中部牛乳 (1)中部牛乳 (1) 中部牛乳 (2)中部牛乳 (2)
中部牛乳 (1)

中部乳業(株)
愛知県岡崎市明大寺町字天白前45
東洋硝子製・正180cc側面陽刻
昭和40年代初期
中部牛乳 (2)

中部乳業(株)
愛知県岡崎市明大寺町字天白前45
石塚硝子製・正200cc側面陽刻
200cc移行後〜昭和50年代

岡崎市を中心とする西三河エリア一帯に、学校給食や店頭小売で親しまれた往年のローカル銘柄。平成23年、再編合理化で製乳部門を閉鎖、関係事業は名古屋牛乳へ譲渡、「中部」銘は消滅。牧場創始より100年の歴史に幕を下ろした。

平成12年頃にビン詰めは廃止されており、掲載のような印刷瓶装は無くなって久しい。学乳向けの「標語瓶」を、特集-学校給食専用瓶の別項に載せている。

◆創始・市川牧場と同業組合

ルーツは明治45年、市川清二氏が額田郡岩津村(現・岡崎市岩津町)に拓いた市川牧場の搾乳販売に遡る。都市部を離れた貧しい集落は乳幼児の死亡率が高く、母乳に代わる確かな栄養を届けたい…との想いで始めた仕事という。

昭和8年には市川氏のもと、周辺郡部の同業者10名が手を組み、協業体を形成。戦後、これが岡崎牛乳共同処理場組合へ発展。連帯の気運は近在の幸田酪農、上和田酪農ほか農系諸団体に波及、中部酪農農業協同組合の結成も促した。

母体は老舗メーカー集団の色濃く、世情落ち着き、食生活の変化から乳業界に商機が訪れると、新乳館牛乳や岡崎ミルク(ユニオンミルク)、本田牧場(本多ミルク)さんらは共同処理を離脱。各社自営工場を設け、独自の商いに進む一幕もあった。

◆中部乳業(株)の成立

岡崎牛乳の商圏には、戦前に進出した明治乳業が安城工場を構えており、地元の弱小資本が対抗するには、規模拡大が必須の情勢だった。

時期不詳ながら昭和20年代末、挙母町、幡豆郡、碧海郡、蒲郡市域に営業のローカルメーカー多数が団結、岡崎牛乳組合を筆頭に中部乳業協同組合を創立。市乳処理工場を新設のうえ、統一ブランド「中部牛乳」の売り出しを始めていく。

販売量の増加にともなって昭和39年に中部乳業(株)を興し、企業経営に移行。のち平成期の撤退まで西三河エリアに牛乳・乳製品を供給し続けた。

◆特別牛乳で名を馳せる

中部乳業の販路は県内に限られたものの、全国で5社前後しか取り扱っていない種類別・特別牛乳を製造していたことから、しばしばお名前を見掛ける機会があった。

本邦唯一の無殺菌牛乳を手掛ける、北海道・想いやり牛乳さんなどが該当の、贅沢な逸品。生産工程に手間ひまを要し、普通はやれない・やらないアイテムだ。

しかして中部特別牛乳は平成19年に生産中止、直営牧場と専用プラントは解体に至る。滋養豊富を持て囃した時代は既に遠く、健康志向の高まる世相にあって、高脂肪(4%以上)を旨とする牛乳は却って不人気商品となってしまったらしい。

◆うなぎ・しらす干しで名を馳せる

近年は牛乳処理の衛生管理・殺菌ノウハウを活かして多角化が進んだ。鰻の肝串焼き・しらす干し・生八つ橋の製造、また自らうなぎの三河屋を営み、多彩かつ独創的な展開が耳目を集める。特にしらす干しの殺菌は水産業界の評価も高いそうだ。

中部乳業が殺菌技術応用、しらす加工業に参入 (中部経済新聞)
岡崎商工会議所会報2008・12月号 中部乳業(株) (岡崎商工会議所)

◆市乳処理事業からの撤退

いっぽう、本業の牛乳は販売量下落、市場価格の低迷、原料高騰、消費者の嗜好変化など厳しい環境を打破できず苦戦、平成23年に処理撤退を決す。

乳製品をほとんど作っていなかった弊社では、他社の乳業メーカーに負けない為に、徹底的に牛乳の風味を大切にしてきた自負があります。

65℃30分殺菌の低温殺菌牛乳
72℃15秒殺菌の高温短時間殺菌牛乳
130℃2秒殺菌の超高温短時間殺菌牛乳と
狭い工場ながら3温度帯の牛乳をお客様のニーズに合わせて供給してきました。

昨今の牛乳離れ、牛乳の販売価格の下落、成分調整牛乳の台頭…当社のような牛乳屋には猛烈な逆風が10年以上続き、ついに幕引きを決断せざるを得ない状況になってしまいました。

(⇒牛乳製造終了いたしました/社員の方による非公式ブログ 2011/01/30)

「中部牛乳」は無くなったが、他社ブランドの卸しは続行。平成26年、乳販部門を中部牛乳(株)へ集約、惣菜・和菓子作りと飲食店経営は(株)三河屋へ。業種に応じた分社化で、中部乳業(株)は解散。50年来の商号にピリオドを打つ。

なお、原料乳供給を支えた中部酪農農協は、平成12年に県下10組合と統合済み。今は愛知県酪農農業協同組合(岡崎支所)に機能を移している。

― 参考情報 ―
「牛乳」と「うな重」と…さらに「シラス干し」 (社員の方による非公式ブログ)
中部乳業のパック製品 (愛しの牛乳パック) / 中部牛乳200mlパック (牛乳トラベラー)
中部乳業の紙栓 (牛乳キャップとは) / 同・紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ )


創業> 明治45年、市川牧場として
昭08> 市川牧場を中心に地元の搾乳業者さんらが協業・合流
昭09> 岡崎牛乳搾取組合/愛知県岡崎市中町
          市川清二/愛知県額田郡岩津村大字大樹寺
          ※岩津村は昭和3年に町制施行、同30年には岡崎市へ編入される
昭22〜25頃> 戦前の協業体をもとに岡崎牛乳共同処理場組合を設立
                    また、地元酪農組合も加わった中部酪農農協が発足
昭26〜30頃> 共同処理場に周辺同業者が合流、中部乳業協同組合となる

昭31> 中部乳業協組 岡崎工場・羽田野与一/愛知県岡崎市明大寺町天白前
昭34〜39> 中部乳業協同組合 岡崎工場/同上
昭39> 中部乳業協は中部乳業(株)を設立
昭40〜43> 中部乳業(株)/同上
昭44〜平13> 同上/愛知県岡崎市明大寺町字天白前45
平23> 乳業施設再編合理化により市乳処理事業から撤退
平26> 中部乳業(株)は解散、中部牛乳(株)と(株)三河屋に分社化

電話帳掲載> 同上/愛知県岡崎市蓑川新町3-6-5 ※当時
自家処理撤退・独自銘柄廃止> 平成23年
公式サイト> http://www.mikawaya-chubu.jp/ (中部牛乳・三河屋)

処理業者名と所在地は、牛乳新聞社「大日本牛乳史」・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成26年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業