四日市場牛乳 (1)四日市場牛乳 (1) 四日市場牛乳 (2)四日市場牛乳 (2)
四日市場牛乳 (1)

四日市場ミルクプラント
宮城県加美郡中新田町四日市場屋敷
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和40年代初期
四日市場牛乳 (2)

四日市場ミルクプラント
宮城県加美郡中新田町四日市場屋敷
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和40年代初期

少なくとも戦前来30〜40年間に渡って商われた、県北西部のローカル銘柄。経緯不詳ながら、工場は昭和44年に加美郡中新田町(四日市場屋敷)から古川市北稲葉に移転(⇒古川乳業)。この際、四日市場牛乳のブランドは廃止されている。

過去資料には「四日市場の古川乳業」という、混乱した?記述も見えた。拠点移動を段階的に進めたとすれば、並行操業の期間は少しあったかも知れない。

一般に「○日市」の地名は、毎月○日に界隈で市場が催されたことに由来する。全国に類似の住所が残っており、有名な三重県四日市市には四日市牛乳が存在した。

◆掲載ビンについて

掲載は昭和40年代初期の流通と思しき、連続した二世代の瓶。四日市場牛乳の廃止・撤退目前の頃合いと思う。いずれも全く飾り気のない、シンプルなデザイン。

(1)番瓶はコーヒー牛乳とフルーツ牛乳を大きく喧伝も、後継(2)番ではごっそり削除。公正競争規約への対応か、あるいは製造中止による取り下げか。何とか残った「姉妹品 ヨーグルト」の、遠慮がちな添え書きの字面が可愛らしい。

後継の古川乳業は平成31年まで健在だったため、キャップコレクター諸氏の捕捉率が高い。いっぽう四日市場時代の紙栓は未見。どんな構えだったか気になるところだ。


創業> 不明
昭09> 遠藤政治/宮城県加美郡鳴瀬村四日市場
昭29> 鳴瀬村は周辺町村と合併し、中新田町となる
昭31> 四日市場牛乳・遠藤まさを/宮城県加美郡中新田町鳴瀬
昭34〜42> 四日市場牛乳(四日市場ミルクプラント)/同上
昭43> 同上/宮城県加美郡中新田町四日市場屋敷
昭44> 工場を古川市に移転、古川乳業(株)となる
工場移転・独自銘柄廃止> 昭和44年
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、牛乳新聞社「大日本牛乳史」・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業