森戸牛乳森戸牛乳 安蘇牛乳共同販売組合の広告(大正11年)
画像上:安蘇牛乳共同販売組合の広告(大正11年)…往年に結成された同業者組合。本項の森戸氏ほか3名が載っている。
森戸牛乳

森戸武司(森戸牛乳)
栃木県佐野市相生町20
日本硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜後期

沿革不詳ながら、業歴は少なくとも大正時代まで遡る老舗。市域に40〜50年ほど商われたローカル銘柄。昭和40年前後に自家処理より撤退され、独自ブランドは消滅。以降は森永牛乳の販売店さんとなり、今も当地に営業が続いている。

旧銘・森戸牛乳に関する情報は乏しい。かつての販路は地元商圏に限られ流通量は少なく、早期にベンダー転換されため、キャップコレクター諸氏の捕捉も稀だ。

◆安蘇牛乳共同販売組合について

上掲の古い広告は、[安蘇郡勢概要](大正11年)掲載。安蘇郡佐野町と、その周辺町村(現・佐野市)に営む同業者組合の案内で、本項の森戸睦三郎氏のほか、金子伝次郎氏、浅見亥十郎氏、柏倉喜助氏、計4名の搾乳業者さんが名を連ねる。

この組合は得意先の相互不可侵、販売エリア・小売価格の協定締結が主目的だろう。基本的に生産出荷は各自で賄い、商標もそれぞれ違ったはずだ。しかし戦時に至っては、配給統制を受け「安蘇牛乳」共販の形態を採ったかも知れない。

◆戦後まで残ったミルクプラント

戦後市内の存続は森戸・金子・柏倉氏の3者。既に組合は解消されていたと思うが、昭和40年頃、まるで申し合わせたように一斉に製造を中止している。

前記の通り、森戸氏は森永乳業に鞍替え。金子氏(亀井町)の去就は不明。柏倉牛乳店さん(堀米町)は、雪印牛乳(メグミルク)の販売店に転換した。

県下では昭和30年代末、グリコ那須協同乳業(那須郡)、栃木明治牛乳(宇都宮市)、雪印乳業・栃木工場(下都賀郡)など、大資本の進出が相次ぐ。のち国の新たな酪農政策で、原料乳の調達事情も激変。結果、揃って自家処理を断念の流れか。


■森戸牛乳 <掲載瓶>
創業> 不明
昭09> 森戸睦三郎/栃木県安蘇郡佐野町
昭18> 佐野町は周辺町村と合併して佐野市となる
昭31〜39> 森戸武司/栃木県佐野市相生町20
電話帳掲載> 森永牛乳 佐野森戸販売所/同上
自家処理撤退・独自銘柄廃止> 昭和40年前後
公式サイト> 未確認

■金子牛乳 <参考>
創業> 不明
昭09> 金子信次郎/栃木県安蘇郡界村
昭18> 界村は周辺町村と合併して佐野市となる
昭31> 金子伝衛/栃木県佐野市亀井町2630
昭34〜39> 金子伝哉(金子伝也)/同上
自家処理撤退・独自銘柄廃止> 昭和40年前後
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

■柏倉牛乳 <参考>
創業> 不明
昭09> 柏倉喜助/栃木県安蘇郡堀米町
昭18> 掘米町は周辺町村と合併して佐野市となる
昭31〜39> 柏倉与一/栃木県佐野市堀米町163    
電話帳掲載> (有)佐野宅配センターメグミルク販売店 柏倉牛乳店/同上
自家処理撤退・独自銘柄廃止> 昭和40年前後
公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、牛乳新聞社「大日本牛乳史」・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成19年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業