いかるが牛乳(鵤牧場本店)いかるが牛乳(鵤牧場本店)

(記事下段)

いかるが牛乳

(株)鵤牧場本店⇒いかるが乳業(株)
大阪府大阪市東住吉区加美福井戸町3-52
石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和40年代初期〜50年代

元祖・いかるが牛乳の一合四角瓶。当時の製品ラインナップ仔細不明ながら、白牛乳瓶装ではなく、加工乳向けの専用瓶として用いられていた可能性が高いように思う。

府下には全く同様の「いかるが牛乳」銘を商う、親戚筋の(株)いかるが牛乳が並存。両社の創業年次を比較すると、本項のいかるが乳業(株)のほうがより古く、掲載瓶の通り同社はかつて“鵤牧場本店”を名乗っており、創業史としてはこちらが元祖・本家筋となるようだ。

標示のロゴに対して商標登録済みを強調するRマークを添えることは、牛乳瓶では非常に珍しいケースで、他社類例は極端に少ない。恐らく同銘展開の相手方を意識した結果?だろう。

“いかるが”絡みの商標登録状況は、商標検索〜特許電子図書館で牛乳探しに掲載した通り。本店と言うだけあって、その登録数は圧倒的である。上掲の瓶に見られる2つの円形ロゴも、しっかり押さえられている。

近年にリニューアルした公式サイトの取り扱い商品一覧からは瓶製品が削除され、市乳関連は紙パック商品しか掲載されていないものの、乳業探訪記さんの記事によれば白牛乳ビン詰めは継続中(平成23年時点)とのこと、宅配や学校給食向けに限り?残されているらしい。

― 参考情報 ―
いかるが乳業 (乳業探訪記) / 鵤牧場本店の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)
いかるが乳業の紙パック製品 (愛しの牛乳パック)


創業> 大正5年、鵤牧場として
昭09> 鵤春蔵/大阪府東成区鶴橋南之町1-5605
設立> 昭和30年、(株)鵤牧場本店として
京阪牛乳より加美福井戸町の旧牧場・旧工場を購入
昭31> (株)鵤牧場本店・鵤謙之助/大阪府大阪市東住吉区加美福井戸町3-52
昭34〜48> (株)鵤牧場本店/同上
昭49> 東住吉区の一部地域は平野区として分区される
昭50〜53> 同上/大阪府大阪市平野区加美南3-4-15
昭55> いかるが乳業(株)へ改称
昭56〜平04> いかるが乳業(株)/同上
電話帳掲載> 同上
公式サイト> http://www.ikaruga-milk.co.jp/

処理業者名と所在地は、牛乳新聞社「大日本牛乳史」・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。創業年等の一部情報は公式サイト他からの引用あり。電話帳掲載の確認は平成19年時点。



漂流乳業