三井牛乳三井牛乳

「日東紅茶」の三井農林は戦後、北海道と東京にミルクプラントを運営、「三井牛乳」を商った。製酪への着手は大正時代まで遡る。

東京側は長らく三井不動産の所管。昭和37年に共同出資で三井農林乳業を立ち上げ。同系ながら両拠点の経営・沿革はだいぶ違う。

本項は北海道⇒東京の順にその歴史を纏めた。財閥発祥の乳業には三菱資本の小岩井牛乳、住友金属の扶桑牛乳などもある。

三井牛乳

三井農林(株)
北海道斜里郡斜里町朝日町10
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期

北海道・斜里町における開拓、三井農林による乳業経営

◆三井グループの北海道大開拓

三井資本が斜里の大地に投下されたのは明治末期。東京ドーム770個分・広大な未開墾地を、三井合名会社が北海道庁より取得。同社農林課主導のもと(のち農林課が独立して三井農林)、農業機械と開拓者を入れて山林・畑作経営に臨んだ。

◆乳牛導入・酪農経営の始まり

当初、ウシは貨物運搬の役牛のみ。大正10年頃にエアシャー種を加え、乳牛飼育の試みが始まる。材木伐採・農場整備がひと段落した同15年、畜産事業部と製酪工場を設け、バターの製造を開始。ホルスタイン系の移入に転じ、種牛の改良も行った。

ゆえに当地の酪農は三井農場の創始によるが、昭和13年以降は北海道製酪販売組合連合会(雪印乳業)も積極進出。朱内・以久科・川上など周辺僻地に根を張る。斜里は三井と雪印、両巨頭の基盤構築に支えられたエリアだった。

◆戦後の酪農事情・三井牛乳の売り出し

戦後は餌不足と低乳価で落伍者が続出、町域の飼養頭数は半減。当局の振興策や有志の組合結成で挽回を図り、昭和28年、全国的な酪農ブームを迎えて完全復活。

この頃は明治乳業森永乳業も内地の需要増に原料不足を来し、乳を求めて北海道の主要な酪農地帯へ突撃乱入、乳業界は大盛況。三井農場でも集落内の加工場は生産限界に達したため、28年に朝日町へ乳製品工場を新設した。

31年、そこに市乳処理の設備を据えて「三井牛乳」が誕生。斜里・清里・小清水の各町で販売、学校給食も手掛けた。

◆三井農林の乳製品の展開と撤退

牛乳は地元中心の日配に限られたが、三井バターや三井チーズ、加糖脱脂練乳は、9割がたを東京市場へ出荷。

昭和29年から三越ほか都内デパートにバターを卸し、特売を仕掛けて他社製品を圧倒する時期もあったという。

画像右:純良特選・三越バター(三井農林OEM)のパッケージ(昭和30年代中期)

純良特選・三越バター(三井農林OEM)のパッケージ(昭和30年代中期)

朝日町に出来た三井農林の新工場は、雪印の集乳地盤を侵し、斜里の酪農民は真っ二つ。双方の生乳出荷団体は、派閥防衛と切り崩し工作に奔走。軋轢・競争状態が刺激となって、斜里町内の乳牛は昭和35年、1,000頭に達する。

その後の市況変化を受け、昭和49年に三井農林は市乳事業から撤退、工場を閉鎖。地元の酪農組織は雪印系列の斜里町酪農振興会へ一本化の顛末を辿った。

◆掲載瓶・三井の社章などについて

掲載瓶は北海道側の残存品。初期の広告欄には「三井バター」のバリエーションもあっただろう。しかし農場が誇る伝統のバターは採算が取れず、昭和39年に加工を大幅に抑制。後年実績は需要の急増したチーズ類の占める割合が高かった。

東京側の瓶装は未確認だが、紙栓は牛乳キャップコレクター諸氏が多数捕捉。瓶と同じ「丸に井げた三文字」の社章をあしらう、ちょっと大げさな感じが面白い。

― 関連情報 ―
斜里農業の歴史 / 迎賓館、三井農林旧従業員寮 (斜里歴史散歩)
三井の斜里開墾から100年 (三井広報委員会)


