組合牛乳(剣淵農協)組合牛乳(剣淵農協)

(記事下段)

組合牛乳(剣淵農協)

剣淵農業協同組合
北海道上川郡剣淵村1633
石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜後期

「組合牛乳」は全国的に多い商品名。かつて市町村単位で存在した農協(酪農組合)が好んで採用した銘柄だ。弊サイトの実例は下記の通り。掲載瓶は北海道の骨董屋さんより入手、ご当地のメーカーだろうと思うが、出自は判然としない。

クミアイ牛乳 (北海道・三笠組合ミルクプラント)
組合牛乳 (山形・大谷農協/朝日町酪農協)
クミアイ牛乳 (福島・西白河酪農協)
クミアイ牛乳 (静岡・静岡経済連)
組合牛乳 (宮崎・延岡酪農協)

団体呼称・住所・電話番号ほか未標示の組合系牛乳瓶は、身元確認が急に難しくなる。酪農王国・北海道には無数の組織があったので尚更だ。今のところ、いくつかの手掛かりから、暫定的に剣淵農協さんの瓶装と推測している。

大手紙器加工メーカーの資料室に、昭和30年代初期に使われた
剣淵農協さんの牛乳キャップがあり、「組合牛乳」銘での出荷を確認できた。

[剣淵農協三十年史](昭和54年)に「市乳びん詰」作業風景の写真掲載があり、
不鮮明に写り込んでいる牛乳瓶のデザインが、掲載品と似ている。

キャップコレクター諸氏のサイトで道内メーカーの古い紙栓を眺める限り、
掲載瓶のロゴタイプ・牛のイラストに合致する同銘製品は見つからない。

◆剣淵農協の市乳事業の経過

剣淵農業会が昭和20年頃、酪農部門を作って生乳生産に着手。農協に改組後の30年代に共販事業・一元集荷を本格化。原料乳を雪印乳業森永乳業に卸す一方で、昭和35年前後に独自ブランド「組合牛乳」の直売を始めた。

しかし道内の酪農乳業は再編・大規模化に向かう。昭和43年、自工場を閉じ、飲用乳の処理は士別市・士別農協ミルクプラント(ホクレン牛乳)に委託。次いで50年、集乳施設の運用もホクレン農協連に移管。この頃までに「組合牛乳」は終息したようだ。


■剣淵農協
昭09> 保証責任 剣淵信用購買販売組合が発足
昭19> 戦時統制を受け、剣淵村農業会となる

設立> 昭和23年、剣淵農業協同組合として
市乳事業開始> 昭和30年代中期
昭36〜43> 剣淵農業協同組合/北海道上川郡剣淵村1633
                    ※剣淵村は昭和37年に町制施行している
平16> 周辺5組合と合併し、北ひびき農業協同組合となる
電話帳掲載> JA北ひびき・剣淵基幹支所/北海道上川郡剣淵町仲町36-5
自家処理撤退> 昭和43年、士別農協への製造委託による
独自銘柄廃止> 昭和43〜50年頃?
公式サイト> http://www.ja-kitahibiki.or.jp/ (北ひびき農協)

■士別農協
設立> 昭和23年、士別農業協同組合として
市乳事業開始> 不明ながら昭和42年頃 ※「ホクレン牛乳」銘の商い
昭43〜53> 士別農業協同組合/北海道士別市大通リ北8
昭55> くみあい乳業(株)の設立に参画、自工場を閉鎖
昭63> 士別農協は5組合と合併し、士別市農業協同組合となる
平16> 士別市農協は5組合と合併し、北ひびき農業協同組合となる

電話帳掲載> JA北ひびき本所・士別基幹支所/北海道士別市西1条8
工場閉鎖> 昭和54年前後

処理業者名と所在地は、食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業