河南牛乳河南牛乳

(記事下段)

河南牛乳

河南酪農農協⇒愛媛酪農農協
愛媛県今治市鳥生1000(今治工場)
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜後期

戦後間もなく乳牛飼養に挑み、一帯の酪農を創始牽引。今治・新居浜・松山ほかに拠点を築いた、県下随一の農系ブランド。当初の姿は「河南酪農の河南牛乳」。規模拡大にともなって昭和35年、愛媛酪農農業協同組合へ進展した。

上掲は丁度その頃の流通品。「河南」銘を残しながら愛媛酪農農協を名乗る一本。同時代の別種瓶装は天然りんご牛乳と、カナンヨーグルトも掲載中。のち四国乳業(株)の中核を担い、昭和40年代にブランド統合。今は「らくれん牛乳」となっている。

◆東予の酪農を率いた砂原鶴松氏

今治市域の酪農発達は戦後、富田村の村長、砂原鶴松氏の教導・実践に拠る。氏は劣悪な食糧事情と農村経済の疲弊に際し、米麦一辺倒を脱却すべきと考え、稲藁や野菜くず、裏作の牧草栽培からなる「水田酪農」に着眼。

岡山県の成功事例を学び、村内外に乳牛導入を呼び掛けると、有志50名が集まった。昭和23年、河南酪農組合を結成。砂原氏は私財も投じ、優良乳牛40〜50頭を北海道に求め、陸路と海路をまたぐ一ヶ月の移送を敢行。

道中斃死多数も、とにかく牛はやって来た。組合は共同処理場を設け、「河南牛乳」の販売に着手。地元市街はもちろん、鉄道を使って新居浜にも進出。市乳事業は都市部の需要に支えられ順調に伸び、生産直売の営みは軌道に乗る。

◆近隣組合の合流相次ぎ愛媛酪農農協へ

牛乳販路の拡張を受け、組合員の飼養頭数は100頭超え、また一帯に牛飼いが普及した。昭和26年、河南酪農組合は体制強化を期し、河南酪農農協に改組する。

引き続き砂原氏主導のもと、中間業者を排した搾乳・加工販売の一貫体制を敷き、30年、国鉄今治駅前にミルクプラントを新設。33年には学校給食に参入、一層の弾みがつく。

精力的な事業展開に、近郊の生産者団体も呼応。伊予、砥部開拓、歌仙、川之江、三島、土居、宇摩、西条、新居浜の各酪農組合が合流を決し、陣容が整う。昭和35年、参画者が広域に及んだことに鑑み、名称を愛媛酪農農協と改めた。

◆四国乳業(らくれん牛乳)の中核として

分工場は砥部出張所(昭和32年)、新居浜工場(35年)を皮切りに、松山市・勝山酪農組合を吸収後は、同地に松山工場を設置(36年)。続いて今治市鳥生に総合工場を落成(37年)。集乳圏は香川まで広がり、41年ごろ高松市にも傘下工場を据えた。

愛媛最大規模の酪農協に成長し、「河南牛乳」は全国でも指折りの成功事例となる。しかし組合は市況の趨勢を睨み、さらなる基盤強化・合理化に臨む。

昭和40年、国の酪農政策に応じた一元集荷・多元販売の確立を目指し、県下3つの農協連と、愛媛酪農農協を含む9組合が、愛媛県酪農協連合会を結成。42年、各組合の市乳事業を同会に統合。43年、現在の四国乳業(株)設立に至る。

◆その後の「河南牛乳」とブランド統合

以降、県酪連は生乳出荷に専念、四国乳業が製造・販売を受け持つ業態に。統一銘柄「らくれん牛乳」の策定で、「河南牛乳」銘も最終的には廃止された。

ただし県酪連への事業統合(42年)後は愛媛県酪連名義、また四国乳業設立(43年)後も四国乳業名義の「河南牛乳」が存在する。「らくれん牛乳」に即時統一はせず、各組合単位の個別ブランドも、数年に限り移行猶予があったようだ。

愛媛酪農農協の松山工場と今治工場は、らくれん発祥の地。県酪連が主要拠点としてそのまま継承し、四国乳業の発足後も長らく稼働した。松山工場は温泉郡への移転を経て、今なお四国乳業の本社・旗艦工場の役割を果たしている。

― 参考情報 ―
愛媛県史 地誌 I (総論) / 愛媛県史 地誌 II (東予西部)
愛媛県史 社会経済1 農林水産 / 愛媛県史 人物 (えひめの記憶)
愛媛県酪連・今治工場の紙栓 / 同・宇和島工場 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)
河南牛乳のコップ (牛乳グラス☆コレクション) / 河南牛乳 (宝島のチュー太郎)


■今治工場
設立> 昭和23年、河南酪農組合として
昭26> 河南酪農農業協同組合へ改組・改称
昭30> 今治市上徳から鷺之町に移転

昭31〜34> 河南酪農農協・砂原鶴松/愛媛県今治市鷺之町721
昭35> 愛媛酪農農業協同組合へ改称
昭36> 愛媛酪農農協/同上
昭37> 今治市鳥生に総合工場を落成
昭39〜40> 愛媛酪農農協 今治工場/愛媛県今治市鳥生1000
昭40> 県下の酪農団体が糾合し、愛媛県酪農業協同組合連合会が発足
昭41〜42> 同上
昭42> 愛媛酪農農協は県酪連に市乳事業を移管
昭43> 県酪連の主導で四国乳業(株)(らくれん牛乳)が発足

昭43〜52> 四国乳業(株)今治工場/同上
昭53〜56> 同上/愛媛県今治市立花町3-2-35
昭59〜平04> 同上 ※この間は乳製品工場としての掲載
電話帳掲載> 「愛媛県酪連 東予指導事務所」「愛媛酪農農協」/同上
独自銘柄廃止> 「河南」銘は昭和40年代中期に廃止?
工場閉鎖> 平成7年、四国乳業本社工場(東温市)への製造集約による
公式サイト> http://www.rakuren.co.jp/ (四国乳業・愛媛県酪連)

■松山工場
開設> 昭和36年
昭36> 河南牛乳 松山工場/愛媛県松山市枝松町139
昭39〜42> 愛媛酪農農協 松山工場/同上
※四国乳業の設立(昭和43年)以降の変遷は、らくれん牛乳の項に詳述

■新居浜工場
開設> 不明ながら戦後、新居浜酪農組合による
昭31> 新居浜酪農・小野勇/愛媛県新居浜市金子甲695
昭34> 新居浜市酪農組合/愛媛県新居浜市沢津
昭35> 新居浜酪農組合は河南酪農農協に合併
昭36> 愛媛酪農農協/愛媛県新居浜市神明町
昭39〜42> 愛媛酪農農協 新居浜工場/愛媛県新居浜市神明町金子681
工場閉鎖> 昭和43年頃

■砥部出張所
開設> 不明ながら戦後、砥部開拓酪農組合による
昭31> 砥部町酪農農協・相田常男/愛媛県伊予郡砥部町大字大南甲239
昭32> 砥部開拓酪農組合は河南酪農農協に合併
昭34> 河南酪農 砥部出張所/同上
工場閉鎖> 昭和35年頃

■高松工場
開設> 不明ながら昭和41年頃
昭41〜42> 愛媛県酪農農協/香川県綾歌郡国分寺町215
昭43〜46> 四国乳業(株)/香川県綾歌郡国分寺町国分275
工場閉鎖> 昭和47年頃

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成22年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業