太田牛乳太田牛乳
(株)雪印牛乳高松中央販売所の会社広告(昭和52年)
画像上:(株)雪印牛乳高松中央販売所の会社広告(昭和52年)…販社に転換後のもの。掲載瓶の電話番号を引き継いでいる。
太田牛乳

太田酪農組合⇒(有)太田牛乳
香川県高松市伏石町1033
新東洋硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期

戦後およそ十数年に渡り、市域に商われたローカル銘柄。原点は大正期、旧・香川郡太田村に発足した産業組合(畜産農家/搾乳業者さんらの協業体)と見られる。戦後は酪農組合に組織を改め、のち会社法人を設立も、沿革仔細は明らかでない。

昭和36年に雪印乳業と提携し、同社製品の請け負い工場に転換、「太田」銘は消滅。受託処理は一年ほどで満了、以降は雪印の販社・冷蔵・輸送業を手掛ける。

◆雪印の香川進出と原料事情

クロバー乳業(雪印)は昭和32年、香川郡畜産販売農協の事務所(高松市桜町)を買収、内部改造を施して高松工場とし、アイスクリームの製販に着手した。

雪印の本格的な進出を受け、原料乳を一括供給する県経済連は、経営困難が予期される傘下4農協の市乳処理施設の吸収を希望。しかし譲渡価格を巡って交渉が決裂、経済連は昭和34年、関西酪農協同(毎日牛乳)への売り渡しに踏み切る。

結果、雪印は香川県下の生乳調達に難渋も、卸し先を自由に選べない共販を強いる経済連に反発した多肥および陶農協の支援により、相当量の確保に成功した。

◆太田牛乳へ生産委託の経緯

雪印は地元商圏での軋轢を避けるべく、まずはアイスクリームに限った商いで様子を見ていたらしい。ところが上記経過に応じ方針変更、昭和36年、新工場の建設を決定。

完成までの繋ぎとして(有)太田牛乳と事業提携のうえ雪印牛乳(クロバー牛乳)の生産を委託、ついに飲用乳の市場展開に臨む。翌37年には多肥下町に新・高松工場が操業開始。市乳・アイスクリームの製造をここに集約し、太田の請け負いは廃止された。

太田は自社ブランドの再興を行わず、そのまま雪印系の販社に鞍替え。拠点を栗林町に移し、「雪印牛乳高松中央販売所」「中央牛乳輸送」の名前で今なお健在のようだ。


■太田牛乳畜牛購買組合 <関連不詳・参考>
設立> 大正6年、太田牛乳畜牛購買組合として
大14> 太田牛乳畜牛販売組合/香川県香川郡太田村
昭02〜09> 太田牛乳畜牛購販利組合/香川県香川郡太田村大字福岡上四二戸
昭15> 太田村は高松市に合併する
解散・消滅> 不明ながら戦中〜戦後

■太田酪農組合⇒(有)太田牛乳 <掲載瓶>
設立> 不明ながら昭和20年代中期〜後期
昭31> 太田酪農組合・岡茂之/香川県高松市伏石町1033
昭34〜36> 岡茂之/同上
昭36> (有)太田牛乳は雪印と事業提携し、受託生産を開始
昭37> 雪印は高松新工場(多肥下町)の完成を受け、太田への委託を廃止

独自銘柄廃止> 「太田」銘は昭和36年頃?
工場閉鎖> 昭和37年頃?
電話帳掲載> 「(株)雪印牛乳高松中央販売所」「(有)中央牛乳輸送」
                   /香川県高松市栗林町2-4-1
公式サイト> http://clik.jp/chuoh-gyunyu-yusou/ (参考・中央牛乳輸送)

処理業者名と所在地は、[産業組合現勢調査]・[香川県産業組合情報]・牛乳新聞社「大日本牛乳史」・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成24年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業