鴨川牛乳 (五合瓶)

発足は昭和30年。経営難に陥って身売りを余儀なくされた地場の酪農組合を離脱し、単身起業に臨んだ県央のミルクプラント。

以来、約30年間に渡って「鴨川牛乳」を商うも、今は自家処理・独自銘柄を廃して久しく、白バラ牛乳の販売店さんとなっている。

鴨川牛乳 (五合瓶)

(有)鴨川酪農牛乳処理場
鳥取県倉吉市上古川162
大和硝子製・900cc側面陽刻
昭和43年頃〜50年代

◆倉吉市の酪農・乳業の変遷

倉吉で古くから市乳処理・販売を手掛けてきた東伯牛乳組合は、戦中〜戦後に集乳量が低迷。酪農家と経営層の軋轢も生じ、収支は悪化。原料乳の一部を明治乳業(鳥取工場)に卸すなどして、何とか運営を維持していた。

昭和25年には、森永乳業が鳥取市への進出を目論み、組合に提携を打診。協議のすえ、組合は森永でなく明治への傘下入りを決し、出荷団体の伯東酪農協を新設する。

同時に規模拡大を模索。市域のライバル・倉吉酪農協(倉吉牛乳組合)の市乳事業と、三徳農協(東伯郡三朝町)の生乳取引を、自らに併合すべく根回し。倉吉一帯の酪農・乳業を集約、確固たる地盤を築く算段だった。

◆各組合の行き詰まり・鴨川酪農の誕生

ところが話はそうそう上手く運ばない。結局、伯東酪農も倉吉酪農も零細経営のまま年月が過ぎ、双方ともに大赤字で立ち行かなくなってしまう。

昭和30年、両者合併して中央酪農農協(倉吉市越中町)となり、不振団体の受け皿を求め、各所に相談。翌31年に伯耆酪農農協(白バラ牛乳)が吸収(明治乳業は辞退)した。

本項の鴨川酪農を立ち上げた安藤光儀氏は、旧牛乳組合・旧酪農協に所属する組合員のひとりだったらしい。氏は敗戦処理のために生まれた中央酪農には参画せず、昭和30年に鴨川酪農の屋号を掲げ、乳業の自営に乗り出したという顛末だ。

◆「鴨川」銘の由来・掲載瓶について

工場所在地の上古川に近い、鴨川町の地名が商標・商号の由来だろう。当時はそちらに牧場を構え、自家搾乳を行っていたのかも知れない。長らく操業も昭和57年に製造より撤退、かつて別れた白バラの請け売りに転じている。

180〜200cc瓶は未入手、900ccの大瓶を参考掲載。古いタイプの五合瓶で、通い徳利のようなフォルムが特徴的。高さ22cm、最大直径は約9.5cm。両面とも同じデザインだが、側面に一箇所、四角い枠で囲んだ要冷蔵の標示がある。

この手の五合瓶(⇒類例:山形・鹿野牛乳)は昭和50年代まで流通したものの、残存例は多くない。現今、一般に出回る900ml瓶は、ぐっとスリム化を果たした後継品だ。

― 関連情報 ―
鳥取の牛乳のふた (職人と達人) / 中国地方の牛乳キャップ01 (ほどほどCollection)
鴨川酪農の紙栓 (牛乳キャップとは) / 同・紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)


設立> 昭和30年、鴨川酪農として
昭31> 鴨川酪農・安藤弘道/鳥取県倉吉市上古川
昭34〜39> 鴨川酪農/同上
昭40〜44> (有)鴨川酪農牛乳処理場/鳥取県倉吉市上古川162
昭46〜56> 同上/鳥取県倉吉市上古川180
自家処理撤退・独自銘柄廃止> 昭和57年
電話帳掲載> 白バラ牛乳販売店 鴨川酪農/鳥取県倉吉市越殿町1561-10
公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業