ヒカリ牛乳ヒカリ牛乳

(記事下段)

ヒカリ牛乳

光飲料(株)⇒ヒカリ乳業(株)
山口県徳山市旭町3698
大和硝子製・正180ml側面陽刻
昭和30年代後期

乳製品需要の拡大に応じ、昭和30年「ヒカリ牛乳」の製造販売に乗り出した、県東南部のローカル乳業。ルーツは戦前出来のラムネ屋さん(清涼飲料水メーカー)。♪おはよーヒカリ牛乳、こんにちわーヒカリプリン…往年のテレビCMを懐かしむ声も散見される。

◆市乳事業の展開・掲載瓶について

初期は徳山市の光飲料(株)徳山工場にミルクプラントを併設。恐らく原料乳調達の都合で、柳井市に本拠を置く伊陸(いかち)酪農組合さんと提携。昭和30年代中期まで商い銘柄は「ヒカリ」、製造者名義は伊陸酪農という、二人三脚の業態?だった。

ヒカリ牛乳の紙栓 (めんこ博物館)
ヒカリ乳業島田工場の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)

間もなく提携は発展解消。昭和37年、光市にアイスクリーム工場を新設。同39年、そこへ牛乳処理施設を増備した結果、徳山工場は役割を終え、間もなく閉鎖された。

掲載は徳山工場時代の流通と思しき一本。<HS>印のSの含意は不詳。現品未入手ながら200cc移行後は青刷り、森永乳業のホモちゃんに良く似た太陽のマークが登場する。

◆現業・現行ラインナップについて

昭和40年代は自営牧場の開設、紙パック充填機の早期導入など、市乳事業が着々と発展。一帯の学校給食でもお馴染みの顔だった。しかし需要減退や生産コスト増で失速は免れず、平成10年、乳業施設再編合理化で製造を中止。

以降は名糖系の広島協同乳業、平成13年からはやまぐち県酪乳業に処理を委託。現在、ヒカリ乳業さん公式サイト上に牛乳類の商品案内は皆無だが、オリジナルは「ヒカリ3.6牛乳」1リットル紙パックのみ存続、瓶詰めは無くなって久しい。

いっぽうアイスクリームの自社製造は続いており、昭和63年に新規設立の小会社・(株)鹿野屋では冷凍麺・生麺を手掛ける。いずれも業務用がメイン。合理化以前より、既に飲用牛乳は主力部門でなく、かなりの縮小展開となっていたように思われる。


創業> 昭和10年、山本商店・清涼飲料水部として
設立> 昭和22年、光飲料(株)へ改組・改称
市乳事業開始> 昭和30年
※公式サイトの会社沿革によると、昭和30年に徳山市に処理施設を完成、
   その後39年に光市に移転とあるが、業界名簿上の変遷とは一致しない。

昭31〜34> 伊陸酪農組合/山口県徳山市旭町3698
昭36> 光飲料(株)/山口県光市泉町801
昭39〜43> 同上/山口県徳山市旭町3698
昭43> ヒカリ乳業(株)へ改称
昭44> ヒカリ乳業(株)/山口県光市島田2847-1
昭46〜60> 同上/山口県光市島田2840-1
昭61〜平04> 同上/山口県光市島田4-4-40
平10> 乳業施設再編合理化により市乳処理を廃止
電話帳掲載> 同上
自家処理撤退> 平成10年
公式サイト> http://www.kanoya.co.jp/

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業