十勝牛乳十勝牛乳
中札内農協・食品加工センター(昭和45年頃)
画像上:中札内農協・食品加工センター(昭和45年頃)…タンクローリーから生乳を受け入れ中の様子。[よつ葉乳業20年史]より
十勝牛乳

中札内村農業協同組合/十勝産業(株)
北海道河西郡中札内村字札内西ノ線233
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和43〜45年頃

昭和37年の事業参入から約8年間、中札内(なかさつない)村農協さんが十勝・帯広エリアに商った、往年のローカル銘柄。自主独立を求める挑戦だったが、道内酪農の再編に応じ、北海道協同乳業(現・よつ葉乳業)に合流、掲載の「十勝」銘は消滅した。

◆生産直売・自営工場を望んだ背景

戦後、乳製品市場の拡大にともない、諸問題が噴出。大手の原料買い叩き、集乳圏を巡る対立、雪印も企業化が進み協同の色褪せ、農民の心証は必ずしも良くなかった。

メーカーに生乳を卸すだけでは先がない。生産・加工・販売を自ら手掛け、各戸経営の安定を図り、地域団結の有利な価格交渉を実現すべき…の気運高まる。

当時は全国各地の組合で、同様の発想からミルクプラント運用に乗り出した例が多数ある。しかし商いの道は険しく、特に宣伝・営業面に優れた大企業との競争は熾烈を極め、後世に続く成功を収めた所は少ない。

◆オリジナル銘柄「十勝牛乳」の展開

中札内村農協は昭和37年、各種農産品の販社として十勝産業(株)を設立。農協の食品加工センターで殺菌・瓶詰めを行う独自ブランド「十勝牛乳」の展開に踏み切った。

地域により事情は異なるものの、十勝エリアには既に大手資本が進出、販売網を確立済み。機先を制したタイミングと言い難く、当初は先行きを危ぶむ声が多かった。

そこで組合は後発の不利を覆す、学校給食用委託乳の原価販売を敢行。さらにパン作りに着手、中小業者を買収のうえアイスクリーム・冷菓もやり始め、帯広には営業所を設けた。間もなく地元で雪印と明治を凌ぐ売上達成の快挙を成し遂げる。

◆諸組合の糾合・「よつ葉牛乳」の誕生

やがて北の乳業界は大変革期に突入。大同団結を期して昭和42年、十勝管内の8農協(音更町・士幌町・上士幌町・鹿追町・川西・幕別町・豊頃町・中札内村の各農協)とホクレン、十勝農協連、全酪連の出資で北海道協同乳業(株)の設立に至る。

新会社は市乳部門「十勝牛乳」を擁する中札内村農協さんの参画に配慮し、立ち上げ後しばらくはバター、脱脂粉乳の加工のみを手掛けた。

ところが大量の乳製品を上手く捌けず、在庫が山積み。商売上やむを得ず、昭和44年、製造ラインを新設して「よつ葉3.4牛乳」の市販を開始。したがって「十勝牛乳」の存在は「よつ葉牛乳」と競合、一時は同士討ちの態に陥った。

◆十勝牛乳の終息・よつ葉系列工場への転換

両ブランドとも、創始の目的は農民主体の経営実現で一致している。中札内村農協さんは市況が厳しさを増す環境下、単身運営を貫くメリットは希薄と判断。

よつ葉牛乳の発売前年、あらかじめ原料乳の調達部門を統合し、発売後の45年に「十勝牛乳」に係る全事業を移管。以降、北協乳業・中札内工場となって「よつ葉」ブランドの受託生産に転じ、「十勝」銘の歴史に幕を下ろした。

のち昭和53年、北海道農協乳業(北海道協同乳業から改称)の十勝工場は、飲用乳の処理施設を増強。中札内工場は廃止され、ミルクプラントの役割を終える。

◆「よつ葉」ブランド瓶装出荷の拠点

旗艦工場を十勝(河東郡音更町)に置いた北協乳業は、昭和44年、全国的に出遅れ気味の牛乳販売に臨む。一発逆転を狙う方策で、手間の掛かるビンは排除。当時最新の紙パック(テトラパック)充填ラインに特化した。

だから「よつ葉牛乳」の初動にビン製品はない。逆に傘下入りした中札内村農協・食品加工センターは瓶詰めの機械だけ。紙パック充填機は高価な輸入品で、導入は難しい。

「十勝牛乳」は宅配中心に大勢の顧客を抱え、ブランド変更後も継続供給が必須。瓶装「よつ葉牛乳」は、そんな流れで中札内村農協の工場から生まれた。同閉鎖後の瓶詰めは旭川ヤクルト(株)委託を経て、平成期に終売したようである。

― 謝辞 ―
十勝牛乳の掲載瓶などにつきまして、のら様、fuji様にご協力頂きました。

― 参考情報 ―
新中札内村 農業 (十勝の記憶デジタルアーカイブ)
農民乳業形成のメカニズム (札幌大学学術情報リポジトリ)
広域牛乳流通の成立条件 (農業総合研究29巻4号)
中札内・人づくり、土づくり (カムイミンタラ) / 道東の牛乳 (おかしのかんかん)
「よつ葉」ブランドの紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)


設立> 昭和23年、中札内村農業協同組合として
市乳事業開始> 昭和37年 ※販社として十勝産業(株)を設立
昭40〜42> 中札内村農協 食品加工センター/北海道河西郡中札内村字札内西
昭43〜44> 中札内村農協/北海道河西郡中札内村字札内西ノ線233
昭45> 北海道協同乳業(株)へ市乳事業を統合、同・中札内工場となる
昭46〜47> 北海道協同乳業(株)中札内工場
                 /北海道河西郡中札内村字札内西1線233
昭47> 北海道協同乳業は北海道農協乳業に改称
昭48〜53> 北海道農協乳業(株)中札内工場/同上
工場閉鎖> 昭和54年
独自銘柄廃止> 「十勝牛乳」銘は昭和45年まで、以降「よつ葉」ブランドの製造
電話帳掲載> 中札内村農協/北海道河西郡中札内村東一条南2-14
公式サイト> http://www.ja-nakasatsunai.or.jp/ (JA中札内村)

処理業者名と所在地は、食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成21年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業