フジハト牛乳(岩瀬博美商店・岩瀬産業貿易)フジハト牛乳(岩瀬博美商店・岩瀬産業貿易)

昭和20年代末より約20年間、市域に商われた往年のローカル銘柄。「フジハト」のフジは香川県の讃岐富士に由来する(後述)。

発起は大正9年、東京銀座の乳製品問屋。大阪に営業所、静岡と香川に工場を構え、特に戦前の酪業に製販両面で貢献した。

法人商号は岩瀬博美商店から岩瀬産業貿易(株)と遷移、各設立年は不詳。戦後独立した大阪の販社を除き、既に解散している。

フジハト牛乳

岩瀬博美商店 高松工場⇒
岩瀬産業貿易(株)高松工場
香川県高松市松島町80
石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜後期

◆香川から上京・銀座に乳製品問屋を興す

創業者の岩瀬茂太郎氏は香川県木田郡の出身。近郊で約7年間、菓子・食料商の経験を積み、明治43年に上京。さらなる下積みを経て大正9年、京橋区木挽町(現・中央区銀座)に洋菓子原料・乳製品の卸し問屋を開業した。

当時日本は酪農黎明期、多くを輸入に頼らざるを得ない。岩瀬氏は国産乳製品の充実を図り、将来有望な全国の産地から、時に採算度外視で仕入れを行った。

伊豆大島(⇒関連:秋広牛乳)のバター事業投資、北海道・樺太(⇒関連:最北端の牛乳)、千葉(東洋煉乳/房南煉乳)、静岡(志太榛原畜産販購利組合/志太煉乳)(⇒関連:中央牛乳)など、往時の取引先は実に幅広い。

◆静岡県に直営工場の開設

問屋業のかたわら、ついに直営工場の経営に乗り出す。昭和12年、静岡県当局と磐田郡畜産組合の工場誘致を受けて、磐田郡中泉町に岩瀬練乳工場を開設。全脂/脱脂練乳およびバター、生クリームの製造に着手した。

また、同地に乳牛の育成・繁殖を行う岩瀬畜産(株)を置いて牧場運営にあたり、ここにも加工場を併設のうえ、製菓および市乳事業を手掛けたらしい。

先に挙げた「岩瀬練乳工場」は、戦時統制で昭和15年に明治製菓(明治乳業)が買収(同・磐田工場、昭和50〜60年代に閉鎖)。いっぽう岩瀬畜産は戦時に一旦休業?も戦後再興、昭和30年代後期までプラント稼働の記録が残る。

◆高松工場の開設、フジハト牛乳の発売

いっぽう郷里の香川にも牛飼いが増えていた。ところが生乳の買い手に乏しく、新たな製酪工場を望む声が高まり、地元出身かつ棋界の成功者・岩瀬氏に白羽の矢が立つ。

戦時の資材調達は難航も、県当局が全面的にバックアップ。昭和17年、高松市松島町に岩瀬煉乳・高松工場を落成。乳業資本の県下初進出、待望の基幹プラント。酪農組合・牛乳販売組合9団体が出荷に応じ、鋭意操業を開始した。

当初製造は加工品(バター・練乳)のみ。市乳直売(フジハト牛乳)は戦後、昭和20年代後期の参入。果実飲料(清涼飲料水)もラインナップした。昭和40年代末に市乳処理工場としての名簿掲載は途絶え、間もなく閉鎖と見られる。

◆商標「フジハト印」の由来

第一工場が静岡、ゆえに富士山をあしらってフジハトなのか。香川県坂出市生まれの詩人・池井昌樹氏は、著書で幼少時を回想し、日曜日にだけ飲ませて貰えた牛乳の、その美味しさを述懐するくだりで、フジハト牛乳の名前を挙げる。

水滴を弾いた分厚い壜の広口から直に飲むその液体は驚くばかり濃く甘く、陶然となった。一滴残らず搾るように飲み干して、すっかり味の無くなるまで広口を綺麗に舐ぶった。<中略>蓋には鳩の絵がややぶれ気味に刷られていた。フジハト牛乳という地元の小さな製菓店だった。フジとは窓の遠くに霞んでいる姿美しい飯野山―讃岐富士のことだった。<中略>父は死んだし、あの家も、フジハト牛乳も疾っくのむかしに絶えてしまったが。―池井昌樹[冠雪富士](平成26年・思潮社)「幼心」より

池井昌樹『冠雪富士』(6) (詩はどこにあるか-谷内修三の読書日記)

池井氏は昭和28年生まれ、子供時代がフジハト牛乳の展開期と合致する。銘の由緒を讃岐富士(飯野山・讃岐七富士のひとつ)とされるが、この商標の制定時期は不詳。やはり本家の富士山が先で、結果的なダブルミーニングかも知れない。

製造元を「地元の小さな製菓店」と言う所が気になる。岩瀬煉乳は周辺に店舗を設け、自家原料で作った洋菓子の小売りをしたのだろうか。「蓋に鳩の絵が刷られていた」のは確か。瓶と同じフジハト印を、牛乳キャップにも載せていた。

◆大阪営業所は岩瀬商事〜イワセ・ エスタに進展

話は遡って昭和初期。茂太郎氏は岩瀬煉乳・大阪営業所(浪速区木津川)を開き、卸売り販路を拡大。昭和30年に至っては、岩瀬米次郎氏・正雄氏が府下の全業務を継承して独立、別系法人の岩瀬商事(株)(現・イワセ・エスタ)に転換。

今や全国に支店・工場・倉庫網を擁する、総合食品商社さん。岩瀬商事の古写真(⇒コレクション「高度経済成長期」/土永甚良氏)、社用トラックにフジハト印が見える。母体の高松工場/岩瀬畜産(静岡)の製品仕入れは続いていた。

