はりの牛乳 (1)はりの牛乳 (1) はりの牛乳 (2)はりの牛乳 (2)
はりの牛乳 (1)

播野正雄⇒(株)はりの乳業
岡山県岡山市西大寺金岡1827
ユニオン硝子工業製・正180cc側面陽刻
昭和40〜50年代?
はりの牛乳 (2)

播野正雄⇒(株)はりの乳業
岡山県岡山市西大寺金岡1827
ユニオン硝子工業製・正200cc側面陽刻
200cc移行後〜昭和50年代

「はりの」は経営者さんのお名前、漢字で書くと播野。創業は昭和18年、戦時にあって物資不足は言うに及ばず、飼料・乳製品の配給統制、家畜移動も制限された難儀な時代の発足だ。

以来およそ60年間に渡って市域に商われたものの、平成12年度の乳業施設再編合理化で工場は閉鎖。同15年に至り破産・廃業、ブランドは消滅している。

商圏は限定的ながら、処理量は県下中堅の規模。特に学校給食向けの出荷が多かった。しかしWeb上には、現役の頃の情報があまり残っていない。キャップコレクター諸氏には広くフォローされており、最晩年まで瓶詰めは健在だったと分かる。

◆掲載瓶・K乳マークについて

掲載は流通時期が若干異なるらしい、昭和の2世代。より古いのは(1)番の青瓶だろう。これは濃厚系加工乳の専用瓶装みたいな雰囲気だ。

自らの“は乳”ロゴに加え、寺山牛乳浜田牛乳さんと同じく、「岡山県牛乳処理協同組合」の“K乳”マーク入り。組合は県下中小メーカーの原料乳取引を集約する団体?で、昭和41年頃の設立。梶原乳業や沼本乳業さんらも加盟していた。

― 参考情報 ―
はりの乳業の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)
はりの牛乳の箱 (むにゅ’s のぉと) / 嗚呼。はりの牛乳 (ジャンボフェニックス)
はりの乳業訪問の記憶 (いい気分の、牛乳キャップ集め再開しました)


創業> 昭和18年
昭31〜44> 播野正雄/岡山県西大寺市九幡885
昭44> 西大寺市は岡山市に編入される
昭45> (株)はりの乳業を設立

昭46〜平04> (株)はりの乳業/岡山県岡山市西大寺金岡1827
平12> 乳業施設再編合理化に応じ、工場を閉鎖
自家処理撤退・独自銘柄廃止> 平成12年頃
破産・廃業> 平成15年
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業