全酪/ゼンラク牛乳 全酪/ゼンラク牛乳
全国酪農業協同組合連合会
東京都中央区銀座4-9-2(本所・畜産会館)
www.zenrakuren.or.jp

戦後の混乱と不況、乳業界は占領政策で失った中核酪農組織の再生・リーダーシップを求めた。昭和21年、全国酪農協会の発足に続き、「経済分野を担う中枢機関も必要」の掛け声で、同25年、各地域の組合が出資し「全国酪農販売農協連」を設立。生産者団体として地位向上に臨み、27年には市乳事業(全酪牛乳)に着手。29年「全国酪農協連(全酪連)」と改称。躍進と苦境を経て平成13年、乳業部門をジャパンミルクネット(株)に再編成も、わずか2年後、雪印の挫折を救うべく、メグミルク合流を決する。


全酪牛乳 (1)全酪牛乳 (1)全酪牛乳 (2)全酪牛乳 (2)全酪牛乳 (3)全酪牛乳 (3)
全酪牛乳 (1) (2) (3)

日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代初期

石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜後期

石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和40年代初期

全酪牛乳 (4)全酪牛乳 (4)ゼンラク牛乳 (1)ゼンラク牛乳 (1)ゼンラク牛乳 (2)ゼンラク牛乳 (2)
全酪牛乳 (4) / ゼンラク牛乳 (1) (2)

広島硝子工業製・正180cc側面陽刻
昭和43〜44年頃?

石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和44年頃〜200cc移行まで?

東洋ガラス製・正200cc側面陽刻
200cc移行後〜昭和50年代

<ロゴマーク・ブランドの変遷>

ひょうきんな牛さんの笑顔が愉しい全酪連マークは、昭和34年の制定。40年代後期に漢字表記「全酪」を「ゼンラク/Zenraku」に改めた。(1)番瓶はマスコット不在の初代?印刷瓶。この頃は販売エリアの狭い草創期で、残存は極めて稀だ。

同じ漢字世代の「全酪牛乳」(2)番瓶が、シンボルマーク初登場らしき構え。周縁の球状を含め、後継瓶装のそれと牛さんの描き方に明らかな違いを見て取れる。中間世代を経た(4)番は、表示公正規約に応じたデザイン変更直後のもの。全体的に間延びした感じのフォントが、後の肉太ロゴを見慣れた目には少々頼りない。

全酪牛乳/バターのテレビコマーシャル(昭和47年)全酪牛乳/バターのテレビコマーシャル(昭和47年)全酪牛乳/バターのテレビコマーシャル(昭和47年)
画像上:全酪牛乳/バターのテレビコマーシャル(昭和47年)
若き日の五代目・三遊亭圓楽が出演。「落語は円楽、牛乳は全酪。星の王子は円楽で、全酪は牛乳の王子様。どちらも奥さんにもてるもてる。円楽は全酪を呑む、牛乳は全酪だよ」。手に持つは全酪牛乳(4)番瓶。先代圓楽の全酪牛乳のCM(YouTube)より。

カタカナ世代の幕開け・ゼンラク(1)番瓶は、コーヒー・フルーツなど色物専用の一合瓶、なおかつ200cc移行前の白牛乳瓶装か。更改タイミングは不詳。ゼンラク(2)番瓶は要冷蔵に「10℃以下」を併記しつつ、昭和60年代まで?存続。のち「ゼンラク」銘での商いは縮小・廃止へ至ったと思うが、一部販路に旧称残存/復活の可能性はありそうだ。


このページの一番上へ戻る


<ゼンラクの事件簿>

◆砒素ミルク事件の徳島工場を代行操業

昭和30年、森永乳業・徳島工場の砒素ミルク事件が発生。工場の操業停止を受け、周辺農家は生乳の出荷先を失う。農林省は地元救済のため、徳島工場を第三者に委託管理させると決定し、全酪連が担当した。当時の県下は明治・森永・ネッスルが工場を置く激戦区。地理的に無縁かつ、資本家でない農民の互助団体であることが選定の理由だった。

その代行管理の最中、「某メーカーの代表」が臨時工場長(ゼンラク)を訪問。「東京の全酪連本会も了解済み」と言いくるめ、森永の集乳地盤の横取りを画策した。全酪連会長は報告を受け、「某メーカーの代表」を呼び出し一喝、奪取は未遂に終わる。一体どの会社の仕業か、[全酪連二十五年史]は紳士的に「某メーカー」と伏せている。

そこで当事者たる[森永乳業五十年史]を読むと、同じ事件に触れ、ずばり実名を晒していた。明治乳業であった。森永の窮状を見兼ねた全酪連は、「国の命令で我が管理下にある原乳を、火事場泥棒するような行為」だと県当局にも通知。徳島工場は3ヵ月後、森永に返還された。維持・管理に何の問題もなく、非常に感謝されたという。

◆傘下2工場の牛乳“水増し”事件

全酪連史上最大の不祥事。平成5年より断続的に、新潟・長岡工場(および宮城工場)が、水で押し流した製造ライン残存乳へ脱脂粉乳や生クリームを混和、「成分無調整牛乳」として出荷していた事件。

