協同牛乳協同牛乳協同牛乳
協同牛乳

秋田協同乳業(株)
秋田県大館市字稲荷中岱180
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代初期〜中期

発足は昭和31年。経営不振に陥って森永乳業傘下に入るまでの約5年間、大館・能代とその周辺に商われたローカル銘柄。「眞空瞬間殺菌」は、プレート式熱交換・UHT(超高温瞬間殺菌)処理を示すもの。何だか必殺技のような響きだ。

◆大館乳業から秋田協乳へ

前史は昭和26年、大館市内にあった3軒の農系ミルクプラントが、事業規模の拡大を狙い共同出資、大館乳業(株)を設立したことに始まる。間もなく秋田県北の個人牛乳店さんらも合流、昭和31年に秋田協同乳業(株)と改称した。

恐らく新規の受け入れや離脱が生じ、株主構成が変化していったのだろう。秋田協乳は大館・能代に市乳工場、鷹ノ巣にパン工場と肉加工場を構える。県行政も産業育成の観点から後押し。将来を有望視された企業体だった。

ところが運営母体の酪農協で、乳牛繁殖が計画通り進まず、原料乳が不足。加工品はもちろん、飲用需要すら満たせない状況に。商品供給は不安定、組合外の生乳を臨時調達するなどコストが嵩み、やがて深刻な赤字に転落した。

◆雪を振り切り森のなかへ

会社設立以来の融資元・農林中央金庫は償還督促も、支払いが滞る。そこで半ば強引に?雪印乳業への事業譲渡・合併話を進め、事業協定書の調印に至るが、秋田協乳は土壇場で白紙撤回。[雪印乳業史 第三巻]にその経過と恨み節が残る。

昭和35年、秋田協乳は経営不振に陥り、8月、農林中金を介して当社に譲渡を申し入れてきたので、検討の結果、これに応える方針を決め、12月、秋田協乳との折衝において、3千3百3十万円で譲り受けることで了解点に達し、事業協定書に双方調印した。しかるに秋田協乳は36年1月にいたり当社との協定を一方的に破棄し、他乳業者との提携に踏み切った。

農林中金の方針に秋田協乳の経営陣は強く反発、対抗策として他乳業者=森永乳業との提携を決した。一方の当事者である[森永乳業五十年史]を確認したところ、

(秋田協乳は)農民の組合資本によって設立された会社であったが、乳業の栄枯盛衰の波に押されて、経営不振に陥っていた。役員は協議の末、一、二の大メーカーに買収方を望んだが進展せず、思案の末 当社への申し入れとなった。

思案のすえ…なんて軽い調子で流しているのが面白い。借金返済を森永が肩代わり、農林中金・雪印との関係は相当に悪化したと思うが、これで決着を見たようだ。

◆東北森永乳業への発展解消

とにかくも昭和36年、秋田協乳は森永の関連会社となって同社製品の請け負いに転じ、「協同」銘を廃止。勢力図は一変、県北は森永・県南は雪印の体制が確立。森永は地元感情に配慮、社名はそのままだった(⇒類例:岡山・東洋乳業)。

平成9〜10年度の乳業施設再編合理化では集約先工場のポジション。秋田森永牛乳(株)ほかの廃止を受けて、生産設備を増強。武藤牛乳の受託製造も始まる。

そして平成19年、同じく森永系列の宮城・宮酪乳業と合併し、東北森永乳業(株)を設立。新会社の秋田工場と位置付けられ、ついに秋田協同乳業の歴史は幕を閉じた。

― 参考情報 ―
子会社の合併による「東北森永乳業株式会社」設立に関するお知らせ (JPubb)
秋田協同乳業と宮酪が合併 12月に「東北森永」設立 (秋田魁新報) ※掲載終了
秋田協同乳業の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)
同・紙栓 (牛乳キャップとは) / 同・紙パック製品 (愛しの牛乳パック)


設立> 昭和26年、大館乳業(株)として
昭31> 秋田協同乳業(株)へ改称
昭31> 秋田協同乳業(株)・畠山耕英/秋田県大館市稲荷中岱18
昭34〜36> 秋田協同乳業(株)/秋田県大館市字稲荷中岱180
昭36> 森永乳業と業務提携、同・関連会社となる
昭39> 秋田協同乳業(株)・浪岡弥一郎/同上
          ※製パン・ハム工場(北秋田郡)、能代工場(能代市富町26)
昭40〜42> 秋田協同乳業(株)/同上
昭43〜53> 同上/秋田県大館市北神明町9-7
昭56〜平13> 同上/秋田県北秋田郡田代町岩瀬字上軽石野38-1
平10> 乳業施設再編合理化により生産ラインを増設
平17> 田代町は大館市に編入される
平19> 宮酪乳業(株)と合併し東北森永乳業(株)を設立、同・秋田工場となる

電話帳掲載> 東北森永乳業(株)秋田工場/秋田県大館市岩瀬字上軽石野38-1
独自銘柄廃止> 「協同牛乳」銘は昭和36年
公式サイト> 秋田協乳としては未確認

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・[食品工業総合名鑑]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成29年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業