岩手牛乳 (1)岩手牛乳 (1) 岩手牛乳 (2)岩手牛乳 (2)
岩手牛乳 (1)

(株)岩手牛乳
岩手県盛岡市加賀野春木場50-6
石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期
岩手牛乳 (2)

(株)岩手牛乳
岩手県盛岡市加賀野春木場50-6
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代後期〜40年代初期

岩手牛乳 (3)岩手牛乳 (3)

(記事下段)

岩手牛乳 (3)

(株)岩手牛乳
岩手県盛岡市加賀野4-1-30
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和40年代中期

県下に長く親しまれる、地場中堅の現役メーカーさん。昭和12年、古くは明治期より搾乳販売を手掛けてきた、盛岡市域の17社が産業組合を設立、共同処理場を据えて営業を開始。戦時統制を経て25年に企業化し、現社名へ改称した。

◆古都・盛岡の牛乳屋さん事情

先駆は「加賀野田甫牛乳絞製所」(新庄村・奥村吉兵衛)、「小野組」(呉服町)さんらで、明治6年の売り出し広告に名前が残る。同じころ旧藩士・松岡頴吾氏が、加賀野の「松岡屋敷」に牛乳館を開いた様子も伝わっている。

明治中期以降、精衛社(小泉市兵衛⇒伊兵衛)、開養舎(八重樫市右衛門)、無名庵(一條友吉)、滋盛舎(一條牧夫)、愛畜舎(山田清次郎)、鈴木牛乳店(鈴木ふく子)、元倉牛乳店(八重樫長吉)などが、次々に開業。

岩手牛乳の会社広告(昭和31年) 岩手牛乳の会社広告(昭和45年)
画像左:岩手牛乳の会社広告(昭和31年)…戦後企業化した時代。所在は「盛岡市加賀野文化橋際」。[岩手年鑑 昭和32年版](岩手日報社)より。

画像上:岩手牛乳の会社広告(昭和45年)…特濃「いわて」(加工乳)を前面に押し出している。[岩手年鑑 昭和46年版](岩手日報社)より。

勃興の大きな原動力は、岩手の酪農発祥地・下閉伊郡岩泉村の牛飼いだ。小泉家、山岸家、八重樫家を中心に、乳牛改良の取り組みが早く、消費地の盛岡・東京・横浜へ漸次進出。岩泉出身者の都市牧場経営が多く見られた。

◆産業組合の設立・岩手牛乳の誕生

明治〜大正の浮き沈みを越えて、市域と周辺に20〜30軒が牛乳を商い。昭和12年、一帯の同業者が団結、精衛社の小泉氏を筆頭に、岩手牛乳販売購買利用組合を結成。近代的な共同工場を作り、「岩手牛乳」が誕生する。

発足時の組合員23名、処理は日量4石(約721リットル)、当時需要の限界か。組合の役割は乱売防止・経営安定と、牛乳営業取締規則改正への対応だろう。遵守に莫大な設備投資を要し、単体では賄えない中小の協業が全国で進行した。

戦時は集約先・統制団体のポジション(⇒県外事例:浜松牛乳名古屋牛乳)。国策に応じ、昭和18〜27年の間は小岩井農場も組合に加入、小岩井ブランドの一時中断を強いられた。

◆往年の工場風景・戦後の企業化

組合の新工場は加賀野・中津川沿いにあり、詩人・立原道造氏が知人宛の手紙で瀟洒な佇まいに触れている。氏は昭和13年、病気療養のため盛岡に一ヶ月ほど滞在。銭湯の帰り道、文化橋に立って眺める岩手牛乳の建物がお気に入りだった。

ここの川原はミルクプラントの建物があります。ごくうすい緑灰色の壁に緑色の瓦棒葺の屋根のあるその建物は、ポプラに包まれて美しい建物です。(中略)窓は灰色がかつだクリーム色の木製サッシュで、大きな窓と、小さな窓とが、バランスして南面についてゐます。(中略)これがこの市でおそらくは唯一の、僕たちの意味で、新らしい建築です。―[立原道造全集 第五巻](筑摩書房刊)より

