クミアイ牛乳(西白河酪農)クミアイ牛乳(西白河酪農) クミアイ牛乳 (コップ)
クミアイ牛乳 (西白河酪農)

西白河酪農業協同組合
福島県白河市昭和町95
ユニオン硝子工業製・正200cc側面陽刻
昭和45〜51年頃
クミアイ牛乳 (コップ)

西白河酪農業協同組合
福島県白河市昭和町95
東洋ガラス製
昭和40年代

戦後、約25年間に渡って商われた、県中部の農系ローカル銘柄。主要な事業は他社への生乳出荷だったが、掲載の「クミアイ牛乳」も独自展開。一帯の学乳・市販ルートに相応のシェアを得て、最盛期は日量1万5千本に達した。

昭和51年、業界要請に応じ、市乳処理を福島県酪連(酪王牛乳)に移管、ミルクプラント経営より撤退。平成12年の合併で、組合も発展的解消に至る。

◆白河酪農協の源流・往年の3組合

かつて当地方の乳牛は、搾乳業者(牛乳屋さん)の飼養と、その育成預託に限られ、いわゆる酪農は低調だった。転機は昭和23年。戦前の農業会時代から続く、県南農村工業農協連の食品工場(昭和町・県南工場)が、市乳製造に着手したこと。

農協連は北海道・山形の乳牛67頭を移入し、周辺農家に貸し付け。牛を入れた農家有志は間もなく生乳出荷団体・白河方部酪農組合を結成した。

同じ頃、西白河郡矢吹町では、日本酪農講習所(のち全酪連矢吹研修所)の奨励を受け、矢吹方部酪農協が発足。さらに昭和26年、西郷村農協も岩手の乳牛50頭を迎えて畜産振興に臨み、翌年に西郷村酪農協を別途設立した。

◆「クミアイ牛乳」の創始と各団体の糾合

県南工場は戦中戦後、食糧難の折柄に、製粉・製麺(海宝麺)・製パン・牛乳・乳製品(生クリーム・バター)などを手掛けたが、栄養事情の好転につれ、徐々に業務を縮小。昭和26年、県経済連が農協連を吸収し、ついに牛乳部門も閉鎖された。

この際、農協連に依存する白河方部酪農組合は単体存立が難しく、矢吹方部酪農協への合流を決定。両者合併により、西白河酪農業協同組合を新設。

組合員・集乳量ともに充実の昭和27年、西白河酪農協は西郷村酪農協と手を組む。旧農協連の貸付牛や、県南工場の牛乳処理施設を買い取り、共同市乳事業(クミアイ牛乳)を開始。同31年、西郷村酪農協が西白河に合併、一体化した。

◆諸事業の発展・森永工場の併設

西白河酪農協は中央政策・酪農振興法の波に乗り、阿武隈河上流集約酪農地域の中核を担う。ただし生乳の大半は他社(森永乳業福島工場、守山乳業那須工場)への卸し。自家処理・直売は地元の給食・市販需要を満たすに留まった。

昭和30年代、工場には森永乳業・白河工場の名義が加わる。森永は設備増強のうえ、京浜方面の自社ミルクプラントへ送乳。中継基地の役割も帯びた。

◆県下プラント集約の動き・酪王牛乳への糾合

生産者団体・地場メーカーとして順調に伸びた組合も、やがて厳しい時代の流れに直面。大資本の寡占進行と酪農不況で、中小が次々淘汰されるなか、現状維持も発展も見込めず、より大きな事業母体にすべきと、団結の気運が高まる。

昭和48年、県下の御木沢農協(三春牛乳)、会津酪農協(会酪牛乳)、川内村農協(農協牛乳)と、生産拠点の集約に合意。同51年、処理施設・営業権を県酪連に移管、同・白河工場に変わって、「クミアイ牛乳」は廃止された。

◆組合解散・直営牧場はサイゼリヤの野菜畑に

以降の西白河酪農協さんは、原料乳出荷および統一銘柄「酪王」のセールスに注力。平成12年に至って、福島県酪農協が吸収合併した。組合直営の「白河高原牧場」が大赤字で合併の障害だったが、その売却話がまとまり事なきを得ている。

牧場は農用地に転換。現在はイタリアンレストラン「サイゼリヤ」の関連会社、(有)白河高原農場の運営。広大な土地にレタスやトマト、ハーブ、米の栽培を行う。

◆掲載びん・白河だるまについて

掲載は晩年の200cc瓶装。伝統の縁起物・白河だるまを親子のように2つ並べた郷土色豊かなデザイン。三春牛乳は三春駒、会酪牛乳は首ふり赤べこ。福島県酪連・乳業部(酪王)の基盤4組合のうち、3者が地元工芸品のイラストを採用している。

となれば、未だ見ない川内村農協さんの牛乳瓶が気になるが…こちらは日量600本の小規模な工場。なおかつ昭和49〜50年にかけて三春牛乳に先行統合されており、廃止時期が最も早い。現品回収は困難だろうと思われる。

― 関連情報 ―
これからもここで野菜を作ります (日経ビジネスオンライン)
お初の記事です (農民のつぶやき) ※白河高原農場の経営者さんによるブログ


設立> 昭和24年、矢吹方部酪農業協同組合として
昭26> 矢吹方部酪農協は白河方部酪農組合と合併し、西白河酪農協となる
昭27> 西郷村酪農協との共同経営で市乳事業を開始、同31年に吸収合併

昭31> 西白河酪農協 市乳処理場・藤井英由/福島県白河市昭和町91
昭34> 西白河酪農協 牛乳処理場/福島県白河市昭和町95
昭36> 同上/福島県白河市昭和町99
昭39〜51> 西白河酪農業協同組合/福島県白河市昭和町95
昭51> 市乳処理を福島県酪連(酪王)に統合、同・白河工場となる
昭52〜56> 福島県酪連 白河工場/同上
                     ※昭和54年に工場閉鎖も、名簿上は数年残存
                     ※県酪連は跡地に「県南営業所・白河出張所(白河支所)」を運用(のち閉鎖)

平09> 西白河酪農協は酪王の管内販売を県酪に移管、市乳事業から完全撤退
平12> 西白河酪農協は福島県酪農協に合流・合併
          福島県酪農協は県酪連より全権を継承・地域単一の酪農協となる

電話帳掲載> 西白河酪農業協同組合/同上 ※当時
自家処理撤退・独自銘柄廃止> 昭和51年
公式サイト> 西白河酪農協としては未確認

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成24年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業