牛乳瓶の内容量/保存温度/銘柄標示の変遷について


<標示変遷の概要>

昭和期に流通した牛乳(印刷)瓶の年代は、標示の具合で大体分かる。乳製品は原料や製法はもちろん、容器についても様々なルールが存在し、それらに応じて姿を変えていった。法令施行や改正状況を辿ることで、結果的に時代区分が見えてくる。

主要な関連法は、[乳及び乳製品の成分規格等に関する省令](乳等省令)、[計量法]、[牛乳、加工乳、及び乳飲料の表示に関する公正競争規約](公正競争規約)、[学校給食法]を補完する[学校給食実施基準](標準食品構成表)だ。


<「市乳180cc」の時代>(昭和20年代初期〜33年頃まで)

市販される牛乳を「市乳」と言う。英「city milk(market milk)」の訳語。今も業界では牛乳・乳飲料の製販を「市乳製品/市乳部門」と呼んだりするが、一般に馴染みは薄い。

もともとは種類別・牛乳を指し、昭和25年頃から使われ始め、[乳等省令]が「牛乳」標示を定めた昭和33年までの間、標準的な呼称だった。

瓶底画像:1956年(昭和31年)製・第一硝子 瓶底画像:1956年9月製?・山村硝子

◆「市乳180cc」と西暦の打刻がある瓶

手っ取り早く、確実に流通時期を判別できるタイプだが、あまり多くない。

瓶底画像左:1956年(S31)製・第一硝子
瓶底画像右:1956年9月製?・山村硝子

西暦が打刻されたのは、昭和20年代末期(印刷瓶の登場と同じ頃)〜昭和33年(「市乳」標示を取り止める頃)の数年間に留まる。また、同時代にも西暦を刻まない瓶はあった。製瓶会社(各地の工場)、世代によって状況が違う。

形態は底面への陰刻。西暦4桁を示すものと、西暦下2桁に製造月?を加える2パターンが存在。記述フォーマットには各社統一感がある。

◆「市乳180cc」の打刻がある瓶(西暦打刻のない瓶)

昭和20年代末期〜30年代初期の流通は容易に確定できる。しかし西暦打刻がある瓶に比べると、フォーマットに統一感はなく、各社バラバラだ。

形態も底面陰刻とは限らず、側面(胴部の底寄り)に、陽刻(浮き彫り・エンボス)で「市乳180cc」と刻むケースもあった。

瓶底画像左:昭和30年代初期・徳永硝子
瓶底画像右:昭和30年代初期・石塚硝子

瓶底画像:昭和30年代初期・徳永硝子 瓶底画像:昭和30年代初期・石塚硝子

例示した牛乳瓶底の写真は全て製瓶会社が異なるが、会社ごとに打刻フォーマットが一定であることを意味しない。例えば徳永硝子の「市乳」時代には、瓶底面(西暦打刻あり/なし)版と、側面陽刻バージョンの、計3種を確認している。

瓶底画像:昭和30年代初期・石塚硝子

◆「180cc」の打刻のみがある瓶

「市乳」末期のイレギュラーで、採用は石塚硝子だけ。恐らく昭和33年頃、“まる正瓶”切り替え過渡期に流通したものだろう。

瓶底画像左:昭和30年代初期・石塚硝子


<「(旧)まる正180cc」の時代>(昭和31年〜平成5年頃まで)

「まる正マーク」は、[計量法](昭和31年)の規定。瓶のある高さまで液体商品を満たした時、正味量が確保されるように作られた“特殊容器”を示す。

対象品目(牛乳・ビール・清酒・醤油ほか多数)は、特殊容器製造事業の認可を受けた製瓶会社より瓶を調達し、その容器に詰めて販売しなければならなくなった。

「まる正マーク」は信頼の証し。様々な飲料瓶に刻まれ、ガラスびんの一時代を成している。

画像左:[計量法]制定の「(旧)まる正マーク」
画像右上:まる正180cc側面陽刻の例
画像右下:まる正200cc側面陽刻の例

[計量法]制定の「(旧)まる正マーク」 まる正180cc側面陽刻の例
まる正200cc側面陽刻の例

この際、牛乳の標準瓶は胴部丸型・180ccと決定。戦前来の細口瓶などが一掃された。まるしょう瓶、マルしょう瓶とも書くが、ここでは「まる正瓶」と呼ぶ。

容量の打刻は全て、側面(胴部底寄り)への「まる正180cc」陽刻。前記「市乳」標示の取り止めに至る端境期には、併せて底面に「市乳180cc」を入れた両建ても出回った。

