スズラン牛乳スズラン牛乳

(記事下段)

スズラン牛乳

北軽井沢開拓農業協同組合
群馬県吾妻郡長野原町応桑1988
日本硝子製・正200cc側面陽刻
昭和45〜47年頃

戦後、満州より引き揚げた開拓団の一行が、群馬の浅間北麓に入植。厳しい営農環境の攻略を酪農に求め、牛飼いと牧草作りに邁進。北軽井沢開拓農協を結成後、自らの市乳処理工場を開き、約20年ほど商ったローカル銘柄。

掲載は最終世代らしき一本。正面の絵は噴煙ぷっくり浅間山。「スズラン」の由来は不詳。冷涼な満州の地と、六里ヶ原の荒野に共通して咲く、想い出の花だろうか。長野県駒ケ根市の同銘「すずらん牛乳」とは無縁、別農協のブランドだ。

◆開墾地・六里ヶ原の過去、先人の敗退

昭和21年末、多大な犠牲を払って帰還した駅馬開拓団(木瀬村分村)は、戦後政府の国内緊急開拓事業に応じ、長野原町応桑(大屋原)・六里ヶ原の一角に集団移住を決す。(⇒夢と懺悔の開拓行/平和祈念展示資料館)

当地は明治15年、北白川宮 能久親王の浅間牧場整備に始まり、次いで旧館林藩士らも入植を敢行した所だが、いずれも頓挫。一部は民間会社が引き継ぐも、既に大半は30〜40年放置され、雑木と熊笹の荒野と化し、近寄る者はいなかった。

◆北軽井沢開拓農協の成立と乳牛導入

火山灰土壌で生産力に劣る、寒冷な高地。まずは木材伐採で日銭を稼ぎ、自家用の作物を植えて当座を凌ぐ。農林省開拓課は、麦・豆・芋類の栽培計画を指導した。

いっぽう旧開拓団長で、引き続き入植地のリーダーを務めた清水圭太郎氏(後述)は、戦前故郷において、また渡満後も手掛けた酪農を志向する。

昭和23年、北軽井沢開拓農協の発足を受けて組合長に就くと、翌年には国の補助金の大部分を、用途規定を無視して乳牛17頭の購入に充当。表向きは指導を容れつつ、使途の監査に対しては、「乳牛でなく、白黒役牛である」と強弁して乗り切った。

◆酪農の進捗とスズラン牛乳の創始

通常の耕作では立ち行かない場所と体験で分かる。牧草・飼料作物の輪作を試み、成果は上々。昭和26年、北海道・遠浅の山田牧場へ研修に出ていた、清水氏の三男・信氏が六里ヶ原に復帰。開拓集落に最新の酪農技術をもたらす。

同年、北軽開協は簡易ミルクプラントを建造し、掲載の「スズラン牛乳」を売り出した。逐次増頭の結果、翌27年に乳牛飼養は100頭超え。30年には酪農中心の方向が公認され、また浅間山麓集約酪農地域の指定に与り、一層の弾みが付いた。

北軽井沢開拓農協のミルクプラント(昭和30年代)
北軽井沢開拓農協のミルクプラント(昭和30年代)…昭和28年の火災で全焼したが、翌年に再建。記念写真らしく、正面に立派な荷馬車を着けてある。

外地より引き揚げ、戦後開拓のすえ乳業を創始の例は、南ヶ丘牧場(栃木)や愛知牧場(愛知)さんなどがあり、いずれも尋常でない労苦が伝わる。

◆高冷地酪農と高原野菜の営農確立

しかしこの間、キティ台風で住居倒壊(昭和24年)、火災で組合の諸施設と作物在庫を焼失(28年)、冷害で穀類全滅(28〜29年)。困難は尽きず、落伍者も出る。組合は債務超過に陥ったが、メンバーは赤字解消に奮起。

