高知牛乳 (1)高知牛乳 (1)高知牛乳 (1)
高知牛乳 (1)

高知牛乳食品(株)
高知県高知市南与力町7
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜後期

高知牛乳 (2)高知牛乳 (2) 高知牛乳 (3)高知牛乳 (3)
高知牛乳 (2)

高知牛乳食品(株)
高知県高知市南与力町7
広島硝子工業製・市乳180cc底面陰刻
昭和30年代初期〜中期
高知牛乳 (3)

高知牛乳食品(株)
高知県高知市南与力町7
底部欠損により製瓶元不明・180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜後期

創業のルーツは大正11年、吉澤牧場の旗揚げに遡る。高知市内に同業組合の結成を経て、戦後は土佐乳業から高知牛乳食品に発展。規模拡大に応じ昭和46年、ひまわり乳業が誕生。抜群の知名度を誇る、県下随一のメーカーだ。

往時は古くより商った定番の「高知牛乳」と、上位ブランドの「ひまわり牛乳」(濃厚系加工乳)、新旧ふたつの銘を並行販売。現在は「ひまわり」に一本化されている。

高知牛乳食品の会社広告(昭和41年)
画像上:高知牛乳食品の会社広告(昭和41年)…写真は「ウルトラハイ130℃殺菌機」と「リボン式冠帽機」。均質「高知牛乳」と特選濃縮「ひまわり牛乳」の2ブランドを展開。

◆銀行消滅・吉澤牧場の創業

吉澤八洲夫氏は、かつて高知商業銀行に勤務、牛と無縁のサラリーマンだった。ところが大正11年、経済恐慌の煽りで商銀は破綻。職を失い、雇われの儚さを知る。そこで自家飼育の乳用山羊と食生活の洋風化に着眼。活路ありと見て、乳業を志した。

失職から間もなく「吉澤牧場」を土佐郡秦村に拓き、乳牛と山羊の飼育、搾乳販売を開始。当初は小さな商いも、これが後に続く「ひまわり」の原点となる。

◆高知牛乳食品・戦後の大発展

業容は徐々に拡大。昭和12年、牛乳営業取締規則の大改正を受け、市内の同業者を束ねる高知牛乳卸商業組合が発足、吉澤氏は代表に就く。個人経営を脱し、低温殺菌機を備えたミルクプラントを新設、協業・企業化の道を進んだ。

戦後、商業組合を母体に土佐乳業(株)(高知市南与力町)の設立に至り、社長に就任。昭和24年、高知牛乳食品(株)へ改称。30〜40年代にかけて中村工場(中村市八反原)および南国工場(南国市物部)を据え、県全域をカバーした。

ひまわり乳業の生立ち(戦前編) / 同・(戦後編) / 高知県の乳業史
南与力町に牛乳工場がありました / 田野、奈半利、羽根出身の経済人
 (ひまわり乳業「今日のにっこりひまわり」「知っとく健康コラム」)

◆高知牛乳とひまわり牛乳

公式サイトのCMギャラリーは過去のフィルムを多数公開。古瓶の様子も確認できる。高知牛乳(1)番瓶は白牛乳、(2)(3)番の六角瓶は、色物・加工乳向けだったらしい。

昭和40年代のTVコマーシャル(公式サイト動画より)
画像上:昭和40年代のTVコマーシャル(公式サイト「CMギャラリー」動画より)…昭和30〜40年代の流通らしき一合瓶が映っているシーンを抜粋。

CMに現れる「ひまわり」四角瓶はいずれも、下段掲載のひまわり牛乳(1)番瓶と背面のデザインが異なる。後先は不明ながら、隣接する世代だろう。

ナレーションを聴くと、高知牛乳は普及品の扱い。いっぽう「特に角(かく)い瓶のひまわり牛乳は、中間濃縮装置とウルトラ・ハイ装置によって生成され、豊かな栄養を持つ特別濃厚牛乳です」との謳い文句で、最初は上位の新製品だったと分かる。

(この項下段に続く)


ひまわり牛乳 (1)ひまわり牛乳 (1) ひまわり牛乳 (2)ひまわり牛乳 (2)
ひまわり牛乳 (1)

高知牛乳食品(株)
高知県高知市南与力町7
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜後期
ひまわり牛乳 (2)

高知牛乳食品(株)
高知県高知市本与力町7
石塚硝子製・正200cc側面陽刻
200cc移行後〜昭和46年まで

ひまわり牛乳 (3)ひまわり牛乳 (3) ひまわり牛乳 (4)ひまわり牛乳 (4)
ひまわり牛乳 (3)