例外は六角瓶や八角瓶、大手乳業の自社専用品(オーダーメイド瓶)。[計量法]の定める「標準瓶」ではないため、「まる正マーク」は未標示。底面または胴部に「180cc」のみ刻んだ。(⇒牛乳瓶の全体形状/開口部形状の種類と変遷について

[計量法]規定外瓶の容量側面標示例

基本的には、それらも「まる正瓶」の流通時期とほぼ合致するため、時代判定には役立つ。

画像左:[計量法]規定外瓶の容量側面標示例

また、ユニオン硝子と大和硝子の2社は、「180cc」でなく「180ml」と打刻することがあった。前者は瓶の容積、後者は中身の体積を表す単位。消費者サイドに立った標示、と言えるかも知れない(後述するが、平成5年の計量法改正で「ml」が基本に変わる)。


<共通瓶・専用瓶への切り替えと「要冷蔵」標示>(昭和43年以降)

標示ルールの変更は、内容量に留まらない。昭和43年の[公正競争規約]で、銘柄の表記方法が大きく変貌した。過去世代が揃っている大手の瓶、明治牛乳森永牛乳、もしくはアサヒ牛乳(栃木県)のデザイン変更を追えば分かり易いと思う。

「専用瓶」の標示例(加工乳の場合)と、「共通瓶」の表示例(牛乳・乳飲料・加工乳など汎用)

かつては普通の白牛乳、コーヒー/フルーツほか乳飲料、栄養強化の加工乳、乳酸菌飲料など全て、「○○牛乳」銘をプリントした同一瓶装で賄う例が多かった。

つまり、牛乳でないものを「牛乳」と称するパッケージで売る状況があった。[公正競争規約]は「共通瓶」と「専用瓶」を策定、種類別の混在を廃し、名実の合致を求める。

画像左:「専用瓶」の標示例(加工乳の場合)
画像右:「共通瓶」の表示例(牛乳・乳飲料・加工乳など汎用)

牛乳類以外を詰める瓶に、「牛乳」「ミルク」「乳」の文字は使えず(施行当時)、大半は社名や商標だけをプリントした「共通瓶」に切り替え。各社のデザインに大幅な変更を生じた。前後して、「要冷蔵」の標示も義務付けられたようすだ。


<標準容量200ccへの移行>(昭和45年以降)

昭和45年、農林省は「学校給食用牛乳補助金」の単位量を200ccに切り上げ。翌46年には「保健体育議会・学校給食分科会」において[標準食品構成表]を提示、学乳の増量を確定した。一合(180cc)から200ccへの転換である。

白牛乳200cc化は業界標準となり、市販の牛乳も次々に切り替わった。また、増量を印象付けるため、「200」の数字を強調・印刷標示する牛乳瓶が増えた。既存の一合瓶は乳飲料・加工乳の瓶装として、そのまま続投の例が多い。

ただし、学校給食用委託乳を手掛けなかった中小メーカーの一部は増量に追随せず、以降も一合詰めで商い続けた。(⇒関連:森永乳業の学乳撤退騒動


<「要冷蔵」に加えて「10℃以下」の併記>(昭和50年代中期以降)

昭和50年代中期〜後期に「10℃以下」標示が義務付けられたようだ。コーヒー・フルーツ等の色物専用瓶には併記されないことがある。牛乳でも、キャップ側に記載する場合が稀にあった。

「要冷蔵」「10℃以下」の併記例

画像右:「要冷蔵」「10℃以下」の併記例


<「(新)まる正180ml/200ml」の時代>(平成5年〜)

平成5年、全面改正[新計量法]の施行にともない、「まる正マーク」のデザインも変わった。従来との大きな違いは2点。「cc」(立方センチメートル/cubic centimetre)改め「ml」(ミリリットル)単位とし、瓶側面の陽刻をやめて印刷標示に切り替えた所だ。

[新計量法]が制定の「(新)まる正マーク」 まる正180ml 印刷標示の例
まる正200ml 印刷標示の例

画像左:[新計量法]が制定の「(新)まる正マーク」
画像右上:まる正180ml 印刷標示の例
画像右下:まる正200ml 印刷標示の例

のち平成13年頃の再改正で、特殊容器である牛乳瓶への「まる正マーク」標示義務そのものがなくなったらしい。現行の印刷瓶は「180ml/200ml」だけのプリントが主流。シュリンク包装の軽量新瓶だと、ビン本体に容量記載がないこともある。

いずれにせよ、牛乳瓶にとっての昭和、が終わったことを象徴するマークだ。漂流乳業に掲載の牛乳瓶は、「(新)まる正マーク」移行前の世代をメインにしている。



漂流乳業