小島屋牛乳小島屋牛乳

(記事下段)

小島屋牛乳

小島屋乳業製菓(株)
東京都新宿区柏木町1-125
製瓶元不明・NET180cc底面陰刻
昭和30年代中期〜後期

創業から60年余、今も東京・新宿に拠点を構える現役の食品メーカーさん。「乳業製菓」の社名通り、アイスクリームを中心とした乳製品・洋菓子製造が主力のため、一般的に牛乳屋さんのイメージは希薄だろうと思う。

かつてはジュース類や乳性飲料も積極展開したが、昭和50年代に各種市販を大幅に縮小。近年は業務用の卸し、OEM供給、高速SAの直営店舗に重点を置く。

◆牛乳・乳製品の取り扱い状況

昭和22年の設立当初は乳類の自家処理をせず、製菓原料は全量を仕入れ調達。27年頃より生乳を直接買い付けて、粉ミルク・練乳・生クリームへの加工を行い自給体制を整える。そして間もなく牛乳・乳飲料の製販も始めたようだ。

白牛乳の現行製品は小島屋3.6牛乳(1リットル紙パック)が健在。生産量は多くないが、ミルクプラントの運用は長く続いていた。しかし平成10年前後?に飲用乳は関東乳業(株)(茨城県龍ケ崎市)への委託となり、自社賄いを終えたらしい。

◆掲載瓶・往年のラインナップについて

掲載は昭和30年代に流通と思しき、ジュースと同様の王冠細口ビン。当時、主に駅売店では、牛乳類もこんな形状の容器で商っていた(⇒関連:守山牛乳)。

古いトレードマークは打ち出の小槌、縁起の良い「寶印」。少なくとも昭和40年代、牛乳と生クリームについては紙栓の広口瓶が存在。その他の品揃えは良く分からない。

1968年頃の小島屋乳業です。販売者住所が懐かしい新宿区柏木。80年代は缶コーヒーもやっていて既報です。国鉄駅構内周辺でした。<後略>(⇒Twitter@tsubame92 2015/8/9)

<前略>納入用のサンプルでなので品名と製造時期が書かれ、小島屋乳業の王冠瓶飲料の製造時期の下限が昭和54年まで降ることがわかる。<後略>(⇒Twitter@kazagasira 2016/7/12)

大手がシェアを独占しつつあった市乳・清涼飲料水を見限り、距離を置いた会社。いわば「東京ローカル」の規模だから、残存品の入手はなかなか難しい。紙パック充填機の導入・瓶詰めの廃止も、比較的早期に実施されていただろう。

― 関連情報 ―
東京の古いビル 西新宿の小島屋乳業製菓遷 (御光堂世界〜Pulinの日記)
小島屋乳業製菓 (Clocks & Clouds)


設立> 昭和22年
昭29〜30> 小島屋乳業製菓(株)・小橋一弘/東京都新宿区柏木町1-125
                     ※嗜好飲料(清涼飲料)・アイスクリーム製造業者としての掲載
                     ※全国乳業年鑑では昭和30〜40年代初期まで小島屋は未掲載

昭42〜44> 同上/東京都新宿区柏木1-125
昭46> 柏木は住居表示実施により西新宿(7〜8丁目)となる
昭46〜平04> 同上/東京都新宿区西新宿7-22-27
電話帳掲載> 同上
公式サイト> http://www.kojimaya.jp/ (小島屋乳業製菓)
                 http://www.takara-e.jp/ (関連会社・宝エステート)

処理業者名と所在地は、日本食糧新聞社 [食糧年鑑]・[全国工場通覧]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成24年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業