會津ミルクプラント會津ミルクプラント
会津ミルクプラントの電話帳広告(昭和42年)
画像上:会津ミルクプラントの電話帳広告(昭和42年)…森永牛乳販売店を名乗っている。
會津ミルクプラント

會津ミルクプラント
福島県会津若松市栄町2-127
石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代初期〜中期

戦後の会津若松市域において、いち早く先進的な乳業経営に臨んだと伝わる、往年のトップメーカー。詳しい業態の遷移は不詳ながら、恐らく昭和30年代半ばに森永乳業と特約店契約を結び、掲載の自社ブランドとともに取り次ぎ・併売へ着手。

のち昭和43〜44年頃には処理工場を閉じ、森永専売に移行、独自銘柄は消滅に至っている。前後して創始・赤城家は一線から退き、経営は遠藤次兵衛氏に交代?したようだ。

◆天敵不在で中小乳業が林立

界隈は多数の消費人口を抱えながら、大手の進出が遅れた空白地帯。結果的に、地場資本のミルクプラントが隆盛を極める。昭和33年当時、福島県下に操業の96軒中、およそ3割を会津エリアの中小乳業が占めたという。

市内栄町だけに限っても、本項の会津ミルクプラントさんのほか、会津酪農協会津厚生舎星ミルクプラントさんらが処理場を運用し、各社しのぎを削った様子がうかがえる。

◆「ミルクプラント」の商号について

掲載は賑やかなデザインが愉しい、過去流通のオリジナル瓶。「ミルクプラント」という呼称が全国に普及するのは昭和初期、内務省「牛乳営業取締規則」の改正後。衛生管理を細かく定めた法令で、近代的な市乳処理施設の代名詞だった。

とりわけ東北地方で屋号・商号への採用が目立つ。福島では昭和30年代中期、半数近くの乳業が○○ミルクプラントの看板を掲げていた。県外にはちょっとない高率と思う。そんな命名トレンドや、行政側の推奨があったのかも知れない。


創業> 不明ながら戦後?
昭31> 会津ミルクプラント・赤城賢一郎/福島県会津若松市栄町2-127
昭34〜42> 会津ミルクプラント/同上
                 ※昭和40年、栄町の再編で一部が東栄町となったが未反映
昭43> 会津ミルクプラント・赤城和子/福島県会津若松市東栄町5-14
電話帳掲載> 会津ミルクプラント/同上 ※昭和46年時点
自家処理撤退・独自銘柄廃止> 昭和43〜44年頃?
廃業> 昭和40年代後期?
公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・[福島民報年鑑]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業