時は流れ戦後の昭和25年、統制緩和・制度改革の折、組合は岩手牛乳(株)に組織を改める。手狭になった工場は、昭和47年に郊外移転。跡地は現在「小岩井中津川マンション」。かつてのポプラ並木、立原氏が通った銭湯(東湯?)は、無くなって久しい。

加賀野 春木場 岩手牛乳 (七転納豆)
立原道造の世界を巡る 盛岡ノート 盛岡編II (東京紅團)

◆森永乳業の分工場として操業

岩手牛乳さんは自社アイテムの製造販売に並行して、昭和50年代には「森永乳業(株)盛岡第二工場」を名乗り、同社ビン製品の請け負いを始めている。

森永は昭和23年、企業誘致を受けて岩手へ進出。盛岡市青山に練粉乳の加工場を置いた。40年代後期から市乳処理も行うが、数年でラインを廃止。代替処置として岩手牛乳と提携を結び、便宜的に「第二工場」と位置付けたらしい。

委託は平成10年前後まで継続。のち森永は集約合理化事業で設備を拡充した、系列下の秋田協同乳業に発注を振り替え、岩手での生産を打ち切った。

岩手牛乳(森永OEM)の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)
森永乳業(株)盛岡第二工場の紙栓 (牛乳キャップとは)

◆現行ビン製品・掲載瓶について

今なおビン製品は健在。一部は無地の軽量新瓶に移行済み。公式サイトは未開設で、ラインナップの仔細は不詳(⇒県産牛乳・乳製品の紹介/県牛乳普及協会)。

無骨なロゴタイプが力強い(1)番瓶、字形は八重樫牛乳と瓜二つ。後継(2)番は丸く遊んだフォントが愉しい。(3)番のリニューアルが最終形(現行ロゴ)で、柔らかい感じを残しつつ再び角ばっている。都度の変更により雰囲気はそれぞれ違う。

ネット上に別世代の旧瓶も確認できる。(1)番より古い、ヨーグルト広告の入った赤刷り瓶(⇒盛岡の地中から発見されたガラス瓶/盛岡市遺跡の学び館)と、(1)(2)番瓶の中間世代(⇒盛岡・昨日の停電と今日の発掘品/ろくすけの手帳)の2本だ。

― 参考情報 ―
小田切敏教授 業績目録および随想録 (岩手大学リポジトリ)
岩手牛乳の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)
同・宅配受箱 (古今東西散歩) / 同・紙パック製品 (愛しの牛乳パック)
泉金物産社長 八重樫義一郎氏 (ナリケンが行く)


■(株)岩手牛乳
設立> 昭和12年、保証責任 岩手牛乳販売購買利用組合として
昭22> 岩手牛乳販売購買利用組合・小泉一郎/岩手県盛岡市加賀野第一地割
昭23> 同上/岩手県盛岡市加賀野字春木場
昭24> 同上/岩手県盛岡市加賀野春木場50
昭25> (株)岩手牛乳に改組・改称
昭26> (株)岩手牛乳/岩手県盛岡市加賀野春木場
昭31> 岩手牛乳(株)・酒井克已/岩手県盛岡市加賀野春木場50-6
昭34〜40> (株)岩手牛乳/同上
昭41〜44> 同上/岩手県盛岡市加賀野4
昭46> 同上/岩手県盛岡市加賀野4-1-30
昭47> 本社・工場を盛岡市郊外に移転
昭47〜平13> 同上/岩手県盛岡市上厨川字柳原5-8
電話帳掲載> 同上
公式サイト> http://www.iwate-milk.com/milketc.html (参考)

■森永乳業(株)盛岡第二工場
委託運用開始> 昭和50年代初期
昭53〜平04> 森永乳業(株)盛岡第二工場/岩手県盛岡市上厨川字柳原5-8
委託運用中止> 平成10年前後

■森永乳業(株)盛岡工場
開設> 昭和24年
昭44〜平13> 森永乳業(株)盛岡工場/岩手県盛岡市青山2-3-14
※一部期間を除き主に乳製品工場としての掲載、現在は流動食などレトルト食品の製造が中心
電話帳掲載> 同上
公式サイト> https://www.morinagamilk.co.jp/.../map/ (森永の工場一覧)

処理業者名と所在地は、[全国工場通覧]・日本食糧新聞社 [食糧年鑑]・日本乳製品協会 [日本乳業年鑑]・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成24年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業