久保江牧場久保江牧場

(記事下段)

久保江牧場

久保江牧場(久保江牛乳店)
山口県豊浦郡豊北町神田2759
東洋ガラス製・正200cc側面陽刻
昭和60年代〜平成5年頃

日本海・響灘を目前に臨む、海辺のミルクプラント。紺碧白砂の海を真っすぐ往く、絶景で評判の角島大橋もほど近い。発祥・沿革は不明ながら、少なくとも60年以上の業歴を持つ老舗牛乳店だった。平成期に廃業され、ブランドは消滅している。

掲載は最晩年に流通の一本。大きな瞳、むっちり坊やの福々しいアイコンは、福岡・日鉄ミルクと瓜二つ。乳業資材代理店か、製瓶メーカーの定形素材だろう。古いキャップに標示の銘は「久保江牧場(牛乳)」、後年は「久保江新鮮牛乳」に変わった。

過去、豊北町には久保江牧場さんのほか、粟野酪農組合、田耕農協、伊井牧場、池田牧場、藤野牧場、篠原牧場さんら7軒が小規模な自営工場を構えた。昭和50年代には久保江・伊井の両牧場を残すのみとなり、その2社も既にない。

― 関連情報 ―
久保江牧場の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)


創業> 不明
昭09> 久保江保治/山口県豊浦郡神田村
昭30> 神田村は周辺7村と合併し、豊北町となる
昭31〜36> 久保江牛乳店・久保江多喜男/山口県豊浦郡豊北町神田附野
昭39〜58> 久保江牧場/山口県豊浦郡豊北町神田2757
昭59〜平04> 同上/山口県豊浦郡豊北町神田2759
廃業> 平成6〜10年頃
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、牛乳新聞社「大日本牛乳史」・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成29年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業