塚田牛乳塚田牛乳

(記事下段)

塚田牛乳

(株)塚田牛乳
新潟県新潟市白山浦2-35
石塚硝子製・正180cc側面陽刻
昭和50〜60年代

創業は明治34年、県下有数の老舗にして、地元資本では最大規模を誇るローカル乳業さん。販路は店舗小売・家庭宅配に加え、学校給食納入が約130校に及ぶ。拠点を構える新潟市を中心に、周辺一帯における知名度は抜群だ。

掲載は昭和50〜60年代に流通と思しき、色物(コーヒー・フルーツ)/加工乳向けの一本。たぶん200cc増量前は、白牛乳も包含する(ほぼ全種の)共通ビンだっただろう。

◆新潟市のミルクプラント事情

昭和30年代、旧市域には6メーカーが操業、さらに郊外4社も進出、各シェアを争った激戦区。飲用牛乳は塚田牛乳と明治乳業新潟工場がそれぞれ約35%、市場の7割を押さえる両巨頭であり、僅差のトップ目は塚田さんだった。

残りは雪印乳業新発田工場(閉鎖・H13年)、昭和乳業(市乳撤退・H20年)、新潟酪農牛乳と桃林舎(廃業・S40年代)、早川牛乳店(製造撤退・H10年頃)、周辺郡部の酪農協…が続く。大半は既に無きブランド、塚田さんの確固たる存在が際立つ。

◆草創期から戦後企業化の流れ

「牛が好きで、当時貴重だった牛を飼い始めた」塚田甚太郎氏が、郷里の西頚城郡名立町(現・上越市名立区)で搾乳販売に着手したのが明治34年。大正13年に飛躍を期して消費地である新潟市に移転、鋭意ご商売を伸ばしていく。

株式会社塚田牛乳 (新潟・フランス協会)

戦後の法人化を経て昭和47年、二代目・甚一郎氏の急逝で社長に就任した妻・實津江氏は、もともと地元でカネボウ勤務の傍ら洋裁教室を営み、のちに規模拡大・独立して「塚田服装専門学校」を設立、その経営を手掛ける実業家だった。

◆塚田實津江氏・塚田医学奨学基金

夫の稼業にはノータッチ、全くの畑違い。古参の重役は「素人の手出し無用、なるべく会社に来ないで…」と漏らす始末。それでも責務を果たすべく日々出社、現拠点の新設など要所で手腕を発揮。平成3年に至るまで、塚田牛乳の看板を守った。

この間、生徒数の減少した洋裁学校を閉じ、清算後の残金一億円を新潟大学医学部に寄付。今なお塚田医学奨学基金が若手研究者を援ける。

◆現行ビン製品・学乳専用瓶装について

紙パック充填ラインの設置は昭和43年、県下初の導入で全国的にも早い。前年、新潟地震による工場損壊が生じ、再建と同時に据え付けの好機と見たか。一方で昔ながらの各種ビン詰めが存続、ポリフード(一部シュリンク)+紙栓仕様で残っている。

学校給食用委託乳に専用ビンを使う、今となっては稀有なメーカーさん。従前は大手を中心に運用例が多かったものの、市販品と学乳(中身は同じ)に異なるデザインの瓶容器を用いるところは、現在は特殊と言っても良いほど珍しくなった。

学校給食用ビンを新しくしました (公式サイト) ※IAキャッシュ
2015年5月17日号特集「給食のつくり方」 (朝日新聞GLOBE) ※掲載終了

◆親戚筋の上越市・塚田乳業さん

初代・甚太郎氏の手伝いをしていた弟の塚蔵氏は、大正初期に高田市(現・上越市)に自らの牧場を興して独立。同銘「塚田牛乳」・丸に塚の字の同屋号で商いを始める。

新潟県に塚田牛乳が2社あった!? (塚田牛乳facebook)
塚田乳業 (乳業探訪記) / 塚田乳業の情報 (ごった煮)

経営面に特段の繋がりはなく、各々別法人を成し、それぞれの道を歩んだ。事業規模(生産高)は常に、本家の半分に満たないくらいだったと思われる。平成19年に廃業。上越側の得意先・取引先は、本家の(株)塚田牛乳さんが引き継いだ。

― 参考情報 ―
塚田牛乳の紙栓(1) (2) (3) (4) (5) (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)
塚田牛乳 (乳業探訪記) / 塚田3.6牛乳 200mlパック (牛乳トラベラー)
「塚田牛乳・塚田カルセンド」のキャップ (大器晩成を目指しつつ、手ぬぐい研究)
塚田牛乳の木箱 (牛乳グラス☆コレクション) / 塚田3.6牛乳サブレ (All About)


■新潟市・塚田牛乳 <掲載瓶>
創業> 明治34年、西頚城郡名立町で搾乳販売に着手
大13> 拠点を新潟市白山浦に移転
昭09> 塚田甚太郎/新潟県新潟市白山浦2
昭26> (株)塚田牛乳を設立
昭31〜36> 同上/新潟県新潟市白山浦1
昭39〜44> (株)塚田牛乳/新潟県新潟市白山浦新町通62
昭46〜56> 同上/新潟県新潟市白山浦2-35 ※昭和55年、中蒲原郡に新工場を完成
昭58〜平04> (株)塚田牛乳 工場/新潟県中蒲原郡横越村大字木津字中浦3459
                         ※昭和58〜61年の間は白山浦の旧工場も並存、平成2年に全部移転した
平08> 横越村は町制施行する
平13> 同上/新潟県中蒲原郡横越町木津工業団地2-1
平17> 横越町は新潟市に編入される
電話帳掲載> 同上/新潟県新潟市江南区木津工業団地2-1
公式サイト> https://www.tsukadamilk.com/

■上越市・塚田乳業 <参考>
創業> 大正初期
大11> 塚田牛乳店・塚田塚蔵/新潟県高田市五分一
昭09> 塚田塚蔵/新潟県高田市五分一一丁
昭31> (株)塚田牛乳店・塚田塚蔵/新潟県高田市幸町19
昭34〜36> (株)塚田牛乳店/同上
昭39〜44> 同上/新潟県高田市幸町9
昭46> 高田市は直江津市と合併し、上越市となる
昭46〜56> 同上/新潟県上越市幸町19
昭58〜平04> 同上/新潟県上越市幸町5-5 ※平成元年、塚田乳業(株)に改称
平13> 塚田乳業(株)/同上
電話帳掲載> 同上 ※当時
廃業> 平成19年
公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、[北陸商工業要録]・牛乳新聞社「大日本牛乳史」・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳掲載の確認は平成20年時点。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業