瞭然、ガラス瓶には側面・底面に何らかの打刻がある。その瓶を作った会社、製瓶年月、管理用の符丁など、表示は様々だ。

牛乳(印刷)瓶の場合、昭和20年代後期から30年代後期は主に底面、昭和40年代初期以降は側面下部(胴部の底近く)に打刻をともなう。底面は彫り込んだ「陰刻」が多い。側面の場合は全て「陽刻」(浮き彫り、エンボス)である。

<製瓶会社固有記号・略号一覧表>

昭和期の牛乳瓶に打刻される製瓶会社固有記号・略号と、変遷を取り纏めた。

(有)石塚硝子製造所
昭和16年設立
石塚硝子(株)
昭和21年改組・改称
昭和28年〜 昭和37年頃〜平成5年頃 「石」 打刻書体の変遷
石塚硝子-1 石塚硝子-2 石塚硝子-3 石塚硝子-4 石塚硝子-5 石塚硝子-6
本社工場
(愛知)
本社工場
(愛知)
?工場
(S37操業)
?工場
(S41操業)
東京工場
(S59操業)
S41以降? S59以降
近年
I IT IH
本社工場
(愛知)
東京工場
(茨城・H21頃閉鎖)
姫路工場
(旧・新日本硝子?)
(有)島田硝子製造所
大正14年設立
新東洋硝子(株)
昭和32年改組・改称
東洋ガラス(株)
昭和42年改称
設立後〜 昭和32〜45年頃近年
島田硝子製造所 東洋ガラス-1 東洋ガラス-2 T1 T2 T3 T4
本社工場
(大阪)
本社工場
(大阪)
川崎工場
(S30操業)
千葉工場
(S46操業)
川崎工場 滋賀工場
(S47操業)
大阪工場
(H14閉鎖)
日本硝子工業(株)
大正5年設立
山村硝子(株)
昭和30年改称
日本山村硝子(株)
平成10年日本硝子と合併・改称
昭和30〜36年頃 近年 ※「YO」は昭和45年頃まで「Y」のみ標示
山村硝子 YOYT YHYS YNYG
本社工場
(大阪府)
大阪工場 東京工場
(S36操業)
播磨工場
(S55操業)
埼玉工場
(S60操業)
西宮工場?
(廃止)
?工場
(廃止)
日本硝子(株)
⇒平成10年山村硝子と合併
徳永硝子(株)
⇒昭和30年日本硝子と合併
第一硝子(株)
昭和30年設立
昭和11年?〜合併まで 昭和初期〜合併まで 設立後〜現在
日本硝子 徳永硝子 第一硝子
工場多数
(別記号で管理)
本社工場
(大阪府)
本社工場
(東京都)
新日本硝子(株)
⇒平成15年石塚硝子と合併
ユニオン硝子工業(株)
平成5年頃廃業?
大和硝子(株)
昭和50年倒産
昭和25年?〜合併まで 昭和40年頃〜廃業まで 昭和30年頃〜廃業まで
SN ユニオン硝子工業 大和硝子
本社工場
(兵庫県)
本社工場
(大阪府)
本社工場
(大阪府)
日本耐酸壜工業(株)
昭和5年創業・同18年設立
広島硝子工業(株)
⇒平成元年山村硝子と合併
昭和18年?〜現在 昭和21年〜35年頃 35年頃〜合併まで
NTNT 広島硝子工業 H
本社工場
(岐阜県)
熊本工場
(福岡工場)
本社工場
(広島県)
本社工場
(広島県)

一覧の11社について現物の打刻を確認。しかしガラス瓶メーカーは(乳業と同じく)業界再編が進行、今は大半が石塚か東洋、日本山村いずれかの手による。

不明・丸にユ K.T

仔細不詳ながら、なお2種類の会社記号が存在。打刻は昭和30年代極初期のビンに限られ、既に廃業の可能性が高い。最新の記号情報は日本ガラスびん協会の工場マップに載っている。

