尾道牛乳尾道牛乳

(記事下段)

尾道牛乳

尾道牛乳(株)
広島県尾道市栗原町51
製瓶元不明・容量打刻なし
昭和20年代後期〜30年代初期

大正9年、尾道市十四日町に創業。かつては自営牧場を基盤に牛乳・山羊乳の搾取販売を手掛け、また種禽育成・売買も行う畜産会社だった。昭和37年前後に広島県東部酪連(三原市・ニコニコ牛乳)に事業譲渡され、独自ブランドは消滅している。

◆尾道牛乳の設立に至る背景

界隈に初めて牛乳屋さんが現れたのは明治初年。一時は同業者が連帯し法人運営の記録も残る(後述)。さらに全国随一の大規模な家畜市場があって、特に肉用牛に強いエリアだった。尾道牛乳(株)さんは一帯の畜業隆盛を受け、大正期に勃興。

立ち上げは地元財界・諸氏数十名の出資による。これは広島県全体で見ても、企業化された乳業経営の創始という点で、五指に入るパイオニアだ。

昭和8年の資料には、経営陣・取締役として、土堂町に伊藤榮吉商店を構える伊藤榮吉氏(飴・砂糖・麦粉商)、十四日町の共盛商会・桑田要四郎氏(自転車販売)、同町で天満屋を営む野田醇吉氏(薬種売薬)、代表者3名のお名前が挙がる。

◆尾道の牛乳屋さんの歴史

明治6年、土井彌三郎氏が久保町の自宅に和牛一頭を繋ぎ、市域で初めて牛乳稼業に挑んだ。販売量は一日3合の厳しいスタート。しかし粘り強く商売を続けるうち、牛乳への理解が進んで得意先が増え、明治中期には同業者も現れた。

やがて内務省・牛乳営業取締規則の公布で衛生法規が強化されたため、明治33年、市内の業者さん数軒が糾合、栗原村に「尾道ミルク会社」を興す。工場新設、協業体制を確立も、このころ広島市の「中国牧畜会社」が尾道に進出してきた。

土井ミルク商会の広告(大正4年)
画像左:土井ミルク商会の広告(大正4年)…尾道における搾乳業の先駆。乳牛品評会の受賞歴が並ぶ。所在は西三軒家、今の三軒家町か。

ささやかな市乳需要を巡り、両社販売合戦を繰り広げ、尾道ミルク会社は力及ばず、解散・廃業。以降、各々個人経営の態に戻ったらしい。先駆・土井家は昌松氏が事業継承し、「土井ミルク商会」の屋号を掲げ、戦前までは存続したようだ。

◆尾道家畜市場の隆盛と尾道牛乳

尾道の畜産は酪農よりも、戦前〜戦後に日本有数の規模を誇った家畜市場の存在が注目される。明治15年に吉和村で催された畜牛市は、鉄路・海運の発達を受け徐々に拡大、常設市場に進展。大正元年、尾道家畜(株)の設立に至る。

名だたる優良牛馬の集散地、年間の取り扱いは最盛期で7万頭に達し、全国から家畜商・仲買人が訪れた。とりわけ関西の業者さんの出入りが多かったという。

尾道牛乳(株)も当初は種禽売買部門を持ち、また、少なくとも昭和30年代より経営にあたった下田富雄氏は大阪府のご出身。昭和23年発刊の人名録には「家畜業・牛仲買」の肩書で紹介される。会社背景に畜業の裏付けがあったのは確かだ。

◆掲載びん・所在の変遷について

掲載は昭和20年代末〜30年代初期流通と思しき、長身細口・王冠打栓仕様の一本。菊紋あしらいのジュース瓶型で、広口容器の規定前に繁用されたタイプ。漂流乳業には神奈川・守山乳業さんや、東京・小島屋乳業製菓さんの類例がある。

市乳処理工場は昭和初年に栗原町428番地へ移転、30年代に入り今度は51番地に場所替えしたらしい。名簿掲載を辿っていくと、428番地の旧工場は、市内の同業・舟橋牛乳さんが尾道工場として継承した様子をうかがえる。

堂々のご当地ブランドながら、昭和37年前後にニコニコ牛乳の販社に転換、独自銘柄は消滅。日比崎町に40年代までニコニコ支店?の建物があったという。下田氏は支店の要職に就いたか、あるいは牛飼い・酪業を引き続き営まれたか、仔細は不詳。

― 謝辞 ―
尾道牛乳の株主や譲渡/合併などにつき、野田様よりご教授頂きました。

― 参考情報 ―
岡山県畜産史・和牛(肉用牛)の流通 (おかやま畜産ひろば)


設立> 大正9年、尾道牛乳(株)として
大09> 尾道牛乳(株)/広島県尾道市十四日町
昭02〜09> 同上/広島県御調郡栗原町428
昭12> 栗原町は尾道市に編入される
昭31> 尾道牛乳(株)・下田富雄/広島県尾道市栗原町
昭34〜36> 尾道牛乳(株)/広島県尾道市栗原町51
廃業> 昭和37〜38年頃
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、[広島県統計書]・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業