東京・世田谷における自家牧場⇒府中市に三井農林乳業の設立

◆三井家専用の三井牧場

堂々たる「三井牛乳」の原点は、大正7年、東京・世田谷に開かれた三井牧場(下高井戸牧場)だ。イギリスから輸入したジャージー種8頭を繋ぎ特別牛乳を生産。近郊に住む財閥一族の自家用、三井家お抱えの牧場で、なんとも豪儀な話。

当時は世界各国の果樹や高級花卉の栽培・育種を行う三井園芸試験場(戸越農園)も運営、三井の家勢を誇る先駆的事業だった。しかし牧場・農園は案の定と言うべきか赤字続き。三井合名会社は維持管理に苦慮していた。

三井総元方も戦時は巨大グループの再編と経費節減を断行せざるを得ず、昭和16年、三井合名会社・不動産課を分離独立した三井不動産(株)へ両事業を移す。

◆戦後間もなく三井牛乳の売り出し

三井不動産は下高井戸牧場の収支改善を検討。昭和22年、乳量に劣るジャージー種を廃し、ホルスタイン系に転換。牛乳処理施設を増強のうえ、23年、市販に着手。一般に「三井牛乳」のブランドが確立したのはこの頃になるようだ。

昭和30年代初期までは、前記の特別牛乳に分類される高品質な市乳製造を続け、界隈に異彩を放つ。商売は軌道に乗り、増産に次ぐ増産、とはいえ本業は不動産。実質運営は三井農林に丸投げ、常に落とし所を探っていたと思う。

◆三井農林乳業の設立

昭和37年、三井不動産は三井農林と折半出資で三井農林乳業(株)を設立。世田谷の牧場は閉鎖、府中市に新工場を作って三井牛乳の諸事業をバトンタッチ。業容拡大、都心部の宅地化を受け、郊外転出を迫られた事情もありそうだ。

翌年には明治乳業と業務提携。生産請負かつ特約店契約を結び、明治ブランドの牛乳・アイスクリームのセールスを行った。三井グループの持つ米販店組合の販売網、3,600軒に及ぶ地域のお米屋さんを宅配・小売網に編成した記録が残る。

◆三井資本は撤退・森永系列へ

明治との二人三脚がいつまで続いたか良く分からない。自らの三井牛乳について、少なくとも一時期、東京では限定的な扱いだった様子を窺える。一般小売・家庭宅配は明治ブランド、学校など集団飲用は三井ブランド、といった併売の体制か。

のち明治はフェードアウト。昭和58年に三井農林乳業は森永傘下入り、幾度かの改称を経て平成10年、廃業・解散に至る。三井銘は合流初期に消滅も、学校給食用向けに新規の独自銘柄・東京牛乳をラインナップ、晩年の商いを飾っていた。

― 関連情報 ―
鹿島の軌跡 第15回 三井高井戸牧場 (鹿島建設)


明44> 三井物産(株)が斜里町に事業地を取得、三井合名会社へ譲渡
大02> 三井合名会社・農林課が斜里の開墾を開始
大15> 農場集落に斜里製酪工場(バター工場)を開設

昭11> 三井合名会社・農林課は分離独立、日東拓殖農林(株)となる
             ※農場資産一切は日東拓殖農林の所管となる
昭17> 日東拓殖農林は三井農林(株)へ改称
             ※戦後一時期は日東農林(株)となるが、27年に復名

昭22> 三井農林(株)斜里農場・宮本行雄/北海道斜里郡斜里町三井 ※バター工場
昭24> 三井農林(株)斜里農場製酪工場・有馬敏郎
           /北海道斜里郡斜里町字三井斜里原野735 ※同上
昭26> 日東農林(株)斜里工場/北海道斜里郡斜里町三井 ※同上
昭28> 朝日町に乳製品工場を新設
昭31> 工場設備を増強・北海道側の市乳事業開始

昭31> 三井農林(株)・赤座寿雄/北海道斜里郡斜里町朝日町
昭34> 朝日町の拠点に三井チーズ工場を増設
昭34〜47> 三井農林(株)/北海道斜里郡斜里町朝日町10
電話帳掲載> 三井農林(株)斜里事務所/北海道斜里郡斜里町字三井184-2
工場閉鎖・独自銘柄廃止> 昭和49年
公式サイト> http://www.mitsui-norin.co.jp/

※森永系列に入った東京の工場・「東京牛乳」の展開は東京牛乳の項に詳述

処理業者名と所在地は、[全国工場通覧]・日本乳製品協会 [日本乳業年鑑]・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業