栗本牛乳栗本牛乳

(記事下段)

栗本牛乳

上毛食品工業(株)
群馬県高崎市常盤町56
山村硝子製・正200cc側面陽刻
200cc移行後〜昭和50年代

高崎に約140年の歴史を刻む、ご当地銘柄。創業は明治13年、旧武州忍藩士9代目・栗本秀雄氏の発起、栗本牧場として。時代的にたぶん士族授産事業だろう。ちなみに埼玉・森乳業さんも同じく忍藩士の創始、両社とも現役のメーカーだ。

昭和25年に法人化、現社名に改称。かつて「高崎牛乳」も商った。今は製造を担う上毛食品工業(株)と営業部門の栗本牛乳販売(有)、2社体制で経営されている。

◆ビン詰め商品・現行ラインナップについて

ビン詰めは4種が存続。平成期に神奈川の共和酪農協(足柄乳業)委託となり、大半は無地の軽量新瓶に移行。自社工場では紙パック製品各種に加え、特に飲むヨーグルト「醍醐」や「贅酪」といったハイエンド志向のラインナップに注力する。

大塚チルド食品、生乳の甘さを生かした飲むヨーグルト「贅酪Zeiraku」 (TRENDYnet)
飲むヨーグルト「贅酪」が美味しすぎてすごいやばい (イッカイブ)
飲むヨーグルト醍醐 150ml(10本セット) (通販カタログ-スタイルストア)

◆分工場の運営(桐生工場・玉村工場)

昭和62年に常盤町を離れ、本社・工場は矢島町(宿大類工業団地)に移った。移転前の5〜6年間、引っ越しにともなう業務調整?か、桐生市相生町の福真牛乳さん方に間借り(委託)する格好で「桐生工場」を置いた時期もある。

近年は業務提携先・大塚食品の群馬工場(佐波郡、旧・群馬雪印牛乳⇒関連:小林ミルクプラント)に同居の「玉村工場」を据え、製造は品目分担の2拠点が稼働中だ。

― 参考情報 ―
上毛食品工業株式会社 (高崎市の工業団地) / 上毛食品工業の紙栓 (牛乳キャップとは)
同・紙栓 / 同・共和酪農・足柄乳業OEM (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)
栗本牛乳の宅配受箱 (古今東西風俗散歩) / 栗本牛乳 (やまだくんのせかい)


創業> 明治13年、栗本牧場として ※資料によっては同15年とも
大11〜昭03> 栗本牧場・栗本秀雄/群馬県高崎市柳川町
昭09> 同上/群馬県高崎市赤阪町
昭16> 同上/群馬県高崎市常盤町56
昭25> 上毛食品工業(株)へ改組・改称
昭31> 上毛食品(株)・栗本正彦/同上
昭34〜48> 上毛食品(株)/同上
昭50〜61> 上毛食品工業(株)/同上
昭62> 高崎市矢島町(宿大類工業団地)に移転
昭62〜平13> 同上/群馬県高崎市矢島町160
電話帳掲載> 同上
公式サイト> http://www.jyoumou.com/

処理業者名と所在地は、[大日本商工録]・[栃木県・群馬県商工録]・牛乳新聞社「大日本牛乳史」・[全国工場通覧]・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業