ウルトラ牛乳 (宮城酪農)ウルトラ牛乳 (宮城酪農)

戦後、乳業界のスタンダードとなった超高温瞬間殺菌(UHT)を、昭和32年、日本で初めて採用した先取気鋭の専門農協さん。

草創期より森永乳業と強調体制を敷き、41年、同社と折半出資で宮酪乳業(株)を設立。独自銘柄は間もなく廃止されている。

かつては飲用牛乳の生産・販売で全国メーカーの上位10社に入る規模を誇り、もちろん宮城県下トップクラスの処理量だった。

ウルトラ牛乳

宮城酪農農業協同組合⇒宮酪乳業(株)
宮城県名取市館腰(飯野坂)
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期

◆宮城県酪の発足・生産直売の開始

過去、一帯の酪農は牛乳屋の下請けに甘んじていた。原料過剰の折には買取を拒絶され、自ら加工の術なく廃棄し損を丸かぶり。理不尽たび重なるに及んで酪農家は団結、生産・処理・販売の一貫体制を望む気運が高じていく。

館腰村の指導農場にいた高橋正二氏は、戦後、乳牛部門を作り自主販売の途を探った。昭和23年、農民乳業を実現すべく、同志相募って宮城県酪農農業協同組合の結成を導き、翌年に待望の自家処理・独自販売へ着手する。

宮城県酪農農協の広告(昭和29年)宮城県酪農農協の広告(昭和34年)
画像上:宮城県酪農農協の広告(左から昭和29年、同34年)…古くは白牛乳を(処理別に)2種ラインナップ。斯界最高のクリーム層を謳う「宮城酪農市乳」(ノンホモ)と、最新設備と技術が生んだ新製品「宮城酪農均質牛乳」(ホモジナイズド)。のちに「ウルトラ牛乳」へ一本化した流れだ。

◆東北随一の市場を巡る大乱戦

駆け出しは仙台市民の胃袋に救われた。市域は早川牛乳や仙台牛乳を筆頭に、20社以上ひしめく激戦区。既存業者の妨害も喰うが、運んで行けば即完売。生産が追いつかないほど。

しかし昭和26年、蔵王有畜農協(柴田郡)、大崎酪農協(玉造郡)、栗原酪農協(栗酪牛乳)が、農林融資を得て新規参入。また全酪連(ゼンラク牛乳)は、本吉郡と遠田郡酪農協のプラント経営(津谷/小牛田工場)に乗り出してきた。

さらに昭和30年、明治雪印が仙台に工場を据える。農系団体の競合、地元業者とのバトル、大手進出の波瀾が加わった集乳地盤争い・販売戦は凄まじく、多くの摩擦を生じるなか、宮城県酪は大奮戦、確固たる地歩を築いていく。

◆宮城県酪と森永乳業の提携

昭和25〜26年より、宮城県酪と森永乳業は同盟関係にあって、夏季の原乳不足を森永の福島工場が補填、かつ冬季の厄介な残乳は買い取ってくれた。集乳エリアも宮酪の地盤(宮城・福島)へは不可侵の協定が結ばれている。

この提携支援は、宮酪の初代組合長・半澤善作氏と、森永の大野勇氏(専務〜社長)の親交に端を発す、森永の地方進出戦略の一環。友好政策は代々引き継がれ、後年の宮酪乳業(株)設立、森永系列工場への転換に繋がる。

宮酪乳業(株)の製品集合写真(昭和53年)
画像上:宮酪乳業(株)の製品集合写真(昭和53年)…オリジナルは「蔵王印バター」のみ、他は全て森永ブランド。ビン詰めは白牛乳・フルーツ・コーヒー・加工乳ほか全て200cc、一合瓶装がない。左上の紙パック「酪農牛乳」は、東北の地場スーパー「エンドーチェーン」向けPB。[宮酪30年の歩み]より。

◆日本初のUHT採用・ウルトラ牛乳の誕生

気仙沼、石巻、古川、角田…宮城の主要商圏に宅配・小売店網を巡らし、業容は県下で一、二を争うトップクラスへ。昭和32年、栗駒集約酪農地域の基幹工場として、1億円超を投じた総合工場を落成、「ウルトラ牛乳」の幕開けとなる。

新工場は本邦初の超高温瞬間殺菌(UHT/ウルトラ殺菌)を採用。国内に導入前例がなく、「乳等省令に定めた処理法から逸脱する」と、厚生省が認可を渋る一幕もあったとか。UHT全盛の昨今、想像だにできないエピソードだ。

◆掲載瓶・往年のラインナップについて

設備刷新に合わせて、市乳を「ウルトラ牛乳」銘に統一、ホモ、ビタAD、4%ビタの3種を揃えた。34年、高脂肪・高蛋白の「ウルトラ・クラウン牛乳」を新発売、併せて創業以来のホモ牛乳(十円牛乳)を廃止、ビタADを主力に切り替えたという。

