星ミルクプラント (1)星ミルクプラント (1) 星ミルクプラント (2)星ミルクプラント (2)
星ミルクプラント (1)

星ミルクプラント
福島県会津若松市栄町字川原町口
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜後期
星ミルクプラント (2)

星ミルクプラント
福島県会津若松市栄町字川原町口
石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜後期

星ミルクプラント (3)星ミルクプラント (3)

星ミルクプラントの工場外観(昭和38年頃)
画像上:星ミルクプラントの工場外観(昭和38年頃)

星ミルクプラント (3)

星ミルクプラント
福島県会津若松市栄町字川原町口
石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜後期

戦後のご創業と思しき、会津若松の地場メーカー。往時の情報に乏しく、沿革の仔細は不明。昭和37年に協同乳業(名糖牛乳)と提携し、同社製品の受託加工・請け負いに着手。間もなく自社銘柄を全廃、のち昭和53年頃には廃業されている。

◆後年は名糖の傘下工場として

現地酪農の育成に長年注力してきた森永乳業の牙城・福島県下に、協同乳業が進出したのは昭和32年。安達太良酪農業協同組合(安達郡本宮町)との原乳取引を皮切りに、様々な波紋・相克を生みながらも集乳基盤を拡大していった。

原料の受け入れ増加にともない、市乳部門での迅速な消化販売が急務となる。その一環として昭和37年、協乳は本項ミルクプラントにOEM製造を打診、両社連携が始まった。

星および名糖ブランドの並行生産期はあったと思うが、恐らく昭和40年代初期に「星」の銘は消滅。工場稼働20年、オリジナルの時代は10年ほどか。所在には協乳の東北事業所・会津若松出張所が同居。この販社機能は平成期まで残っていたようである。

◆掲載瓶・ペンギンと赤ちゃんについて

全て昭和30年代の流通品と思うが、後先は良く分からない。(1)(2)番瓶のペンギン柄は、全く同じ図案を他社が使う例もあり、乳業資材代理店のテンプレートだったようだ。

(3)番瓶、ペンギン引退後?に登場する赤ちゃんの写真風印刷が目を引く。細かなドットの集合体で肌のグラデーションを描いており、遠目には実にリアル。りんご牛乳系の容器に繁用された擬似表現だが、普通の牛乳瓶では珍しい。

製版コストは割高だったはず、採用の理由が気になるところ。赤ちゃんは社長の初孫、それを記念して…そんなエピソードがあったとすれば微笑ましい。

― 関連情報 ―
星ミルクプラント(名糖OEM)の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)


創業> 不明ながら昭和30年代初期?
昭33> 星ミルクプラント・星ヨシ/福島県会津若松市栄町川原町
昭34> 星ミルクプラント/福島県会津若松市七日町47
昭36> 同上/福島県会津若松市栄町字川原町口
昭37> 協同乳業(名糖ブランド)の受託製造を開始
昭39〜43> 同上/福島県会津若松市栄町字川原町口647
                     ※昭和40年、栄町の再編により一部が米代町となったが未反映
昭44〜48> (有)星ミルクプラント・星信助/福島県会津若松市米代町2-6-25
昭50〜53> 同上/福島県会津若松市米代町2-6-26
電話帳掲載> 星ミルクプラント/同上 ※昭和51年時点
独自銘柄廃止> 昭和40年代初期?
廃業・工場閉鎖> 昭和53年頃?
公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、[福島県酪農協65年史]・[福島民報年鑑]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業