廣島牛乳 (1)廣島牛乳 (1) 廣島牛乳 (2)
廣島牛乳 (1)

広島県西部酪農業協同組合連合会
広島県安佐郡祇園町西原
石塚硝子製・市乳180cc底面陰刻
昭和28年頃〜30年代初期
廣島牛乳 (2)

広島県西部酪農業協同組合連合会
広島県安佐郡祇園町西原
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期

ヒロシマ牛乳 フルーツミルク(啓蒙瓶)フルーツミルク(啓蒙瓶)
ヒロシマ牛乳

広島県西部酪農業協同組合連合会
広島県安佐郡祇園町西原
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜後期
フルーツミルク (啓蒙瓶)

広島県西部酪農業協同組合連合会
広島県安佐郡祇園町西原
山村硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期

戦前に明治系のミルクプラントとして発足、幾度かの経営交代を経て昭和27年、県西部酪連・広島牛乳となった地場農系メーカー。都合20年間に渡って存立も、37年に関西酪農協同(株)(毎日牛乳)が工場と営業権を買収し、独自銘柄は消滅した。

◆前史・広島牛乳と明治牛乳

遡ること昭和11年、地元資本が宇品町に広島牛乳(株)を設立。これは明治誘致の受け皿だったのか、翌年に明治製菓(明治乳業)が広島県に進出、同社と提携を結んで系列下に置くと、16年には商号を明治牛乳(株)に改め、本格的な営業が始まった。

間もなく戦時の企業統制で、明治牛乳(株)は広島牛乳商業組合と協業。市域・周辺郡部の生乳を一手に担う集約工場の指定を受け、社名は再び広島牛乳(株)へ戻る。

昭和20年8月、原爆投下の混乱・被害により事業を休止。戦後再興に臨むが、非常時の急造体ゆえ関係者間の利害対立著しく、経営方針が全く定まらない。参加法人のひとつ、原料乳供給の要・砂谷酪農組合(サゴタニ牛乳)は嫌気して抜けてしまった。

◆河源商店から県西部酪連へ

搾乳業者(牛乳屋)、牧場主、小規模酪農家の相克は如何ともしがたく、明治乳業も匙を投げ、持ち株を売り払って経営から撤退。昭和25年、広島牛乳(株)は地元で皮革/石鹸製造・精肉業を営む河原源三郎氏・河源商店の所有に変わる。

河原氏はもともと広島牛乳の大株主、ご親族の乳業も戦前合流しており、縁の深い人だった。しかしミルクプラント運用は畑違い、特に原乳調達には苦労が絶えなかった。

昭和27年に至り、河源商店は自力操業を断念。県下およそ30の関連団体からなる広島県西部酪農業協同組合連合会が、広島牛乳(株)の資産・業務一切を継承。旧称そのまま?掲載の「廣島/ヒロシマ牛乳」を売り出していく。

広島県西部酪農協連合会(廣島牛乳)の製品広告(昭和36年)関西酪農協同・広島工場(広島毎日牛乳)の会社広告(昭和37年)
画像左:広島県西部酪農協連合会(廣島牛乳)の広告(昭和36年)…砂谷酪農さん再合流後の時代で、会長理事は久保政夫氏。写っているビンは上掲(2)番瓶。
画像右:関西酪農協同・広島工場(広島毎日牛乳)の広告(昭和37年)…市乳事業を関西酪農協同へ移譲した直後、「広島毎日牛乳」専用瓶装が登場している。

◆砂谷酪農協の合流・経営の行き詰まり

多くの酪農組合が後ろ楯につき、原料面の不安は一先ず解消。昭和32年、かつて離脱した砂谷酪農協の久保政夫氏を招聘、県西部酪連は氏を組合長に据え、祇園町西原に新工場を落成すると、のち砂谷工場の処理機械も移して設備を強化した。

併せて各地に営業所を設け鋭意拡売に努力、広島牛乳は徐々に生産量を増す。いっぽう明治乳業は県内に別途拠点を築くなど、同業大手の攻勢激しく見通しは悪化。さらに組合の会計を精査したところ、久保氏就任以前の莫大な隠れ借金が露見、万事休す。