掲載は「ビタミンA,D,添加」標示、昭和30年代中期の流通品で、ビタADの専用瓶装か。この頃の古い紙栓は、和田安郎氏の随筆(「河北新報」連載・第6話)に確認できる。

全国的なUHT乳の浸透は、ウルトラ・プロセスの呼称で盛んに宣伝した森永乳業の大戦果と言うべきだが、始祖は掲載の「ウルトラ牛乳」だ。

◆先進機器導入に至った背景

遡ること昭和28年、組合の技術者・岡田克人氏(参事・工場長)は、半年間アメリカを視察。日本乳業界の加工品(バター・練乳)偏重に疑問を抱き、将来必ず伸びるのは飲用乳であると確信を得て、「牛乳屋」改め「乳工業」を志向する。

ただし牛乳は生モノ、大商いを考えると流通が難しい。原料品質が不安定で、欧米家庭のように冷蔵庫が普及していない状況下、超高温殺菌は最適解だった。組合はイギリスの食品機械メーカーAPV社と提携、館腰工場に最新型を入れる。

従来の低温殺菌に比べ、日持ちは格段に伸びた。積極的な宣伝も奏功し「ウルトラ牛乳」は爆発的に販路を拡大。結果、宮城県下の中小メーカー経営を圧迫、自家処理を諦めた多くが、明治乳業の進出に応じ販売店化の命運を辿った。

◆宮酪乳業・森永系列工場への転換

時は流れ、国の政策は集約合理化に舵を切る。いわゆる不足払法施行を契機に、昭和41年、宮城県酪は森永乳業との折半出資で宮酪乳業(株)を設立。市乳事業を分離のうえ、組合は生乳集荷・営農指導に専念の体制へ。

製販一貫経営を勧めてきた、農林省指導方針の大転換。事業形態については組合内の討議にも紆余曲折あったという。しかし最終的には、十数年間に渡って友好関係を維持した森永と新会社を興し、資本・業務提携するの決断に至った。

◆ウルトラ牛乳の廃止・東北森永乳業へ

組合発祥の「ウルトラ牛乳」は、宮酪乳業(株)発足後も併売、のち昭和50年代初期?に終息。以降の取り扱いは森永ブランド製品のみ。対等の株式を持ち合った会社法人も、平成12年に増資の結果、森永乳業の100%子会社に変わる。

平成19年、同じく森永系列の秋田協同乳業と合併、東北森永乳業(株)に進展。宮酪乳業が法律上の存続会社ながら、商号は引き継がれず、仙台市港湾部の新工場稼動で名取(館腰)工場も閉鎖。ここに一時代を終えた感がある。

東北森永乳業(株)新仙台工場表敬訪問 (東北大学 動物資源化学研究室)
エコアクション21環境活動レポート 平成24年度 (東北森永乳業・仙台工場) ※掲載終了
東北森永乳業株式会社 (MELON会員団体訪問記-No.1)

― 謝辞 ―
宮城県酪さんのUHT導入などに関して、和田安郎様よりご教授頂きました。

― 関連情報 ―
宮酪乳業・仙台工場の紙栓(1) / 同・(2) (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)
同・紙栓 (牛乳キャップとは) / 宮酪ハイデラックス牛乳の紙栓 (牛乳キャップ展示室)
宮城酪農のノベルティーコップ (牛乳グラス☆コレクション)


設立> 昭和23年、宮城県酪農農業協同組合として ※翌24年、市乳事業を開始
昭29> 宮城県酪農農協・半沢善作/宮城県名取郡館腰村飯野坂字山居12-2
昭30> 館腰村は周辺町村と合併し、名取町となる
昭31> 宮城県酪農農協/宮城県名取郡名取町館腰
昭32> 総合新工場を落成
昭33> 名取町は市制施行する

昭34〜40> 同上/宮城県名取市館腰 ※館腰は旧地名・正式には「飯野坂」
昭41> 宮酪乳業(株)を設立、森永乳業と資本・業務提携
昭41〜42> 宮酪乳業(株)/同上
昭43〜46> 宮酪乳業(株)館腰工場/宮城県名取市飯野坂字山居12-2
昭47〜56> 宮酪乳業(株)仙台工場/同上
昭58〜平13> 宮酪乳業(株)/宮城県名取市飯野坂5-1-3
平19> 秋田協同乳業(株)と合併、東北森永乳業(株)を設立
          仙台市に新工場を建設、名取の工場は閉鎖

電話帳掲載> 宮城県酪農農協/宮城県仙台市青葉区錦町1-6-25
                   東北森永乳業(株)宮城県仙台市宮城野区港1-1-9
独自銘柄廃止> 昭和50年代初期?
公式サイト> http://www.miyaraku.co.jp/ ※東北森永乳業設立を受けて閉鎖

処理業者名と所在地は、[宮城県工場名鑑 昭和29年版]・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業