組合牛乳組合牛乳組合牛乳
組合牛乳

大谷村農業協同組合/朝日町酪農農業協同組合
山形県西村山郡朝日町大谷1508
大和硝子製・正180ml側面陽刻
昭和30年代中期

戦後に5〜6年ほど商われた、県央の農系ブランド。昭和35年、市乳・製酪事業を森永乳業へ売却。同社系列に入り、独自銘柄での直売を廃止した。

過去の牛乳工場名簿には「大谷牛乳(大谷村農協)」と「朝日牛乳(朝日町酪農農協)」が各個別に載っているが、名義が違うだけで住所は同じ。実態は農協と、その傘下酪農組合による共同運営のミルクプラント(組合牛乳)だったようだ。

◆大谷村農協と朝日町酪農農協

村農協は戦時の農業会を母体として、昭和23年に設立。間もなく練乳・バター製造に乗り出す。次いで26年、恐らく組合の牛飼い有志一同が、酪農部門である朝日町酪農農協を発足。同根の2団体、互助体制のもと事業を進めた。

昭和30年前後に市乳処理へ着手。県畜産史上には「昭和30年度・西村山郡の朝日町酪農が牛乳処理及び牛乳冷却装置を設置」と言及されている。

こうした流れで、町の各所に牛飼いが増えた。一帯は村山最上集約酪農地域指定(30年)、酪農主産地形成指定(37年)の行政支援にも与かり、乳牛飼養が盛んになっていく。

◆森永乳業による市乳事業の買収

昭和35年、森永乳業のグループ会社・福岡県の昭和牛乳(株)が、朝日町酪農農協(大谷農協)の市乳事業一切を買収。組合の処理場は同・朝日工場に転換した。

当時、森永は山形の拠点確保に邁進。地場中堅・日本製乳(株)の経営権も取得。さらに東置賜郡北部酪農農協と米沢酪農農協の製販部門を吸収。森永の進出に応じ、置賜および県南酪農農協は自工場を縮小。ローカル銘柄の消滅が相次いだ。

◆大谷と朝日・2組合の去就

市乳事業の譲渡後も、大谷農協は生産者団体として存続。統合改称(50年・朝日町農協⇒60年・山形朝日農協)を経て、平成6年に広域合併。現在のさがえ西村山農協となる。

朝日町酪農農協さんも運営を続行。乳業経営は大資本に任せ、原料乳出荷に専念。昭和30年代末に組合員の乳牛飼養は400頭を超え、なお60年代まで活動した。その後、解散ないしは周辺団体に合流したらしく、同名の組織は現存しない。

◆事業規模・商い銘柄の共有について

昭和牛乳・朝日工場の昭和37年月産平均は、牛乳(一合瓶換算)36万本、ヨーグルト(90cc瓶換算)3千本、バター36kg、練乳300缶。組合時代の実績が分からず比較できないが、森永資本の投下で相当に伸びた数字だろう。

名簿掲載(大谷牛乳/朝日牛乳)は別々ながら、かつて「組合牛乳」が両者共有の銘柄・瓶装だったと思う。農協販路は地元に限られたはずで、商標を分ける理由がない。当時の牛乳キャップを確認したいところ、短命のブランドゆえ残存は期待薄だ。


■大谷村農協
設立> 昭和23年、大谷村農業協同組合として
昭26> 大谷村農業協同組合/山形県西村山郡大谷村大谷 ※バター工場
昭29> 同上/山形県西村山郡大谷村1508 ※練乳・バター工場
昭29> 大谷村は周辺町村と合併し、朝日町となる ※同時期に大谷農協へ改称
昭31〜33> 同上/山形県西村山郡朝日町字大谷
昭34〜36> 大谷牛乳/同上 ※昭和35年、昭和牛乳へ事業譲渡
昭50> 大谷農協は2農協と合併し、朝日町農協となる
昭60> 朝日町農協は山形朝日農協に改称
平06> 山形朝日農協は4農協と合併し、さがえ西村山農協となる

電話帳掲載> さがえ西村山農協(本所)/山形県寒河江市中央工業団地75
公式サイト> http://www.ic-net.or.jp/home/jasagae/ (JAさがえ西村山)

■朝日町酪農農協
設立> 昭和26年頃、大谷村酪農農業協同組合として ※団体名推定
昭29> 大谷村は周辺町村と合併し、朝日町となる ※同時期に朝日町酪農農協へ改称
市乳事業開始> 昭和30〜31年頃
昭34> 朝日牛乳/山形県西村山郡朝日町大字大谷
昭35> 昭和牛乳(株)に買収され、同・朝日工場に転換
昭36> 同上 ※経営交代を反映せず
昭37> 昭和牛乳(株)朝日工場・内野久雄/山形県西村山郡朝日町大字大谷1508
独自銘柄廃止> 昭和35年頃
工場閉鎖> 昭和38年前後?
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、[日本乳業年鑑]・日本食糧新聞社 [食糧年鑑 昭和29年版]・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・[食糧年鑑]・[山形県年鑑]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業