◆毎日牛乳と事業統合・独自銘柄は消滅

近い将来に破綻は必至の情勢に直面し、急遽打開策が模索された。昭和37年、県西部酪連は臨時総会で関西酪農協同(株)との提携・事業統合案を可決。

組合は原料乳供給に専念、ミルクプラントは関西酪農へ売却、同・広島工場に転換。商い銘柄を「広島毎日牛乳」と変更…の体制に落着する。結果的にこの判断は正しかったのだろう。拠点は今なお日本酪農協同(株)広島工場として現役操業中だ。

ただ、ともすれば大企業的な方針を採る毎日側と、農民連帯の意識を人一倍強く持った久保氏はどうしても相容れず、昭和38年に砂谷酪農系は脱退。その後も県西部酪連は生乳出荷団体の責を果たし長らく存続も、平成7年に広島県酪に統合されている。

◆掲載瓶・ブランド名について

たくさんの文字が躍る賑やかな(1)番瓶が目を引く。ホモゲ(ナイズド)=均質化処理を前後で強調、時代のノリを伝える構えだ。ビタミン添加の加工乳らしいが、ラインナップ上は無調整の白牛乳に換わる扱いだったと思う。

当時は全国的な原料不足で生乳100%の展開が難しく、あれこれ混和した加工乳をメインにしたい事情に加え、ビタミンD強化を謳った大ヒット商品、森永ホモ牛乳も意識したはずだ。

「広島酪連」の略称で示され得る処理場は、ほかに県東部酪連(中国酪農協同⇒山陽乳業)と、県北部酪連がある。前者は「ニコニコ牛乳」(平成4年頃に廃止)を、昭和48年設立の後者は「げんき牛乳」(山陽乳業の製造で健在)をそれぞれ商った。

◆「国富はその国の人間なのだ」フルーツミルク

参考掲載の啓蒙ビン・格言入りフルーツミルクは、文字通りフルーツ牛乳の専用瓶装。牛乳瓶には異例の三色印字で、なおかつ白地に赤と青のインクを重ね刷りした仕上げ。製瓶コストは割高と思われ、採用例は非常に少ない。

「国富はその国の人間なのだ」唐突な警句の仕掛け人は、いっとき傘下にあった砂谷酪農協の久保政夫氏。社会学か経済学の古典籍より抄訳・引用の言葉か、それをフルーツ牛乳の瓶に書く真意は果たして?仔細はサゴタニ牛乳の項に譲る。

― 関連情報―
日本酪農協同・広島工場の紙栓(1) (2) (3) (4) (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)
「毎日牛乳」の牛乳瓶(2006年前期) (ほどほどCollection)


昭11> 広島牛乳(株)設立 ※翌12年、明治製菓(株)が系列下に置く
昭15> 広島牛乳は明治牛乳(株)に改称

昭16> 明治牛乳(株)/広島県広島市宇品町
昭18> 明治牛乳は広島牛乳商業組合との合資で広島牛乳(株)を新設
昭22> 広島牛乳(株)/広島県広島市宇品町14-454
昭23〜25> 広島牛乳(株)・小出義男/広島県広島市宇品町454-4 ※バター工場
昭25> 明治乳業は広島牛乳(株)の持ち株を売却、経営撤退
設立> 昭和27年、広島県西部酪農業協同組合連合会として
          ※広島牛乳(株)を母体に設立、同社工場・営業権を継承
昭28〜30> 広島県酪農業協同組合連合会/同上 ※法人名誤り?
昭31> 広島酪連・木村伊沢/広島県広島市宇品町13
昭32> 祇園町西原に新工場を建設・移転
昭34〜36> 広島県西部酪農業協同組合連合会/広島県安佐郡祇園町西原2208
昭37> 関西酪農協同が工場・営業権を買収、市乳事業を統合、同・広島工場とする
昭39> 関西酪農協同は日本酪農協同に改称

昭39〜46> 日本酪農協同(株)広島工場/同上
昭47> 祇園町は広島市に編入される
昭48〜53> 同上/広島県広島市祇園町西原2208
昭55> 広島市は政令指定都市となり行政区を設置
昭56〜59> 同上/広島県広島市安佐南区祇園町西原2208
昭60〜平04> 同上/広島県広島市安佐南区西原2-27-30
平07> 県西部酪連は広島県酪農業協同組合に全業務を移管
電話帳掲載> 同上
独自銘柄廃止> 「ヒロシマ」銘は昭和37年
公式サイト> http://www.hiroraku.or.jp/ (広島県酪)

処理業者名と所在地は、[広島商工人名録]・[同盟新日本大観]・[食糧年鑑]・[日本乳業年鑑]・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業