旭牛乳旭牛乳

(記事下段)

旭牛乳

旭乳業(株)
埼玉県加須市加須505
新東洋硝子製・正180cc側面陽刻
昭和30年代中期〜後期

戦後20〜30年間に渡って商われた、県北東部のローカル銘柄。拠点は今の中央一丁目、加須駅の近く。晩年は市乳処理を止め、乳酸菌飲料・ジュース類に特化も、昭和40年代末に工場を閉鎖。以降しばらく販社営業を経て?完全廃業されている。

二代目・川鍋憲太郎氏は、戦中戦後に加須の町会議員、また業界団体・北埼牛乳組合理事長を務めたほか、昭和23年には町長に当選。地元の名士だった。

◆旭牛乳・事業創始の経緯

創業者の川鍋兼吉氏は北埼玉郡岩瀬村(現・羽生市桑崎)の生まれ。明治後期、農業の傍ら乳牛飼育を始めたが、田舎では需要に乏しく酪農商売が成り立たない。そこで消費人口の多い加須町に移り、徐々にその規模を拡大していった。

時期不詳ながら戦後、「旭軒」の屋号で営む牛乳店の諸権利を譲り受け、顧客基盤を増強。旭乳業(株)を新規設立し、本格的な経営に乗り出している。

昭和9年の乳業者名簿を見ると、加須の近郊・南埼玉郡菖蒲町(現・久喜市菖蒲町)に牧場を置いた様子が窺える。ここが牛飼いのスタート地点なのか、既に加須進出を果たし、生産部門と販売所を分けた結果か、時系列は判然としない。

◆掲載瓶の標示や出自について

「瞬間高速殺菌」はUHT(超高温瞬間殺菌)を示すフレーズか、ちょっと変な二重表現。瞬間なら高速で当たり前だ。瞬間<高温>殺菌とすれば、素直に意味が通じるのだが。右肩あがりの意匠は明治牛乳(2)番瓶の構えと良く似る。

住所や電話番号の標示がなく、全国にありふれた「旭」銘ゆえ、出自が分かりにくい。ビンの入手元は山形県。従って鶴岡市宝町の旭牛乳本店(同じく陽光町・旭牛乳支店)さんの利用と想像し、長らく東北地方に分類していた。

しかし旭牛乳支店の後身である阿部牛乳さんは、現在なおHTLT(75℃15分間・高温保持殺菌)処理。つまり「瞬間高速殺菌」ではない。その他、古い紙栓や景品コップ、企業規模を勘案、本項メーカーと考え直した。たぶんこれで合ってる…と思う。

― 関連情報 ―
旭乳業の紙栓 (牛乳キャップ収集家の活動ブログ)


創業> 明治後期
昭09> 川鍋兼吉/埼玉県南埼玉郡菖蒲町菖蒲 ※現・久喜市菖蒲町
設立> 不明ながら戦後、旭乳業(株)として
昭31> 旭乳業(株)・川鍋憲太郎/埼玉県加須市加須505
昭34〜47> 旭乳業(株)/同上 ※昭和44〜47年は醗酵乳・乳酸菌飲料工場としての掲載
自家処理撤退・独自銘柄廃止> 昭和43〜48年にかけて漸次廃止
廃業> 時期不詳
電話帳掲載・公式サイト> 未確認

処理業者名と所在地は、牛乳新聞社「大日本牛乳史」・全国飲用牛乳協会 [牛乳年鑑1957年版]・食糧タイムス社 [全国乳業年鑑] 各年度版による。電話帳の確認は平成27年時点。掲載情報には各種Webサイトや書籍資料(参考文献一覧)の参照/引用、その他伝聞/推測などが含まれます(利用上のご注意)。



漂流乳業