「菓子食品の原料資材商社」岩瀬商事(株)の営業案内(取扱製品の一覧表)(昭和50年)

ただ、昭和50年末時点の「営業あんない<取扱品目>」に、フジハト銘は既にない。取り次ぎは明治、森永、名糖、よつば、雪印、らくれん、カルピスといった大手が並ぶ。

画像左:「菓子食品の原料資材商社」岩瀬商事(株)の営業案内(取り扱いの一覧)(昭和50年)…協力工場のOEM「イワセ印」ブランドもある。

◆東京銀座に残るかつての本社ビル

昭和初期の竣工と思しき岩瀬博美商店(岩瀬産業貿易)ビルは、銀座に健在。乳業は撤退して久しいものの、軒先やガラス戸に往年の商号が刻まれ、重厚な存在感は抜群。近代建築・路上観察の愛好家諸氏に多数捕捉される。

鈴木ビル、岩瀬博美商店/銀座1丁目 (ぼくの近代建築コレクション)
銀座〜京橋散策 II 岩瀬博美商店 (アクトデザイン凛太郎のブログ)
銀座 鈴木ビル(山中節治設計)その4 (関根要太郎研究室@はこだて)
岩瀬博美商店 (Roc写真箱) / 岩瀬博美商店 (一応、カンパネルラ)
東京・遠く近きを読む(20)銀座の子(つづき) (東京 Downtown Street 1980's)

地図上は「岩瀬ビル」。外観に過去商標フジハト印の掲示は無く、傍目にはここが乳製品問屋だったとは想像しにくい。当ビル以外にも近隣に複数の物件を所有するらしく、岩瀬家直轄の不動産管理は引き続き営まれているのだろう。

― 参考情報 ―
昭和20年代〜30年代初頭の香川の農業と農村 (香川大学学術情報リポジトリ)


■本社沿革
創業> 大正9年、京橋区木挽町(現・中央区銀座)に乳製品問屋として
昭26> 岩瀬茂太郎/東京都中央区銀座木挽町1-32
昭28〜31> 岩瀬博美商店・岩瀬茂太郎/東京都中央区銀座東1-23
昭40> 岩瀬産業貿易(株)/東京都中央区銀座1-23
             ※岩瀬産業貿易(株)は昭和30年代中期の設立と見られる
廃業> 不明ながら存続法人は見当たらず
電話帳掲載・公式サイト> 未確認 ※地図上は「岩瀬ビル/東京都中央区銀座1-23-2」

■大阪営業所⇒岩瀬商事(株)⇒(株)イワセ・ エスタ
開設> 昭和7〜8年頃?、岩瀬煉乳・大阪営業所として
            ※戦中戦後は一旦休業、事業再開は昭和22〜25年?
昭28> 岩瀬博美商店 大阪出張所(連絡所)/大阪府大阪市浪速区木津川2
昭30> 大阪営業所の業務を引き継ぎ、岩瀬商事(株)が発足(分離独立)
昭40> 岩瀬商事(株)・岩瀬正雄/大阪府大阪市浪速区東神田町63
平03> (株)イワセ・ エスタに改称
電話帳掲載> (株)イワセ・ エスタ/大阪府大阪市浪速区元町3-12-20 (本社)
公式サイト> http://www.iwase-esta.co.jp/

■岩瀬練乳工場⇒明治乳業(株)磐田工場
開設> 昭和12年、岩瀬煉乳工場として
昭14> 岩瀬博美商店 煉乳工場・岩瀬茂太郎/静岡県磐田郡中泉町中泉1414
             ※練乳、バター工場としての掲載
昭15> 明治製菓が工場を買収、同・中泉工場となる
          中泉町は周辺町村と合併し、磐田町となる
昭17> 明治製菓より乳業部門が独立、工場は明治乳業に移管される

昭22> 明治乳業(株)中泉工場・岩下重文/静岡県磐田郡磐田町中泉1414 ※バター
昭23> 磐田町は市制施行して磐田市となる
          中泉工場は磐田工場に改称

昭26> 明治乳業(株)磐田工場/静岡県磐田市石原町1414 ※練乳・粉乳
昭28> 同上/静岡県磐田市御殿1964 ※練乳・粉乳・バター・カゼイン
昭30頃> 乳製品の加工を休止、製造品目を切り替え?
昭37> 明治スカット(清涼飲料水)の製造を開始
昭40> 磐田工場は食品事業部の所属工場となる

工場閉鎖> 昭和50〜60年代?

■岩瀬畜産(株)
設立> 不明ながら昭和12〜16年頃 ※牧場部門として発足、のち製菓・市乳事業に着手
昭31〜36> 岩瀬畜産(株)・岩瀬茂太郎/静岡県磐田市中泉町1810
工場閉鎖・廃業> 昭和30年代後期

■高松工場 <掲載瓶>
開設> 昭和17年、岩瀬煉乳・高松工場として
昭24〜26> 岩瀬煉乳 高松工場・岩瀬茂太郎/香川県高松市松島町80
                     ※この時期は練乳、バター、カゼイン工場としての掲載
昭28〜31> 岩瀬博美商店 高松工場・岩瀬茂太郎/香川県高松市松島町80
昭34〜36> 同上/香川県高松市松島町88
昭37> 高松工場の経営を岩瀬産業貿易(株)が吸収
昭39〜40> 岩瀬産業貿易(株)高松工場/香川県高松市松島町80
昭41〜48> 同上/香川県高松市松島町3-2-30
電話帳掲載> 同上 ※昭和48年時点
市乳事業撤退・工場閉鎖> 昭和49〜50年頃


処理業者名と所在地は、日本乳製品協会 [日本乳業年鑑]・[全国工場通覧]・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・[日本酪農史]・[大衆人事録]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成27年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業