ホモ牛乳/ホモジ(ホモゲ)ナイズ/均質牛乳とは


            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !  いいこと思いついた。
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |     お前、牛乳の脂肪球を粉砕しろ。
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

<ホモ牛乳の概要>

森永ホモ牛乳…同性愛者のミルク?」「名糖ホモビタ牛乳…しかもビタビタ?」ゲロ牛乳同様、その商品名が奇妙な連想を招く牛乳の一種。戦後、森永乳業が大々的に売り出した時、こういったイメージは存在しなかった。

「ホモ」は【homogenized】(ホモゲナイズド、ホモジナイズド)の勝手な略で、「均質化」の意。もともと搾りたての牛乳は脂肪分が固まっており、上部に浮いてクリーム層を成す。このままだと飲みにくい、上下で成分・風味が異なる。脂が絡んで大量生産に不向き…。

そこで均質化だ。処理を行うことをホモジニゼイション、処理する機械はホモジナイザー、処理後の牛乳がホモジナイズドミルク、処理しないで売るのがノンホモ(ジナイズド)ミルク、という塩梅。

<ホモを巡る争い>

ひたすら掻き混ぜると思いきや、実際は高圧ポンプ、近年は超音波も用いる。原乳を超極細のパイプへ押し通し、ズバズバ噴出。あるいは超音波でビリビリして、脂肪球を徹底粉砕だ。

均質化すると「粒子が細かいため消化吸収に良い」と言う。一方で「胃腸に長く留まるノンホモは多くの栄養を吸収できる」とも。また「均質化で風味・喉越し良好」のメリットに対し、「脂肪分が空気に触れ酸化が進む。有害物質生成の危険」のデメリットが叫ばれる。

じゃあ一体どっちがいいんだ、と苛立つのは早い。ホモ・ノンホモと一緒に語られることの多い「殺菌温度」議論の紛糾は均質化是非論争以上の泥沼で、恐るべき亜空間と化しているのだ。

<ケーススタディ〜無難な対応>

◆食生活に一家言ある方に対して

やっぱり牛乳は、ノンホモ・低温殺菌が一番うまい!自然に最も近い形で味わうのが、当たり前のスタイル。大手の超高温殺菌・ホモホモ牛乳なんて、まやかし・まがいものですよ!

◆自分がスーパーで買うとき

高温殺菌の味も別に悪くないし、だいたい牛乳を殆ど飲まないから、どうでもいいや!
(で、結局牛乳を買わない。ひどい)

…というのは極端な例にしても、残念ながら大半の一般市民にとって、生乳の処理方法のアレコレが、決して興味をそそられる話題でないことは確か…だろう。

<ホモホモ今昔物語>

日本で導入が本格化した昭和30年代にはイケイケの最先端テクノロジーで、均質処理がひとつの売りになった。森永乳業は「ホモ」の略称を乳製品分野で商標登録し、「ホモ牛乳」の名を独占、怒涛の宣伝・営業攻勢を仕掛けていく。

森永ホモ牛乳の店頭看板(昭和30年代後期)

後追いに奔走した諸メーカーは、仕方なくホモゲ牛乳ホモジ牛乳均質牛乳完全均質といった呼称に頼らざるを得なかった。

諸論あれど現在、市販品はホモ牛乳が大半を占める。加工技術的には陳腐化し、それを強調する所は少ない。ホモちゃんでお馴染みの森永乳業も、森永のおいしいホモ牛乳とは命名しないわけである。

錆びながら残るスポンサーベンチやホーロー看板、名前を変えず、あくまで「○○ホモ牛乳」を売り続ける会社…戦争を知らない子供たちの目に触れたとき、既に「ホモ」は同性愛者を意味する時代だった。


画像左:森永ホモ牛乳の店頭看板(昭和30年代後期)

同性愛者を(侮蔑的なニュアンスを込めて)「ホモ」と呼び始めたのは、いつ頃なのか?昭和50〜60年代、「ホモ」「均質」を冠する乳製品は劇的に減った。それが当然になったのに加え、「ホモ」に想定外の意味が浸透したことも、無縁ではなさそうだ。



漂流乳業