石幡牛乳石幡牛乳

戦後立ち上げと思しき、県央のローカル乳業。昭和30年代後期、平市の岡田牛乳さんが大消費地・仙台への進出を企図し、その拠点確保のため買収、経営に参画。

工場設備は刷新され、以降は下請け・分工場の(株)郡山岡田牛乳に転換。同ブランドの受託生産が中心となったらしい。

石幡牛乳

石幡ミルクプラント
福島県郡山市図景町114
石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代初期

掲載は買収前まで作られていた、石幡さんのオリジナル。牛乳瓶を抱える坊やは、妙にミステリアスな笑顔。昭和40年代中期に工場は閉鎖、完全廃業に至っている。

◆郡山の牛乳屋さん黎明期

一帯における搾乳販売の嚆矢は、安積郡桑野村に石井牛乳舎を興した石井貞廉氏。開成山地区の営農を指導する役人だったが、本庁への転任辞令を謝絶し退官、当地に永住。明治13年頃、開拓の一助に牧畜を志向したものだ。(⇒開成社百年史

明治末期には山町に今泉顕治氏の泰養舎が創業。古くより果樹栽培(今泉農園)を営んできた家で、このころ乳牛飼育を始め、農園の牛乳部門として発足。さらに郡山牛乳合資会社や日本畜産(株)第十二厚生舎など、企業的な所も現れた。

昭和初期に至っては、郡山市と、のち同市に合併する安積郡に計8軒が存在。石井氏と厚生舎は残るものの、泰養舎と郡山牛乳(資)はこの時点で既に無い。

◆戦後から近現代の概況

石井さん方は戦前〜戦後に乳牛飼育・自家処理を手仕舞い。取り次ぎ販社の石井牛乳店(郡山市開成)となり、今なおご商売を繋げている。

昭和30年代は第十二厚生舎の後身(郡山牛乳)と、本項の石幡牛乳に加え、北町に不二牛乳、安積郡下の各町村に熱海、三穂田、湘南牛乳さんらが操業。40年前後には福島明治牛乳(⇒関連:栃木保証牛乳)や森永乳業・郡山工場など、大手も進出してきた。

しかし地元の諸メーカーは早期に転廃業、独自銘柄は全滅。明治は平成11年、森永も同23年に撤退。現在は酪王乳業・郡山工場(昭和51年開設)が市内唯一のミルクプラントだ。

― 参考情報 ―
徳島工場および郡山工場の生産中止に関するお知らせ (森永乳業)
森永乳業、郡山工場を11年9月末に閉鎖 乳製品の需要減で (日本経済新聞)


創業> 不明ながら戦後?
昭31> 石幡ミルクプラント・石幡喜四郎/福島県郡山市図景町114
昭34〜42> 石幡ミルクプラント/同上
昭43> (株)郡山岡田牛乳・若松悦臣/同上 ※以下、メーカーではなく販社として?
昭44> (株)郡山岡田牛乳・田畑勝美/同上
独自銘柄廃止> 「石幡」銘は昭和30年代後期に廃止?
廃業・工場閉鎖> 昭和40年代中期〜後期
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑]・[福島民報年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成24年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業