不明 不明

<昭和期の牛乳瓶製造シェア?>

手元在庫のうち、ダントツの一番は石塚硝子製。次いで東洋ガラス、山村硝子、日本硝子の順。日本硝子は昭和40年以前、山村は同年以降に多い。この4社で約7割をカバーする。

残りは広島硝子工業、ユニオンの瓶が拮抗。少し置いて大和、第一が続く。新日本硝子と日本耐酸壜工業は後発組。牛乳瓶への着手が昭和45年より遅いらしく、総量も少ない。

徳永硝子は昭和30年に日本硝子が吸収合併。印刷瓶が市場に普及し始めるのは昭和20年代末期から。同社名義の製造は2〜3年間と短く、残存は稀だ。

日本硝子の会社広告(昭和37年)大和硝子の会社広告(昭和37年)
画像上:日本硝子と大和硝子の会社広告(いずれも昭和37年)…日本硝子の工場は横浜、尼崎、川崎、鶴海、天満の5ヶ所。アルファベット一字を工場別記号に併用(川崎=K)。

<製瓶会社のもろもろ>

徳永硝子は老舗・技術革新のガラス屋さん。日本初のラムネ瓶を作り、三井物産との共同出資で板硝子にも進出、戦後は一升瓶の自動製壜に成功。往時の功績に言及が多い。

変わり種は大和硝子のエピローグ。オイルショックの煽りで昭和50年に倒産、同55年に会社更生法の適用を受け、7,000万円の資金援助を得ると、同社労働組合の主導で「うたごえ喫茶」を始めたらしい…何か凄い展開だが、当時の状況ではベストと判断されたのだろう。

大阪駅前のビルに入居、100平米のフロアーにグランドピアノ、80の客席…6,000万円を投じた再起事業も、平成5年頃、継続困難で閉店した。(⇒大阪第2ビル「ともしび」


<牛乳瓶の管理用記号/符丁の打刻について>

容量関係の打刻は別項(牛乳瓶の内容量/保存温度/銘柄標示の変遷について)に譲って、ここでは他の管理用記号/符丁を取りまとめた。

◆昭和40年代以前(様式統一前)

この頃の管理用記号は各社独自フォーマットで乱れ打ち、意を汲むのが難しい。

瓶底画像左:昭和30年代中期・日本硝子
瓶底画像右:昭和30年代中期・山村硝子

昭和40年代以前(打刻様式統一前)の打刻例・日本硝子 昭和40年代以前(打刻様式統一前)の打刻例・山村硝子

自由表示は会社記号を底面に刻む時期と一致。会社記号の周縁にアルファベットや数字を並べ、製品管理の符丁にした様子をうかがえる。

昭和40年代以降(打刻様式統一後)の打刻例

◆昭和40年代以降(様式統一後)

おおむね昭和40年を境に、それまで一貫性のなかった打刻フォーマットが統一されていく。

製瓶会社の違いによらず、現在の瓶も上掲形式で、胴部底寄りに横一列の刻印を持つ。底面に棒記号を放射状(時計状)に打つ場合もあるが、内容は同じ。以下に例を示す。

5 |||: T2 39
製造年(0〜9) 製造月(下記参照) 工場記号(上掲参照) 金型番号(1〜3桁)

先頭の数字は、0〜9までの10通りで、西暦の下一桁。次は製造月の刻印で、12通り。

| |゜ |: || ||゜ ||: ||| |||゜ |||: |||| ||||゜ ||||:
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

「年(西暦末尾)」は毎年金型を彫り直し。「月」打刻はポンチ(マーキング工具)を使ったドット付与と、2つのドットを連結して縦棒に変えていく手順。毎月更新の作業を軽減する意図だ(数字だと毎月掘り直しになってしまう)。かつて工業規格が定めた方式という。

製瓶会社の固有記号を挟んで最後に現れる数字は金型番号。もちろんメーカー設備次第、最大確認は3桁に及ぶが、良く見るのは1〜2桁だ。

― 謝辞 ―
打刻フォーマットの仔細につきまして、江田様にご教授頂きました。



漂流乳業