星印牛乳星印牛乳

(記事下段)

星印牛乳

星印乳飲料(株)
北海道札幌市北15条東7
日本硝子S33年製・正180cc側面陽刻
昭和30年代初期

恐らく戦後から昭和40年代初期まで商われた、札幌のローカル銘柄。過去の業者名簿には「乳性飲料」「乳製品」工場として掲載されており、いわゆる普通の牛乳屋さんではない。清涼飲料水メーカーに近い所だったのかなと思う。

製品ラインナップは不詳。掲載は「ビタミン牛乳」の標示あり、加工乳のようだ。堂々たる「星印」の名乗りは、草創期の雪印乳業の商標・雪星印の登録を阻んだ因縁のマークか?しかし本項会社の営業期間は戦後で、時代が相当ズレている。

◆星のトレードマーク、元祖はサッポロビール

五光星(五稜星)、いわゆる☆のマークは北極星を象ったもの。明治期の北海道開拓のシンボルだから、道内企業の採用が非常に多い。全国的にはサッポロビールが良く知られる。これが登録商標で最古の☆マーク制定になるらしい。

もちろん星印以外の乳業も☆を使っている。ホクレン農協連合会のホクレン牛乳(旧ロゴ)や、旭川ヤクルト(株)旭川牛乳(事業再編により平成19年に製造中止、現・北北海道ヤクルト販売)の商標などが、それぞれ近しい造形だった。


創業> 不明ながら戦後?
昭39> 星印乳飲料(株)・間所勝/北海道札幌市北15条東7 ※乳性飲料工場として
昭40〜42> 星印飲料(株)/同上 ※乳製品工場として
独自銘柄廃止> 昭和43年前後?
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、[食品工業総合名鑑]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成26年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業