南海牛乳南海牛乳

(記事下段)

南海牛乳

南海乳業(株)
徳島県小松島市立江町大字立江字若松3-1
石塚硝子製・正200cc側面陽刻
200cc移行後〜昭和50年代中期

戦後から昭和の終わり頃まで、県東・市域に商われたローカル銘柄。すでに自工場は閉鎖、他社製品のベンダーさんとして営業中らしく、掲載の「南海牛乳」は現存しない。

かつて同社名の南海乳業(旧・土佐酪農農協、昭和46年にひまわり乳業と合併)が高知県土佐市にあり、同一ブランドを展開も、特に繋がりはなかったようだ。

◆徳島県下の地場乳業について

小松島市と隣接する那賀郡には、中小ミルクプラントが多数操業。ピーク時の昭和40年代初期に10軒を超えた。以降は廃転業が相次ぎ、平成をまたず全社製造より撤退している。

徳島県全体では、塩田牛乳さんの廃業(平成20年頃)、森永乳業徳島工場の廃止(平成23年)、NPO法人いのちのさとミルクハウスさんの処理休止を経て、現役メーカーは日本酪農協同(毎日牛乳)徳島工場を残すのみ。地元の老舗は完全に絶えた。

― 関連情報 ―
南海乳業の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)


設立> 昭和23年
昭31> 南海乳業(株)・船崎秀一/徳島県小松島市立江町大字立江字若松3-1
昭34〜53> 南海乳業(株)/徳島県小松島市立江町大字立江
昭56〜61> 同上/徳島県小松島市立江町北田頭100-1
電話帳掲載> 南海乳業/徳島県小松島市立江町字若松3-1
自家処理撤退・独自銘柄廃止> 昭和62年前後
公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成23年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業