りんご牛乳 特 集 - り ん ご 牛 乳

今や製造業者が激減し一般には馴染みの薄い飲み物だが、昭和30〜40年代の頃、近畿・中国・九州の西日本一帯を中心に、いわゆる「りんご牛乳」は戦前来の定番・コーヒー牛乳と並ぶ大人気を博していた。かつて多数の乳業や清涼飲料水メーカーが類似品を市場に投入、全容はとても把握し切れない。

売れ筋ゆえか、専用瓶装(大型王冠栓タイプ、りんご牛乳/ミルクコーヒー/フルーツミルク兼用)の展開が盛んだった。リンゴのイラストを大胆にあしらったポップなデザインはバラエティに富み、賑々しく華やかな一大ジャンルを築いている。

健在の古株は三重・大内山酪農「大内山りんごおーれ」(四日市乳業「四日市りんご」継承)、京都・平林乳業「ヒラヤリンゴ」あたり。福岡・オーム乳業「オームリンゴ」は、平成24年に終売。熊本県酪連「らくのうリンゴ」や、飛騨酪農りんごオーレ」、宝積飲料「パレード・リンゴミルク」などは、近年の追従(一部はリバイバル品)である。


天然 りんご牛乳天然 りんご牛乳 天然果汁入 リンゴ牛乳天然果汁入 リンゴ牛乳 リンゴミルクリンゴミルク

平和乳業(株)
大阪府大阪市住吉区浜口西1
廃業(昭和42年頃)
山村硝子製・容量打刻なし

ハタ鉱泉(株)
大阪府大阪市都島区都島北通1-29
該当製品終息
ユニオン硝子工業製・容量打刻なし

桝井食品工業(株)
大阪府大阪市生野区舎利寺町2
該当製品終息
製瓶元不明・容量打刻なし

天然果汁入 リンゴミルク天然果汁入 リンゴミルク りんご牛乳・ヒノマルコーヒりんご牛乳・ヒノマルコーヒ りんご牛乳・アラビアンコーヒりんご牛乳・アラビアンコーヒ

北川清涼(株)
大阪府大阪市此花区四貫島大通1
廃業/現況不明
新東洋硝子製・180cc底面陰刻

新日本飲料(上田貞一)
大阪府堺市鳳北町3-151
廃業/現況不明
ユニオン硝子工業製・容量打刻なし

太陽乳業
大阪府大阪市住吉区庭井町110
廃業/現況不明
ユニオン硝子工業製・容量打刻なし

りんご牛乳りんご牛乳 果汁入 リンゴ牛乳・フルーツDRINK果汁入 リンゴ牛乳・フルーツDRINK りんご牛乳・コーヒ牛乳りんご牛乳・コーヒ牛乳

大和食品工業(株)
大阪府大阪市大正区三軒家市場通1
該当製品終息
大和硝子製・容量打刻なし

石山食品工業社⇒サンガリア
大阪府大阪市東住吉区中野4-2-10
該当製品終息
ユニオン硝子工業製・容量打刻なし

ワキムラ飲料(脇村鉱泉)
大阪府大阪市淀川区十三3-7-6
廃業/現況不明
大和硝子製・容量打刻なし

フルーツミルクフルーツミルク りんご牛乳りんご牛乳 りんご牛乳りんご牛乳

(有)ツルヤ食料品研究所
兵庫県神戸市兵庫区算所町26
廃業(平成19年)
新東洋硝子製・180cc底面陰刻

柳川鉱泉(株)
兵庫県姫路市亀山268
製造撤退(昭和50年代?)・販社転業
ユニオン硝子工業製・容量打刻なし

プリンス飲料(株)
愛知県岡崎市八幡町
廃業/現況不明
日本硝子製・180cc底面陽刻

◆当時のりんご牛乳ってどんな飲み物?

