鶴岡市営牛乳鶴岡市営牛乳

原点は地元の牛乳商組合、戦後は鶴岡市国民健保を経て、市当局が事業継承。昭和23年、本邦初の市営牛乳が発足した。

食糧事情の改善を期し、良質安価な牛乳供給で市民の支持を得たが、大手乳業の進出には対抗できず、昭和37年に廃止。

掲載瓶は末期流通の一本。正面に鶴岡の旧市章(翼を広げた鶴と出羽三山のシルエット)を大きくあしらっている。

鶴岡市営牛乳

鶴岡市営牛乳処理場
山形県鶴岡市八坂町天王前1-1
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期

◆鶴岡の牛乳屋さん黎明期

古くは中台伝氏、鹿野兼次氏(⇒鹿野牛乳)ら旧士族が、馬場町にあった旧藩時代の馬小屋を改造し、畜牛・搾乳を手掛けたと伝わる。いわゆる普通の牛乳屋さんが成立するのは明治14年頃、この中台氏の商い始めが嚆矢のようだ。

明治中期以降、複数の搾乳業者さんが現れるが、多くは末期に挫折、消長激しく流転は辿りにくい。昭和まで名前が残ったのは三井弥惣右衛門氏(三井牛舎)の系譜らしい下肴町の三井豊次郎氏のみで、需要に乏しい時代の苦闘がうかがえる。

◆市営牛乳の前々身・鶴岡牛乳商業組合

昭和4年、石塚由吉氏を筆頭に地元業者さんらが連帯、鶴岡牛乳営業組合を成し、これがのちに鶴岡牛乳商業組合へ発展。昭和10〜12年頃、牛乳営業取締規則の改正に応じて共同処理場を設け、集約製造・各自販売の体制を敷く。

昭和18年には明治製菓(明治乳業)を誘致すべく、牛乳組合はもとより全市を挙げて請願運動に取り組んだ記録も残る。戦時国策に叶う大企業との結合で優遇措置を得たいところ、翌19年、明治は新庄市に工場を建設。誘致合戦に負けてしまった。

◆国民健康保険組合から市当局へ

間もなく戦争激化で飼料・労働力が枯渇、牛乳組合の運営は頓挫。戦後、乳幼児や病人の栄養補給のため、鶴岡市の国民健康保険組合が処理施設を引き継ぎ、操業を再開した。

昭和23年、国民健康保険法の改正で健保直営が困難となり、鶴岡市当局へバトンタッチ。ついに掲載の「市営牛乳」が生まれる。折しも食生活の変化から牛乳需要は急伸、漸次生産を拡大。指定販売店を通じ各戸配達も行うようになった。

◆市営牛乳の躍進と是非を巡る議論

市民福利・健康増進の旗印のもと、大手メーカーの平均小売価格一合(180cc)12円に対し、市営は11円、2合まとめ買いで20円の大奉仕。昭和30年には年間供給量が30万リットルに達する盛況ぶりで、黒字経営を実現していたという。

「官製牛乳」の廉売に、一部業者は猛反発。昭和26年の段階で市議会の俎上にのる。工場売却・民営化を主張するグループと、市民サービス・市営の継続を訴えるグループとが対立したわけだが、この際は市営側の嘆願が勝利、事なきを得る。

◆小売宅配網の喪失、撤退・廃止へ

かくて順風満帆の市営牛乳も、大手の地方進出には敵わなかった。昭和30年代中期以降、山形県下の主要市場に本格参入した森永乳業は、鶴岡市内に展開する市営牛乳の指定販売店を次々に籠絡、自社ブランドの特約店に塗り替えていく。

販路の血脈を失った市営牛乳は忽ち行き詰まり、昭和37年、地元住民の反対運動も及ばず、市議会は経営難を理由に廃止を決議。市営牛乳の残余事業・資産は明治乳業へ譲渡。健保より引き継ぎ以来、およそ14年の仕事を終えた。

◆市営牛乳廃止の余波・生協と農協の連携

結果として市中に流通する牛乳は、一合あたり2円超の値上り。対して消費者団体が奮起。鶴岡生協は昭和38年、東田川郡の藤島牛乳(藤島酪農組合・藤島町農協)と集団飲用の契約を結び、従前の価格レベルに引き戻した。

藤島町農協(庄内農協乳業)の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)

提携は昭和41年まで続くが、不足払い法・集約工場指定ほか中央酪農政策の煽りを受け、藤島農協は独自の価格決定が不可能となり、決裂。生協は福島の御木沢農協(三春牛乳)に鞍替え、長らく有利な産直売価を堅持した。

◆その後の鶴岡・カクサン牛乳

往時に「市営か民営か」の争いが起こったのも頷ける話だ。そもそも鶴岡市内と周辺郡部には、多数の個人業者さんが戦後新たに勃興。収益度外視・公共事業の理念を掲げて牛乳を安く売られてしまっては、商売あがったりである。

ところが本当の敵は市当局でなく、結局のところ大資本だった。昭和45年前後には、末広町の本間牛乳(旧・富樫牛乳)さんを中心に、地場の中小メーカー約10軒が連帯・協業、カクサン牛乳協同組合(カクサン牛乳)の発足を見る。

カクサン牛乳(委託製造)の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)

