長生舎乳業長生舎乳業

(記事下段)

長生舎乳業

長生舎乳業(株)
福島県大沼郡新鶴村大字新屋敷甲1201
石塚硝子製・市乳180cc底面陰刻
昭和30年代初期〜中期

恐らくは大正期から昭和40年代まで、村域に商われたローカル銘柄。クローバーの中に牛の横顔を嵌め込んだトレードマークは、ちょっと独特で面白い構えだ。

昭和45〜46年頃、複数の地場メーカーが合資設立した会津乳業協同組合に参画。間もなく自家処理を止め、製造は組合の新工場に移管。その統一ブランドを扱うベンダーに転じ、なお当地にご商売が続く(現在は酪王牛乳の販社さん)。

◆「長生舎」の元祖・池田長治郎氏

明治末期、伊達郡粟野村(現・伊達市梁川町)の池田長治郎氏が、「長生舎」の屋号を掲げて搾乳販売に着手。これが本項乳業の原点らしい。

長治郎氏は蚕都と称された梁川で、代々養蚕を営む家柄にあり、「池田社」を組織して蚕種改良に尽力。優良種“伊達錦”で大成果を挙げた。

そこから得た利益を、複数の新事業立ち上げに投入。「長生舎」と名付けた牛乳屋さんも、池田社の多角経営の一環だったのだろうと思う。

画像右:池田社の会社広告(大正元年)…「奥州本場/精良無比/春秋蚕種/製造業」とある。[伊達郡誌]より。

池田社の会社広告(大正元年)

◆「長生舎乳業」の派生

大沼郡新鶴村にできた本項の長生舎乳業は、池田家で牛飼いを学んだ人物(新納吉巳氏)が支店開設、運営を任され、のち独立を許されたものか。あるいは長生舎牧夫を招聘・ブランドの利用許可を得た…ということか、由縁は定かでない。

長生舎乳業さんが昭和40年代中期まで自社生産を行い、今も当地に販売店を構えるいっぽう、元祖の長生舎さんは遅くとも昭和30年代初期に「達北ミルクプラント(達北牛乳)」と改称。昭和37年前後には廃業?に至っている。


■長生舎乳業 <掲載瓶>
創業> 不明ながら大正期?
昭31> 長生舎乳業(株)・新納吉巳/福島県大沼郡新鶴村大字新屋敷甲1201
昭34〜44> 長生舎乳業(株)/同上
平17> 新鶴村は周辺町村と合併し、会津美里町となる
電話帳掲載> 長生舎牛乳販売店/福島県大沼郡会津美里町新屋敷字大久根甲1201
独自銘柄廃止> 昭和40年代中期
公式サイト> 未確認

■長生舎⇒達北ミルクプラント <参考>
創業> 明治末期
昭09> 池田長次郎/福島県伊達郡粟野村
昭30> 粟野村は周辺町村と合併し、梁川町となる
昭31> 達北ミルクプラント・池田友二/福島県伊達郡梁川町大字粟野字堀切47
昭36> 達北ミルクプラント/同上
廃業> 昭和37年前後?
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、牛乳新聞社「大日本牛乳史」・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業