岐阜大学(農学部・畜産製造部)岐阜大学(農学部・畜産製造部)

(記事下段)

岐阜大学

岐阜大学農学部 畜産製造部
岐阜県各務原市那加町門前町
石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代後期〜40年代初期

岐阜大学の農学部で作られた、往年の学内銘柄。附属農場の開設は大正12年、大学の前身である農林学校の創立時に遡る。ただし乳牛の本格導入は戦後のことで、市乳処理の実習は昭和37〜38年頃に始まったらしい。

初期の各務原農場時代に約6年間の製造実績があり、その後、昭和40〜50年代に長期中絶?も、附属農場が岐阜市柳戸へ移転した59年頃に復活。大学生協へ卸し販売のほか、文化祭などイベント時に頒布されたようだ。

◆平成期に撤退・今は加工品のみ

経過不詳ながら、農学部は平成16年に応用生物科学部と改称、前後して飲用牛乳の製造ラインを廃止。いっぽう柳戸農場の乳牛飼養・搾乳実習は今なお継続中。アイスクリーム・ヨーグルトほか、乳製品の加工直売は随時行われている。

動物部門 酪農 / 動物部門 畜産製造 (岐阜フィールド科学教育研究センター)
平成22年度 岐大フェア (同上) / 岐阜大学フェア(4) (花鳥風月)

◆商い銘柄・ミルクプラントの場所について

昭和30年代の紙栓は「均質牛乳」(63℃30分殺菌)・所在は那加門前町の標示。同40年代は「岐大農均質牛乳」(72℃15秒)・那加雲雀町とあった。那加門前と那加雲雀は線路を挟んで隣り合う、過去の各務原農場の一帯だ。

殺菌温度の変化は設備更改を示唆する。ミルクプラントが農場内で新設移転したと考えるが、名簿資料上の移動は未確認。雲雀側の跡地は現在、各務原市民公園・学びの森。かつては岐阜大学農場であり、牛馬がいたとの話が散見される。

◆掲載瓶・学校由来の牛乳について

シンプルな校章を真ん中に据えた一本。各務原時代の初代瓶装と見込む。後継の柳戸農場版はどんなデザインだったか…しかしその頃には紙パック採用の可能性が高そうだ。

昔は各地の大学農学部や農業高校が、小規模な実習用ミルクプラントを据え、学内銘柄を商い。ところが中止相次ぎ、現役稼動は極めてまれ。弊サイト掲載の大学モノは北海道大学国際基督教大学明治大学の3校。いずれも既に廃止されている。

― 関連情報 ―
雨上がりのまきば「学びの森」 (「学びの森」の四季と楽しい各務原)


大12> 岐阜高等農林学校として創立 ※実験・実習農場を開設
昭19> 岐阜農林専門学校に改称 ※附属農場として承継

設立> 昭和24年、農林学校を含む県下3校の統合で岐阜大学となる
          ※農学部附属農場として承継、牛乳製造実習は昭和37〜38年頃の開始と見られる
昭39〜40> 岐阜大学/岐阜県稲葉郡那加町門前町
                     ※昭和38年に那加町は周辺3町と合併して各務原市となっている
昭41〜44> 同上/岐阜県各務原市那加町門前町
                     ※昭和46〜59年まで牛乳工場としての名簿掲載なし
                     ※昭和58〜59年にかけて各務原から岐阜市柳戸へ附属農場を移転

昭60〜平13> 岐阜大学農学部/岐阜県岐阜市柳戸1-1
平16> 農学部は応用生物科学部に改称する
電話帳掲載> 岐阜大学応用生物科学部/同上
市乳処理・独自銘柄廃止> 平成16年前後?
公式サイト> http://www.abios.gifu-u.ac.jp/

処理業者名と所在地は、食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成24年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業