日本生活協同組合連合会の立ち入り調査で同8年に発覚、工場の営業停止と理事会長らの引責辞任へ繋がる社会問題に発展した。往時の主婦連による「10円牛乳」運動への寄与など、消費者団体との因縁浅からぬところだけに、バツの悪さは格別だっただろう。

画像右:北福岡工場の市乳製品(昭和50年頃)

北福岡工場の市乳製品(昭和50年頃)

もともと市乳部門の不採算・継続の是非さえ論じられる状況下、事件は営業に大ダメージを与える。組織再編や新規合弁会社の発足で立て直しを図るが、ゼンラク牛乳はその後、数年間に渡る苦渋の赤字経営を続けた。


このページの一番上へ戻る


<全酪連とミルクネットとメグミルク>

◆全酪連設立前夜のエピソード

創立検討の段階では、森永乳業系列の酪農協代表が中核を担った。全酪連を通じ、森永の集乳ルートを全国的に確立するチャンスだ。しかし特定メーカーの傘下にない組合も多い。「資本(乳業)の横暴には、全国組織で団結・対抗すべき」の考えが大勢を占め、目論見は潰えた。とはいえ森永と全酪の関係は、おおむね良好であると会史は記す。

◆全酪連に身を委ねた酪農組合

全酪連の市乳事業参入は昭和27年、宮城県・本吉郡酪農協のミルクプラント受託経営に始まる(⇒津谷工場)。翌年に岩手県・二戸郡酪農協(⇒北福岡工場)、宮城県・遠田郡酪農協(⇒小牛田工場)の各生産拠点を得て、全酪牛乳は東北地方へ浸透。主に昭和30〜40年代、さらに規模を拡張していった。主な提携/買収先は以下の通り。

東京工場の市乳パック製品(昭和50年頃)

西宇和酪農農協(愛媛県八幡浜市)⇒西宇和処理場
魚沼酪農協連合会(新潟県北魚沼郡)⇒堀之内工場
共栄酪農農協(茨城県北相馬郡守谷町)⇒集乳所に転換
越路酪農協(新潟県長岡市)⇒長岡工場
結城酪農協(茨城県結城市)⇒結城工場
岩岡酪農組合(兵庫県神戸市)⇒神戸工場
胆沢牛乳商業協同組合(岩手県水沢市)⇒水沢工場
新川酪農協(富山県魚津市)⇒魚津分工場


画像左:東京工場の市乳パック製品(昭和50年頃)

そのほか、加盟団体に対する技術供与・運営支援の形で、全酪連は多くの市乳処理工場立ち上げに関わる。資本参加を受け、牛さんマークを掲げる農協系プラントもあった。(⇒広島・ニコニコ牛乳/鹿児島・川酪ニコニコ牛乳

◆ジャパンミルクネットから日本ミルクコミュニティへ

水増し露見の平成8年、全酪連は直営2工場を独立会社(ジャパンミルク東北/北日本)とし、さらに都市圏の4工場(東京/東京デザート/狭山チーズ/神戸)を束ねるジャパンミルクネット(株)を設立、製造部門の再構築に乗り出す。

平成11年、北福岡工場は地元農協との合資で奥中山高原農協乳業に転換。ジャパンミルク北日本(株)(旧・長岡工場/全酪北日本乳業)は収支改善せず、同12年に解散。次いで13年、乳業事業の残余大半をジャパンミルクネット傘下に集約し、イメージ刷新を狙った新商品「酪農家シリーズ」を策定、ゼンラク再建の目処が立つ。

一連の改編・合理化で、見事に黒字を実現と伝えられたが…雪印乳業の集団食中毒事件を契機に業界全体の再編が巻き起こり、平成15年、日本ミルクコミュニティ(株)(メグミルク)に事業統合の運びへ。

過去、全酪連の公式サイト・全酪連のあゆみは、それについて「新しい形で乳業事業の展開を始める」と絶妙に表現。

その2年前から既に“新しい形で乳業事業の展開”を自らやっていたわけで、表には出せぬ複雑な想いもあった?だろう。


画像右:東京工場の乳製品(昭和50年頃)

東京工場の乳製品(昭和50年頃)

なお、ジャパンミルク東北(株)(旧・宮城工場)は平成14年の段階で、雪印の資本参加を容れみちのくミルクに衣替え。神戸工場はメグミルク移管せず、同15年に閉鎖。同じく移管しなかった狭山チーズ工場は同18年、全酪連の直営に復帰した。ジャパンミルクネット(株)は全ての役割を終え、平成20年に解散となっている。

◆未来予測はいつも難しい

この項で度々取り上げた会史[全酪連二十五年史](昭和50年・同会刊)の最終章は、「昭和75年の酪農予測・25年後の本会を展望する」長期計画案が締め括り。大量のページを割いているわけでなく、レジュメに近いものだが…。

そこにはもちろん、水増し事件も雪印の転落も予期されていない。ジャパンミルクネットも日本ミルクコミュニティも出てこない。そんな前提を立てられるはずもなく、当たり前の話だ。常套句「あってはならないこと」が、いかに多く乳業界で起きてしまったか…昭和75年(=平成12年)を見越した記事には深い哀愁が漂う。


このページの一番上へ戻る


掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれています(利用上のご注意)。



漂流乳業