エンゼルミルク(南農園)エンゼルミルク(南農園)

昭和20年代末、伝統的な山林経営を養鶏・酪農・果樹栽培に転換し、県下の目覚ましい成功例と目された総合農園。

乳製品には「エンゼル」の商標を用い、郡域に広く商ったが、昭和34年、牛乳部門を美保酪農へ移管。50年代中期に廃業した。

晩年の各種事業は低迷も、二代目は地元に山菜料理・みたき園を開いて盛業。平成期に智頭町長となり、地域活性化に努める。

エンゼルミルク

南農園
鳥取県八頭郡智頭町芦津
石塚硝子製・180cc底面陰刻
昭和30年代後期〜40年代初期

◆林業から総合農園への転換

江戸時代に植林を始め、明治以降、県下林業の中心地として栄えた智頭町。しかし戦後は復興需要の一巡、合成建材の登場で、早くも先細りが見えたという。

伝統の山林経営に変革を迫られるなか、蓄財をすべて注ぎ込み、林業を脱して養鶏・酪農・果樹栽培に移行、全国的にも早い段階で農業法人による近代的経営に取り組んだのが、本項の南農園の創始者・寺谷英太郎氏だった。

◆エンゼルマークの牛乳屋さん

寺谷氏は山林・水田を飼料畑に変え、昭和20年代末、乳牛8頭を迎え入れる。附近の農家にも飼育を奨め、必要ならば導入資金の半額を貸し付けた。こうした斡旋を通じ、町に60頭の乳牛が飼われるようになり、酪農の営みが定着する。

間もなく氏は、屋敷の一角に小規模な処理場を設け、「エンゼル」の商標で牛乳の直売をスタート。町内はもちろん、郡東部にも配達区域を伸ばしていった。

かつて周辺の牛乳消費は一日25本程度。鳥取市の業者が汽車で一時間の道のりを運んでくる状態だったが、エンゼル牛乳の発売で飲用者が急増。34年の日量は約800本と伝わる。

◆養鶏会社と果樹園の経営

ただ、寺谷氏の名声は主に養鶏で知られる。業態は種鶏の育成(ひよこ生産)で、折しも需要拡大期にあり、関連事業は昭和29年に(株)山陰種鶏場(鳥取市湖山町)として独立。高い産卵量を誇る優良種を持ち、初生ヒナを西日本一帯へ出荷した。

また、山林開墾では飼料作物のほか、鳥取名産の二十世紀梨を栽培する果樹園を拓き、商産業的な農業経営の支えとなったようだ。

◆エンゼル銘と掲載ビンについて

キューピッドが弓を引く大型王冠栓の一合瓶。商品名から想像するに、加糖の甘い乳飲料「エンゼルミルク」と「フルーツミルク」の共用ビンだろう。同様デザイン・白色刷りの「エンゼルドリンク」版もあった。岡山のアオイミルクと良く似た感じだ。

従ってこれは「牛乳瓶」ではない。前記の通り昭和34年、南農園の牛乳部門は美保酪農農協(鳥取市)が買収。以降廃業まで、エンゼルの名を冠すアイテムは、色物(コーヒー、フルーツ)や乳酸菌飲料など、傍系の乳製品に限られた。

エンゼル採用に至った経緯は不詳。乳業界で天使の図案と言えば、まず森永乳業を想起するところで、それに触発されたマークかも知れない。

◆事業頓挫・ご子息は町長に

後年、南農園/山陰種鶏場は、収支不調に苦しんだ。後者は昭和40年代末に数十億円の負債を抱えて破綻。諸々の事業も立ち行かなくなったと見られる。

危機に際し、急遽東京から呼び戻された英太郎氏のご子息、誠一郎氏は、それでも郷里の山村風景に可能性を感じて、莫大な借金を抱えながら、山菜料理店「みたき園」を開業。するとこれが観光客の大評判を呼ぶ。

平成9年に至っては、智頭町長に就任。ご夫妻で店舗運営を続けるとともに、林業全盛の名残りを留める豪邸・石谷家住宅の一般公開を実現するなど、観光面の強化に尽力。なおご活躍の様子が、多くのメディアに報じられている。

― 関連情報 ―
本物を強みに、真の住民自治を確立する (「アカデミア」平成24年春号)
まちの概要 (鳥取県智頭町) / まち・ひと-第40回 (鈴木輝隆HP) ※IAキャッシュ
文字紋の部から「旭」について (五彩庵文庫)
智頭町みたき園の山菜料理 (わったい菜ブログ)


創業> 昭和20年代後期
昭31> 寺谷英太郎/鳥取県八頭郡智頭町芦津
昭34> 牛乳部門は美保酪農農協に買収される ※他の品目は独自に存続
昭34〜39> 南農園/同上
昭40〜43> 掲載なし
昭44> 同上/鳥取県八頭郡智頭町南方283 ※以下すべて「乳製品工場」としての掲載
昭46〜53> (有)南農園/鳥取県八頭郡智頭町南方1183-1
廃業> 昭和54〜55年頃
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業