大半は脱脂粉乳・糖類・香料に加え、若干の果汁を混ぜた黄白色の乳飲料。リンゴ風味の甘いミルク…という感じだったらしい。原材料から推すに、一部はフルーツ牛乳と大差なく、単にそれを「リンゴ牛乳」と称したフシもある。また種類別「清涼飲料水」の場合は乳成分が希薄で、ごくさっぱりした飲み物だったと思う。

一過性のブームで終息し、国内市場でほぼ淘汰されたラインナップ。肝心の風味は「まあそれなり」と想像するしかない。流通のピークは昭和40年代前半と見られるが、複数メーカーを横断する瓶の再利用が行われた結果(後述)、いくつかは平成19年まで現役のジュース容器として用いられた実績のある、ロートル軍団だ。


天然 りんごミルク天然 りんごミルク りんご牛乳りんご牛乳 天然果汁入 リンゴ牛乳・コーヒー牛乳天然果汁入 リンゴ牛乳・コーヒー牛乳

(株)はりの乳業
岡山県岡山市西大寺金岡1827
再編合理化・工場閉鎖(平成12年)
日本硝子製・180cc底面陽刻

山陽飲料(株)
岡山県岡山市さい東町1-2-1
廃業(平成16年)
ユニオン硝子工業製・容量打刻なし

井上化学食品工業(株)
岡山県岡山市阿津
廃業/現況不明
ユニオン硝子工業製・容量打刻なし

リンゴ牛乳・コーヒー牛乳リンゴ牛乳・コーヒー牛乳 天然果汁入 リンゴ牛乳・ミルクコーヒー天然果汁入 リンゴ牛乳・ミルクコーヒー  天然果汁入 リンゴ牛乳・ミルクコーヒー天然果汁入 リンゴ牛乳・ミルクコーヒー

大倉飲料(株)
岡山県岡山市二日市町27
廃業/休業(昭和54年頃)
山村硝子製・容量打刻なし

大原食品工業(株)
岡山県西大寺市西大寺327
製造撤退(平成10年頃?)・販社転業
広島硝子工業製・容量打刻なし / 広島硝子工業製・180cc底面陽刻

リンゴ牛乳リンゴ牛乳  りんご牛乳りんご牛乳 天然 りんご牛乳天然 りんご牛乳

日本食品工業(株)
岡山県倉敷市昭和町
廃業/現況不明
大和硝子製・容量打刻なし / 山村硝子製・180cc底面陽刻

(株)古賀飲料・乳業部
福岡県山門郡瀬高町
廃業(平成3年)
ユニオン硝子工業製・容量打刻なし

天然果汁 リンゴジュース

三喜産業(株)
兵庫県神戸市・所在不詳
廃業/現況不明
山村硝子製・200ml側面印刷
天然 りんご牛乳天然 りんご牛乳 らくれん りんごらくれん りんご

愛媛酪農農業協同組合
愛媛県今治市鳥生1000
県酪連〜四国乳業に事業統合(昭和43年)
日本硝子製・180cc底面陰刻

四国乳業(株)
愛媛県温泉郡重信町大字志津川832
該当製品終息
ユニオン硝子工業製・容量打刻なし
(おまけ)左掲はリンゴ牛乳に良く似たデザインのジュース瓶、文字通り普通のリンゴジュース。王冠もビールやコーラと同じサイズ。見慣れない形だが、中程のくびれが掌にフィットして実に持ちやすい。

◆岡山に惹き寄せられるリンゴびん

本項掲載ビンの約半数は、大阪と兵庫のメーカーが使ったもの。しかし実際に入手した場所は、ほとんど全て岡山県だった。むかし、各地方の清涼飲料水メーカー間では、製造をやめた会社の瓶の引き継ぎ・再利用は当たり前の流れで、結果、近畿のビン群がごっそり岡山の鉱泉所などに引き取られていた次第。

例えばネーポンで有名なツルヤ食品さんは、自社「フルーツミルク」瓶のほか、上掲の平和乳業や桝井食品、大和食品の瓶を譲り受けて混用。標示上の乖離も意に介さず、普通のジュースやぜんざいを詰めて商われた。ラベルの齟齬を回避すべく、再利用時に印字を薬剤で剥がし、透明瓶にすることもある。収集家は泣くしかない。

― 謝辞 ―
初稿は第2回OMCCの記念としてまとめたもので、以降断続的に更新しています。
クロネコ様より複数の事業者の所在・現況を教えて頂きました。

― 関連情報 ―
山陽飲料 自己破産を申し立て (Vision岡山) / 山陽飲料を偲ぶ (ジャンボフェニックス)
昭和40年の日本飲料新聞 (クロネコぽこちゃん) / りんご牛乳 (大牟田からの独り言)


掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれています(利用上のご注意)。



漂流乳業