奥の牛乳奥の牛乳

(記事下段)

奥の牛乳

奥 彦夫(マルサン牧場)
三重県阿山郡阿山村中友田
新東洋硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜後期

創業は明治30年、郡下では高島牛乳・立岡牛乳に並ぶ老舗。往時は場主・奥彦三郎氏の名をひくマルサン牧場の屋号で商い。昭和初期には乳牛10頭を繋ぎ、玉瀧・鞆田・河合・丸柱の4村(いずれも阿山郡下、現・伊賀市)に販売したと伝わる。

昭和38年前後に製造を中止、毎日牛乳の販売店へ転換。恐らく日本酪農協同の松阪工場(S32開設・松阪市)や滋賀工場(S36開設・大津市)など、毎日勢が地元商圏に本格進出してきた結果、独自ブランドの維持が困難になったのだと思う。

◆掲載びん・過去ラインナップについて

とても可愛らしいカップリング瓶。私も僕も 毎日飲んで…飲むとどうなるのか?敢えて書かない“奥”ゆかしさ。こんな愛嬌のある瓶で配達されたら、きっと毎日楽しく飲めただろう。掲載が最終世代で、自家生産は昔から白牛乳のみだったという。

仲良し2人組みを描いたイラストは、滋賀のツヂ牛乳や東京(静岡)の富士アイス牛乳全国飲用牛乳協会の共通瓶にも見られる。高知・ひまわり牛乳のバリエーションや、埼玉・秩父牛乳あたりも同系に括れそうだ。レトロな図案、愉しい構えである。

― 謝辞 ―
奥の牛乳さんの現況ほか、kazagasira様よりご教授・ご協力頂きました。


創業> 明治30年
大09> 奥彦三郎/三重県阿山郡玉瀧村
大12> 牧場を鞆田村に移転
昭02〜09> 同上/三重県阿山郡鞆田村大字中友田
昭29> 鞆田村は隣村と合併し、阿山村となる
昭31> マルサン牧場・奥彦夫/三重県阿山郡阿山村 ※マルサンは三を○で囲った屋号表記
昭34〜36> 奥彦夫/三重県阿山郡阿山村中友田
昭42> 阿山村は町制施行する
平16> 阿山町は周辺町村と合併し、伊賀市となる

電話帳掲載> 「毎日牛乳 鞆田販売店」「毎日牛乳 奥牛乳店 中友田販売所」
                   /三重県伊賀市中友田481-9
自家処理撤退・独自銘柄廃止> 昭和38年前後
公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、[三重県の畜産]・[伊賀暖簾ト人物]・牛乳新聞社「大日本牛乳史」・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業