参画は旧市域の湯之浜ミルクプラント(金内牛乳)、豊浦酪農組合(白幡牛乳)、新生舎、にこにこ牛乳さんに加え、昭和38年に鶴岡市へ編入された西田川郡大山町の成沢牛乳、大山牛乳(健康舎)、大平牛乳、羽根田牛乳さんらのようだ。

◆岩手や福島、そのほかの市町村営牛乳

公営ミルクプラントの運用事例は、全国にいくつかある。発祥期から行政が携わった、純然たる自治体主導の牛乳屋さんとしては、以下を代表例に挙げるべきかも知れない。

内郷市営牛乳処理場(いわき市営内郷牛乳処理所)
福島県内郷市(現・いわき市)。昭和31年から同48年頃まで操業。
市長の沼田一夫氏が、地域の酪農振興と住民の福利厚生を目指して開設した。

松尾村牛乳処理場
岩手郡松尾村(現・八幡平市)。昭和20年代末〜昭和30年代初期の立ち上げ、
同37年前後まで操業。「村民健康増進の源」「村営のおいしい松尾均質牛乳」を供給。

松尾村役場・村営松尾村牛乳処理工場の広告(昭和31年)
画像左:松尾村役場・村営松尾村牛乳処理工場の広告(昭和31年)…松尾鉱山鉄道鹿野駅前。別途名簿資料には代表者「松尾村長」とだけあった。

別海町ミルクプラント(別海町酪農工場)
北海道野付郡別海町。創業は昭和49年、長らく町営で推移も、
平成13年に地元農協との合資で(株)べつかい乳業興社を設立、今なお稼働中。

黒川村営乳製品加工センター(胎内市乳製品加工センター)
新潟県北蒲原郡黒川村(現・胎内市)。伊藤孝二郎村長時代の成果のひとつ、
平成期の新事業。胎内ジャージー牛乳を展開。現在は(有)ハナノ産業となっている。

第三セクターを含めれば、もっと数は増える。ただ、一般に乳製品加工の取り組みが多く、飲用牛乳への着手は稀だ。いずれにせよ日本では珍しい業態と思う。

かつて旧東京市では、大正12年の関東大震災に際し、一部の役場が応急処置的な牛乳配給を実施。そこから発展して官営処理場の建設も計画されたという。しかし程なく明治や森永など民間会社の事業が伸び、実現には至らなかったそうだ。

◆健保や銀行、刑務所の牛乳屋さん

市町村に限定せず、広く公営の乳業を示すと下記の通り。昭和40年代には全て廃止され現存はゼロ。農業高校(⇒学校給食専用瓶/農業高校の牛乳)や大学農学部、県営の種畜場ほか、乳牛飼育の主たる目的が市乳生産でない所は除いてある。

地域健保
美幌町立国民健康保険病院/北海道網走郡美幌町仲町2
押切国民健康保険組合/山形県東田川郡三川村字上口
旭村国民健康保険組合/山口県阿武郡朝日村佐々並2625
民間健保
花岡鉱山健康保険組合/秋田県鹿角郡花矢町花岡町字堤沢42
小坂鉱山健康保険組合/秋田県鹿角郡小坂町上谷地41-1
山陽無煙健康保険組合/山口県美弥市豊田前町麻生137
国営系統
日本銀行大泉処理場/東京都練馬区東大泉町43
国立療養所山陽荘処理場(山陽荘農場)/山口県宇部市大字東岐波685
鹿児島刑務所主管霧島農場/鹿児島県姶良郡吉松町中津川

鶴岡市営牛乳の前身がそうであったように、健康保険組合の主導が多い。地域住民の栄養事情改善や労働者の福利厚生面で、親和性が高いせいだろう。

岐阜の益田酪農農協(下呂牛乳)、鳥取の美保酪農農協(美保酪農牛乳)さんなど、過去成立の経緯に健保が絡んだ例は少なくない。いっぽう銀行や病院、刑務所の牛乳も興味をそそるが、総じて生産量は限られ、パッケージ残存は期待薄か。


昭04> 鶴岡牛乳営業組合が発足 ※鶴岡市馬場町、組合長・石塚由吉氏
昭09> 石塚由吉/山形県鶴岡市家中新町百聞堀端
昭10〜12頃> 営業組合は鶴岡牛乳商業組合へ改称 ※同時期に共同処理場を建設
昭20〜21頃> 鶴岡市国民健康保険組合が工場・事業を継承

昭23> 鶴岡市国民健康保険組合/山形県鶴岡市役所 ※代表住所
昭23> 鶴岡市当局が工場・事業を継承 ※のち昭和27年度より特別会計が組まれる

昭26> (公)鶴岡市営牛乳処理場・加藤精三/山形県鶴岡市八坂町3-2
昭31> 鶴岡市営牛乳処理場・三浦定次/山形県鶴岡市八坂町乙1-2
昭34> 新工場を建設・移転
昭34〜36> 鶴岡市営牛乳処理場/山形県鶴岡市八坂町天王前1-1
廃業・工場閉鎖> 昭和37年
公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、牛乳新聞社「大日本牛乳史」・日本食糧新聞社 [食糧年鑑 昭和24年版]・[全国工場通覧]・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成26年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業