浜田牛乳浜田牛乳

(記事下段)

浜田牛乳

浜田牧場(浜田勝美)
岡山県倉敷市児島下津井町
広島硝子工業製・正180cc側面陽刻
昭和40年代中期〜50年代中期

恐らくは戦後、旧・児島市に創業したローカル乳業さん。機器の老朽化・故障頻発により自家製造を断念し、平成10年代には犬飼牧場牛乳工場(岡山市)さんへ処理・瓶詰めを委託。引き続き「浜田」銘での商いを堅持されていた。

したがって晩年はオリジナルの印刷瓶、紙栓は犬飼牧場のキャップで封緘の運用。販路は古くからの得意先がメイン、生産量は極めて少なかった。

◆犬飼さんの製造撤退・浜田牛乳の消滅

平成22年、犬飼さんは別拠点で営む酪農(乳牛飼養・原料乳出荷)に業務を一本化され、工場を閉鎖。「浜田牛乳」の受託生産も中止となり、ブランドは消滅。

掲載は昭和40〜50年代に流通の一本。“K乳”こと岡山県牛乳処理協同組合のロゴマークを据えている。県下複数の中小ミルクプラントが参画した団体で、往時の寺山牛乳はりの牛乳さんの瓶にも同じマークを確認できる。

― 謝辞 ―
浜田牛乳さんの現況ほか、ジャンボフェニックス様よりご教授・ご協力頂きました。

― 参考情報 ―
浜田牛乳もお別れ / さようなら犬飼牛乳 (ジャンボフェニックス)
浜田牧場の紙栓 / 中元牧乳社の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)
犬飼牛乳 200mlビン (牛乳トラベラー)


創業> 不明ながら戦後?
昭31〜42> 浜田竹一/岡山県児島市下津井吹上574
昭42> 児島市は3市合併により倉敷市となる
昭43〜53> 浜田勝美/岡山県倉敷市児島下津井町
昭56〜平15> 同上/岡山県倉敷市下津井吹上1-5-14
電話帳掲載> 浜田牛乳/同上 ※当時
公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業