ラクノ牛乳(ワカサ酪農)ラクノ牛乳(ワカサ酪農)

(記事下段)

ラクノ牛乳 (ワカサ酪農)

若狭酪農農協(若狭酪農組合処理場)
福井県敦賀市津内町2
石塚硝子製・市乳180c.c.底面陰刻
昭和30年代初期

恐らくは戦後およそ7年間、市域に商われたローカル銘柄。若狭地方(敦賀・美浜・三方)・嶺南一円を管下とする酪農専門農協の展開だったが、雪印乳業の進出に応じて同社と業務提携を結び、独自ブランドは一旦消滅している。

「ラクノ」銘は「酪農」由来の造語。珍しいネーミングだが、富山県の入善町酪農組合(入善町酪農農協)もかつて同銘を用い、こちらのほうが採用は早かった。本項組合が当時、現地へ事業視察に赴いたとか、何かしら縁があったのかも知れない。

◆今も残る田辺直売所・田辺牛乳店さん

瓶に標示される「田辺直売所(電話1196番)」は、現在も森永牛乳の販売店として営業中の(有)田辺牛乳店さん(敦賀市櫛林)。創業は明治3年、この頃に搾乳販売を始めたとすれば全国有数の老舗だが、発祥期の仔細は不明。

いっぽう、若狭(ワカサ)酪農農協さんは昭和28年の発足。たぶん市乳事業の着手に際し、古くから地元に同業を営んできた田辺牛乳と連携、「ラクノ牛乳」の拡売を担う専属販売店になってもらった、というような経過かな…と想像する。

◆若狭酪農農協は雪印と提携

農協は設立当初、森永乳業と取引契約。自営工場で捌き切れない余乳を、同社の敦賀集乳所(敦賀市開町)へ卸した。売り上げの大半はそれに拠ったらしい。

ところが昭和35年、滋賀・湖北乳業(株)との提携不調により、大阪工場の原料乳確保に難渋した雪印乳業が、新たな入手ルートを求め、若狭酪農に鞍替えを打診。

両者話し合いのすえ、農協は市乳事業から撤退。生乳は全て雪印へ供給し、既存販路には同社製品を乗せる新契約が成る。したがって「ラクノ牛乳」は早々に廃止。旧処理工場は雪印の集乳所に転用も、すぐに別の場所へ移転、結局閉鎖された。

◆森永派と雪印派の内紛・組合は分裂へ

一連の決定に際し、組合内部で対立が起こる。森永支持者は脱退のうえ、「福井県森永送乳酪農組合連合会協議会」を形成、雪印派と決別した。田辺さん方はこの際、森永側につき、現状の森永販売店に至るということか。

和解・再合流も試みられたろうが、その後の集散離合は判然としない。昭和50年代には雪印・森永とも敦賀市内の集乳所を閉じている。前者は石川の北陸工場、後者は福井工場へ(各組合側で集約して)直送の体制に変わっていったようだ。

◆大阪保証牛乳の「低温わかさ」

昔日の自家処理・オリジナル製品の立ち上げは、一時的なチャレンジの域を出ず、「ラクノ」銘は短命に終わる。しかし後年に携わった「低温わかさ」(旧・若狭酪農3.4牛乳)は、大阪を中心に近畿エリアの一部にも普及、それなりの成果を挙げた。

「低温わかさ」は昭和59年の発売。大阪府牛乳協会傘下の大阪府牛乳普及協会が、宅配需要の喚起を図った企画商品。若狭酪農が原料乳を供給、大阪保証牛乳が処理を請け負い、協会に加盟する各メーカーの販売店が取り扱った。

平成22年、大阪保証牛乳の終焉とともに?ブランドは消滅。間もなく若狭酪農農協さんも解散。同26年に至っては牛乳普及協会も無くなって、「低温わかさ」に関係する諸団体ことごとく退場。穴を埋めるような後継商品も存在しないようだ。

― 謝辞 ―
「低温わかさ」の発祥・展開につき、SADA様にご教授頂きました。

― 関連情報 ―
若狭酪農農協の紙栓 / 大阪保証・わかさの紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)
若狭酪農農協の紙栓 (牛乳キャップとは) / 大阪保証牛乳の紙栓とビン (ぽんげ乳業)


■田辺牛乳店・田辺直売所
明03> 田辺家が牧場経営・牛乳搾取・販売業を創始?
昭10〜13> 田邊卯之助/福井県敦賀市津内町
昭28頃> 若狭酪農農協の市乳事業に参画、同組合の販売店となる
昭35> 若狭酪農農協は雪印乳業と提携し、独自銘柄による直売を廃止
           以降、田辺直売所は森永(または雪印)製品の請け売りとなる

昭42〜52> 田辺牛乳販売店/福井県敦賀市津内町2
                 同・新和町支店/福井県敦賀市新和町
昭60> 森永牛乳田辺販売店/福井県敦賀市野神45-1-1
平04> (有)田辺牛乳店を設立
電話帳掲載> (有)田辺牛乳店/福井県敦賀市櫛林104-9-1
公式サイト> 未確認

■ワカサ(若狭)酪農農協
設立> 昭和28年、若狭(ワカサ)酪農農業協同組合として
昭31〜34> 若狭酪農組合処理場/福井県敦賀市津内町
昭35> 雪印乳業と提携し、市乳処理事業を廃止、生乳出荷に専念
           組合は森永派と雪印派に分裂、前者は脱退し、任意組合を設ける
昭38> 雪印は組合工場を借り上げ、嶺南地区の集荷センターとするが、
           同年、敦賀市野神に敦賀集乳工場を新設し、賃借工場を廃止

昭40〜42> ワカサ酪農農業協同組合/福井県敦賀市津内町2
                雪印乳業(株)敦賀工場/福井県敦賀市野神23号笠屋1番地
昭52> 同上/福井県敦賀市昭和町2
電話帳掲載> 同上/福井県敦賀市昭和町2-13 ※当時
自家処理撤退・独自銘柄廃止> 昭和35年頃
解散・廃業> 平成22年頃?
公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、[敦賀商工人名録]・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑]・[福井県電話帳 職業別] 各年度版による。電話帳の確認は平成27年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業