ひまわり南海乳業(株)
高知県高知市南与力町7
石塚硝子製・正200cc側面陽刻
昭和48年頃〜50年代初期
ひまわり牛乳 (4)

ひまわり乳業(株)
高知県高知市与力町3-10
石塚硝子製・正200cc側面陽刻
昭和50〜60年代

◆新商標「ひまわり」の由来

昭和30年代に生まれた「ひまわり」の銘、その由来はひとつのブローチという。当時、余乳消化のため作っていた練乳の納品先を求め、大阪の製菓会社と契約に漕ぎ付ける。吉澤八洲夫氏は商談の帰り、ひまわりを模ったブローチを記念に買い、妻に贈った。

言わば高知牛乳食品の、厄介な問題を解決した象徴・ラッキーアイテム。のち他社との差別化を図る濃厚系加工乳の新規展開に際し、南国的なイメージもある「ひまわり」の名を採用。売り上げ好調により、同社の代名詞として浸透していく。

地域乳業ビジネスの可能性と課題-地元とのつながりが生む企業価値とは (Jミルク)

◆ひまわり乳業へ改称・南海乳業と合併

昭和40年代に入って主力銘柄を「ひまわり」に転換。46年の愛媛進出などで販路が県外に伸び、「高知」ブランドを卒業、社名も「ひまわり乳業(株)」と改めた。

48年には土佐市の南海乳業(株)と合併し、「ひまわり南海乳業(株)」の名乗りへ。上掲(3)番瓶が、ちょうどその時代。正確な時期は判然としないが、「高知牛乳」銘は200cc移行期の昭和45〜46年を境に廃止されたようだ。

商号は最終的に、再び「ひまわり乳業(株)」に戻る。高知市の本社工場を閉鎖した昭和56年前後、要冷蔵に“10℃以下”を併記した(4)番が該当世代だろう。

◆掲載瓶・現行ビン製品について

ひまわり過去瓶装には、常に男の子と女の子の2種が存在。中身の区別なく同時流通した。ひまわり(1)番瓶にも、対を成す女の子バージョンがあったと思う。

続く3本のひまわり200cc瓶は、「高知牛乳食品」時代の男の子、「ひまわり南海乳業」時代の女の子、「第二次ひまわり乳業」時代の男の子版だ。

翻ってカップリング瓶を極めた高知牛乳、一家四人が仲良く揃うデザインを筆頭に、可愛い絵柄・大胆なレタリングが多く、変遷が楽しい。時節柄、簡素なプリントや無地瓶の採用も致し方ないところ、現行ビンの一部には、かつての愉快な味・遊び心が垣間見える。

― 関連情報 ―
ひまわり乳業・南国工場の紙栓(1) (2) (3) (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)
同・紙栓 (牛乳キャップとは) / ひまわり乳業のパック製品 (愛しの牛乳パック)
高知牛乳の受箱 (牛乳箱を訪ねて) / ひまわり南海乳業の受箱 (牛乳トラベラー)
ひまわり乳業 (きぐるみ日記) / 高知にて (やまけんの出張食い倒れ日記)


創業> 大正11年、吉澤牧場として
昭09> 吉澤八洲夫/高知県土佐郡秦村
昭10> 秦村は高知市に編入される
設立> 昭和21年、土佐乳業(株)として
昭24> 高知牛乳食品(株)へ改称
昭31> 高知牛乳食品(株)・吉沢八洲夫/高知県高知市南与力町7
昭34〜42> 高知牛乳食品(株)/同上
昭43〜46> 同上/高知県高知市本与力町7
昭46> ひまわり乳業(株)へ改称
昭47> ひまわり乳業(株)/高知県高知市南与力町7
昭48> 南海乳業(株)と合併、ひまわり南海乳業(株)となる
昭48〜50> ひまわり南海乳業(株)/同上
昭51〜53> 同上/高知県高知市与力町3-10
昭56> 高知市の本社工場は閉鎖 ※同時期に「ひまわり乳業」へ再改称
昭56〜平13> ひまわり乳業(株)南国工場/高知県南国市物部272-1
平21> 本社機能を南国工場へ集約移転
電話帳掲載> ひまわり乳業(株)/同上
公式サイト> http://www.himawarimilk.co.jp/

※分工場所在地は割愛(現在の製造拠点は本社を置く南国工場のみ)

処理業者名と所在地は、牛乳新聞社「大日本牛乳史」・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成26年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業