人工授精・開放式牛舎(フリーバーン)の採用で多頭化を目指し、酪農を強化。加えて厩堆肥で地力を改善、キャベツ・レタス栽培を第二の柱に据える。昭和41年には乳牛900頭、高原野菜2,000トンの堂々たる産地を形成した。

◆スズラン牛乳の終息・みるく村工場の新設

「スズラン牛乳」の主な展開先は地元の学校給食。昭和43年の日産は2千本(180cc換算)、生乳生産のごく一部に留まる。残余大半は吾妻郡酪連を通じ、原料乳として出荷した。

のち酪農政策の変動や、農系プラント統合の要請を受け、47年前後に市乳事業より撤退、「スズラン」銘は消滅。以降も北軽開協は精力的に活動、現在は平成4年の諸団体合併により、あがつま農協の北軽井沢応桑支店となっている。

合併に前後して吾妻郡酪連の北軽井沢工場が、支店の隣りに完成(吾妻町より移転)。スズランの流れを汲む「北軽井沢牛乳」を手掛けるも、平成21年に閉鎖。27年頃、併設の直売所(みるく村)も廃止。今は榛名酪農協連(高崎市)が処理を請け負う。

◆組合長・清水圭太郎氏について

北軽開協を率いた清水圭太郎氏は、群馬県勢多郡木瀬村の生まれ。本邦産業組合の始祖・清水及衛(ともえ)氏のご子息。及衛氏は早くから畜産の可能性に着眼、大正15年に群馬県牛乳販売購買利用組合連合会(群乳連)を発起している。

圭太郎氏は群乳連の牛乳工場運営に携わったほか、農事組合や青年連盟の長に推される若きエリート。父とともに農村更生・満州分村運動を推進。昭和15年、自ら吉林省磐石県駅馬村に入植、当地の開拓団長を務める。

木瀬村より乳牛を取り寄せ、満州での畜産開拓5年半。日本の敗戦、悲惨な逃避行を経て、昭和21年に帰国。翌22年、旧開拓団員一同は、六里ヶ原に再起を賭した。

◆関東製酪・全国開拓農協連の代表も

そんな次第で、圭太郎氏は界隈に知られる著名人。北軽開協の組合長として酪農の確立に注力の傍ら、戦後の一時期、協同主義を採って新体制を導入した関東製酪(株)の、代表取締役にも招聘されている(同社の源流は群乳連の事業)。

これは星野竜治郎氏との2人社長体制で、経営に参与するというより、農民連帯のシンボル的な就任か。さらに群馬県酪、全国開拓農協連ほか、様々な所で要職の責を担った。

― 参考情報 ―
情報誌「きたかる」第2号 (北軽井沢じねんびと)
北白川宮の浅間牧場開発と退場 / 戦後の浅間山麓開拓 (日本リゾートクラブ協会)
浅間北麓における自立酪農経営の成立基盤 (地学雑誌-97巻6号)
しあわせの牛 / 夢の国みてぇだ (北軽井沢-ルオムの森)
吾妻郡酪農協連合会・あがつま農協の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)


昭22> 旧満州・駅馬開拓団が、長野原町応桑に入植
設立> 昭和23年、北軽井沢開拓農業協同組合として
市乳事業開始> 昭和26年
昭31〜36> 北軽井沢開拓農協・清水圭太郎/群馬県吾妻郡長野原町大字応桑1924
昭39〜43> 北軽農協/群馬県吾妻郡長野原町応桑1924
昭44〜46> 同上/群馬県吾妻郡長野原町応桑1988
昭50頃> 北軽井沢農業協同組合に改称?
平04> 北軽井沢農協を含む県下8組合と吾妻郡酪連が合併し、あがつま農協となる

市乳事業撤退> 昭和47年前後
電話帳掲載> あがつま農協 北軽井沢応桑支店/
                   群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-110
                   「あがつま農協 北軽井沢工場」「みるく村直売所」/
                   群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-203 ※当時
公式サイト> http://www.aganet.or.jp/ (JAあがつま)

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成29年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業