美保酪農牛乳 (1)美保酪農牛乳 (1) 美保酪農牛乳 (2)美保酪農牛乳 (2)
美保酪農牛乳 (1)

美保酪農農業協同組合
鳥取県鳥取市吉成490
新東洋硝子製・市乳180c.c.底面陰刻
昭和30年代初期
美保酪農牛乳 (2)

美保酪農農業協同組合
鳥取県鳥取市吉成731-1
石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期

戦時に食糧難の打開を期して発足、県東部を中心に20年ほど商われたローカル銘柄。昭和41年、白バラ牛乳へ合流し、ブランドは消滅。処理施設は大山乳業農協・鳥取工場としてなお稼働し続け、平成17年まで現役の生産拠点だった。

◆美保酪農の原点・戦時の乳牛飼育

事の起こりは昭和18年。鳥取市国民健康保険組合を率いる西山春次氏が、乳幼児や病人の栄養不足を憂い、美保地区有志の賛同を得て乳牛4頭を調達。飼育と搾乳は農家へ委託、健保が生乳を殺菌ビン詰めのうえ、配給に着手した。

協力農家・乳牛は徐々に増えていき、翌年には簡易工場の処理が限界に達する。健保と農家は合同で新工場を建設。牛飼いは美保酪農組合を結成し、改めて陣容が整った。

こうして悪化する食糧事情に一矢報いるが、エサと労働力の不足はどうにもならず、市内の個人牛乳店は廃業続出。終戦時には必要最小限の飲用乳すら確保困難な状態だった。

◆美保酪農農協の設立・戦後の市乳事業

昭和23年、農協法施行を受けて酪農組合は解散。美保酪農農業協同組合を興し、戦後の再スタートを切る。市域は大消費地であり、昔とは違って販売競争も激しい。初期は試行錯誤の連続に苦しむが、数年で軌道に乗って大躍進。

農協の経営が確立すると、周辺郡部にいる酪農家の新規加入も相次いだ。集乳量は格段に増し、戦前来の施設では捌き切れず、昭和33年にミルクプラントを新設。

翌34年、県外大資本の進出が予期されたため、南農園(八頭郡智頭町・エンゼルミルク)の牛乳部門を買収。学校給食へも参入し、規模拡大・基盤強化に努めた。

◆3酪合併・白バラ牛乳への大合流

以降、鳥取県の酪農乳業の大変動は、大山乳業農協(白バラ牛乳)の項にまとめている。昭和41年、美保酪農は伯耆酪農および東部酪農と合併、県下随一の酪農団体に発展。

この際、商い銘柄を「白バラ」に統一、「美保酪農牛乳」は廃止に至る。美保酪農の工場自体も操業を一旦中止するが、昭和44年頃、大山乳業農協・鳥取工場として復活。46年に改築が施され、平成17年まで長らく操業した。

生産拠点の役割を終えた現在、跡地は商業施設(ファーマーズ・ガーデン)に転換。観光面の利活用が試みられている。(⇒鳥取市の旧工場を再生利用した店舗の開発ドキュメント-鳥取ファーマーズ・ガーデン/企画事務所ディーシー・ラボ)

◆掲載瓶について

イラストは因幡の白兎にまつわる神話の情景。泣きじゃくるウサギに、ちゃっかり農協マーク入りの大袋を背負った大国主命大黒天)が手を差し伸べるひとコマ。しかし直下の大書き「容器非売品」(※)の事務的な注記が目立って、妙な雰囲気だ。

※「器」は旧字体。今は「大」のところを「犬」と書いた(⇒「器」いけにえの犬でお祓い/47NEWS)。

前面に扱い品目を列挙。謎めく語感の「ミラク」はヤクルトに似た乳酸菌飲料で、由来は美保酪農の略か。内容量の打刻が底面から側面下部に移った(2)番瓶は、その凹凸を避けて印字を上にずらし、かつ全体を縮小。横に「ビンは洗って返しましょう」と追記してある。

― 関連情報 ―
大山乳業農協・鳥取工場の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)


設立> 昭和19年、美保酪農組合として
昭23> 酪農組合を母体に美保酪農農業協同組合が発足
昭31> 美保酪農農協・長谷信道/鳥取県鳥取市吉成490
昭33> 吉成731番地に新工場を開設
昭34> 南農園(智頭町)の牛乳部門を買収する

昭34〜39> 美保酪農農協/同上
昭40> 同上/鳥取県鳥取市吉成731-1
昭41> 伯耆酪農農協、東部酪農農協と合併し、大山乳業農業協同組合となる
昭41〜43> 掲載なし

昭44〜平13> 大山乳業農協 鳥取工場/同上
平17> 鳥取工場は閉鎖、商業施設に改装・転換
電話帳掲載> 大山乳業農業協同組合 鳥取指導課/同上
                    ファーマーズガーデン鳥取牧場村/同上
独自銘柄廃止> 「美保酪農」銘は昭和41年に廃止
公式サイト> http://www.dainyu.or.jp/ (大山乳業農協)

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成25年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業